玄米と食育の店『玄米屋たいぞう』

  TOP たいぞう通信 ブログ おすすめ本 アーカイブ その他

2009年11月アーカイブ

  玄米屋たいぞうの出店 in もみじまつり  

 玄米屋たいぞう、第14回目のソーシャルビジネスは、福井県鯖江市の西山公園で開催された「鯖江もみじ祭り」が舞台となりました。

 

 

 この時期、全国様々な地域で「紅葉まつり」というイベントが行われていますが、「鯖江もみじ祭り」はまだ歴史が浅く、数年前から新しく始めたばかりのひよっこイベントです。

 

 鯖江もみじまつりと饗陽庭園

 しかしながら、この時期の西山公園一帯の「嚮陽渓」の景色は何とも素晴らしく、このイベントは11月の後半の3連休を通して開催することもあり、多くの人たちに楽しんでいただくことのできる名物イベントとして、県内に数あるイベントの中での存在感は、年々パワーアップしているように思います。

 

 

 

 

西山公園の新名所”結びのチャイム”

 今回のイベントでの注目の一つとして、県外学生らのアイデアによる西山公園の恋愛スポット化計画の一つである、「結びのチャイム」なるものが設置されました。

 

 

 これを機に、鯖江の西山公園が多くの若者達に愛される場となることを、私も願ってやみません。

 

 

 鯖江もみじまつりと饗陽庭園

 毎回のことですが、屋外イベントというものは我々商売人にとっても、毎回天気の行方が最も気になるところです。

 

 

 今年の鯖江もみじ祭りの3日間はどうだったかと聞かれますと、残念ながら初日は時折小雨のパラつく曇天の天気でありました。

 鯖江もみじまつり in 西山公園

 週間天気予報を見たところ、”3日間すべて雨降りの模様”と予報されていたため、せっかくの大イベントも客足が遠のくだろうと諦めていましたが、そこは「何とかと秋の空」という格言があります。

 

 

 誰の日ごろの行いが良かったのか、2日目、3日目は共に時折晴天に恵まれた好天気と相なりました。

 

 晴天の空 ~鯖江もみじまつり~

 おかげで今回のイベントも多くの人たちで賑わい、たくさんの人達の笑顔と家族連れの微笑ましい姿、子供達のはしゃぐ姿に溢れた良き日となったことを本当に嬉しく思います。

 

 

 

 

 鯖江もみじまつりにて・・そんな楽しい三日間でありましたが、このイベントにおいても我が玄米屋たいぞうはソーシャルビジネスを展開し、イベントにおける利益の10%を様々な基金に寄付することで、お客様に頂戴した一部のお金が、他の方々の幸せのために役立つ様願っております。

 

 

今回の寄付先は「福井しあわせ基金」という、福井で活躍される各NPO団体に援助する目的で設置された基金機関に決定しました。

 

 

 

 以下、玄米屋たいぞうの当日の販売品目と売り上げ結果の詳細を発表します。

 

 

 ※ 11月21日(土)の「鯖江もみじまつり」での販売品目と売り上げ詳細の結果報告

 

 黒米おはぎ(6コ入り500円)                   11パック     5,500円

 黒米おはぎ(バラ売り1個90円)                 33個       2,970円

 かな子の玄米ごぱん( 1斤 特売価格600円)     8本       4,800円

 かな子の玄米ごぱん( ハーフ 特売価格300円)  14個       4,200円

 玄米ごぱんのヘルシーサンド              1人前       300円

 ハタハタの揚げ浸し(1袋500円)            1袋         500円

 発芽玄米酵素ごはん(1パック250円)         3パック      750円                 

 発芽玄米薬膳カレー(1人前600円)          4食        2,400円

 その他自然食品など                             11,310円

 

                                  合計      32,730円

   各経費の詳細

 原材料費(包装資材含む)(それぞれをみなしで計算)        16,100円

 人件費(かな子)                                6,500円

 出店料                                      2,000円

 その他経費(約10%)                             3,200円

                                  合計      27,800円

 

                         売り上げ  -  経費  = 4,930円

              

                11月21日(土)の玄米屋たいぞうの利益   4,930円

 

 

 

 ※ 11月22日(日)の「鯖江もみじまつり」での販売品目と売り上げ詳細の結果報告

 

 黒米おはぎ(6コ入り500円)                   10パック      5,000円

 黒米おはぎ(バラ売り1個90円)                 52個        4,680円

 かな子の玄米ごぱん( 1斤 特売価格600円)    12本        7,200円

 かな子の玄米ごぱん( ハーフ 特売価格300円) 32個         9,600円

 玄米ごぱんのヘルシーサンド             6人前        1,800円

 越前 海の幸の揚げ浸し(1袋500円)        4袋          2,000円

 越前 こだわり鯖の味噌煮(1袋500円)       3袋          1,500円

 玄米屋の薬膳カレーレトルト(1袋300円)      8袋          2,400円

 発芽玄米酵素ごはん(1パック250円)        25パック       6,250円                 

 発芽玄米薬膳カレー(1人前600円)         25食         15,000円

 その他自然食品など                               5,350円

 

                                    合計     60,780円

    各経費の詳細

 原材料費(包装資材含む)(それぞれをみなしで計算)          27,965円

 人件費(かな子)                                  6,500円

 出店料                                        2,000円

 その他経費(約10%)                               6,000円 

                                    合計      42,465円

 

                           売り上げ  -  経費  = 18,315円

 

                 11月22日(土)の玄米屋たいぞうの利益   18,315円

 

 

 ※ 11月23日(月)の「鯖江もみじまつり」での販売品目と売り上げ詳細の結果報告

 

 黒米おはぎ(6コ入り500円)                  12パック      6,000円

 黒米おはぎ(バラ売り1個90円)                60個        5,400円

 かな子の玄米ごぱん( 1斤 特売価格600円)   12本        7,200円

 かな子の玄米ごぱん( ハーフ 特売価格300円) 36個       10,800円

 越前 こだわり鯖の味噌煮(1袋500円)       3袋        1,500円

 発芽玄米酵素ごはん(1パック250円)        14パック     3,500円                 

 発芽玄米薬膳カレー(一人前600円)         18食      10,800円

 玄米屋の薬膳カレーレトルト(1袋300円)       8袋       2,400円

 その他自然食品など                            16,400円

 

                                 合計      64,000円

   各経費の詳細

 原材料費(包装資材含む)(それぞれをみなしで計算)        29,720円

 人件費(かな子)                                6,500円

 出店料                                      2,000円

 その他経費(約10%)                             6,400円

                                  合計      44,620円

 

                        売り上げ  -  経費  =  19,380円

 

               11月23日(月)の玄米屋たいぞうの利益   19,380円

 

              21,22,23日の3日間の利益の合計    42,625円

 

 

仮の領収書ですけど・・・ 

 この利益の10%の4,260円にポケットマネーを加えた5,000円を、福井しあわせ基金に寄付いたしました。

 

 

 

 鯖江もみじまつり写真集

 

 

 毎回のソーシャルビジネスにおいては鯖江市の男女参画課”まちづくり基金”に寄付している玄米屋たいぞうですが、今回はあえて鯖江だけではなく、県内色々な地域に貢献できる寄付先を選びました。

 

 

 他の地域にも奉仕することで、廻り廻って鯖江にしあわせの繋がりが生まれることを祈っています。

 

 

 

 

 

 

かな子の玄米ごぱんのサムネール画像 ところで、前回のソーシャルビジネス”誠市&ご縁市”でも好評を得た新商品「かな子の玄米ごぱん」ですが、今回のイベントでも大変好評で、黒米おはぎと共に昼過ぎには売切れてしまうほど、非常に好調な売れ行きでありました。

 

 

 前日に購入されたお客様が次の日にも買いに来てくださるなど、大変嬉しい限りです。

 

 

鯖江もみじまつり写真集

 

 玄米屋たいぞうの新商品「かな子の玄米ごぱん」はサンドイッチにするなど色々な形で楽しめますので、これからも多くのイベントで様々な食のアイデアを提供していきたいと思います。

 (ちなみに今回は「アボカドと豆腐とトマトのヘルシーサンド」を提供しました) 

 

 

 

 今回も市役所や商工会議所、青年団、ボランティアの方々など多くの人達の尽力のおかげで、玄米屋たいぞうは良い商いをさせていただきました。

 

 

 本当に多くの人達のおかげで楽しい商売をさせていただいていることに、心から感謝したいと思います。

 

 また、今回も休み返上で頑張ってくれたスタッフかな子にも何より心から感謝します。かな子と鯖江もみじまつり

 

 

 今回も多くのお客さまにたいぞうの商品をお買い上げいただけましたことを本当に有り難く思います。

 

 

 

皆様どうもありがとうございました!感謝☆

 

 

 

第13回目 鯖江本町イベント「誠市」&「ご縁市」 にもどる

第15回目 鯖江本町イベント「誠市」&「ご縁市」 につづく

 

 

前のページに戻る

 

 

玄米屋たいぞう便り11月号

 

 

 前回の玄米屋便りでは、食のあり方について「のびのびと楽しく食べる事」「厳しく律して食べる事」の両方を尊ぶことの重要性を述べました。

 


また、厳しく律して食べるためには「食に対する感謝のこころ」を育む事が重要であることも述べましたが、今回は「厳しく律して食べる事」について、もう少し掘り下げて考えていきたいと思います。

 

 

 

 私達は教育において「厳しく律する」というと、どうしても「怒る」「叱る」などといった行動を連想しがちですが、玄米屋たいぞうでは食育において、そのような行動はけっして推奨していません。

 


厳しく律して食べることを教える際に、「怒る」「叱る」という行為は、あまり意味を成さないのではないかと考えています。

 


幼少期における躾(しつけ)として、「怒る」「叱る」といったことは必要なことではないか?という意見も、中にはあることでしょう。

 


しかし、その躾は、人にとって明らかな毒であるものを口にしようとした時には、意味のある行為と言えますが、通常の食事においては、それらは決して必要な行為ではない、と玄米屋たいぞうは考えています。

 


たいぞうが掲げる「厳しく律する」ということは、「快楽のままに食べることを律すること」という事に他なりません。

 


快楽を「怒る」「叱る」などという行為で制限することは、本人にとっては「我慢」という押さえ込みをしているだけなのですが、しかしやはり我慢には限界があるものです。

 


また、我慢により心因的なストレスが発生することもあるでしょう。

 

 

 では、私達はどういった行為で「厳しく律して食べること」を教えれば良いのでしょうか?

 

 

 それは前回にも述べたように、根源的な教育法として「食に対する感謝の心」を教え、育む事が大事だと考えていますが、より具体的な手段として、私達大人たちが「厳しく律して食べること」を「楽しむこと」が重要であり、そのように楽しんでいる姿を若者に見せ続けることこそが有効な手段だと、たいぞうは考えています。

 

 

 快楽のままに食べることは、食事を楽しむ行為の一つであり、けっして「悪いことである」などというつもりはありません。

 


しかし、それだけではなく、快楽を律して食べることを楽しむことが出来るということを、つまりは「苦」をも楽しむことができるというその姿を、若者に対して私達大人がきちんと見せることが同時に大事なことだと思うのです。

 

 

 大人は快楽のままに食べることばかりでなく、律して食べることを「楽しむ知恵」を持っているからこそ、「大人」であるといえるのではないでしょうか。

 

 

 私達の祖先の方々は、皆そういう知恵を持っていました。

 


ただ快楽にまかせ食べるようなことは社会の中で戒められ、人にとって美味しくは感じられないような食料であっても、人が生きるために素晴らしい栄養を含んでいるものを見極め、そしてそれらを「楽しむための知恵」を子々孫々へ繋いできたのです。

 

 

 そういった知恵を、祖先たちの想いを、今を生きる私達はしっかりと受け取り、次世代に繋いでいくことが本当の感謝の表れだと、私は考えています。

 

 

 いかがでしょう?今こそ私達は快楽を楽しむばかりでなく、快楽ではない「苦」を楽しむ術を子供達に伝えていこうではありませんか!

 


それこそが未来の幸せを育む事につながり、今の幸せを未来に繋ぐことになると私は確信しています。

 

 

 第6号 「のびのびと厳しく」 に戻る 

 第8号 「たいぞうの過去のお話」に進む

 

前のページに戻る

 

11月のご縁市の様子  

 たいぞうの第13回目のソ-シャルビジネスは、毎月第2日曜開催の「誠市」「ご縁市」が舞台となりました。

 

 この日は爽やかな秋晴れの空が広がる一日となり、両イベント会場とも多くの人達に足をお運びいただけたようです。

 

 

 

 この鯖江本町イベントは1月と2月を除いた毎月第2日曜日に開催されていますが、これまで殆ど晴れの好天に恵まれており、天の恵みにはただただ感謝するばかりです。

 

 

11月の誠市の様子

 毎回80店~100店の参加がある北陸で2番目に大きな骨董市「誠市」も、ずいぶんと知名度を上げてきたようで、今回も早朝から多くの人達で賑わっていました。

 

 

 「ご縁市」は今回も歩行者天国にしての開催で、福井にゆかりのあるシンガー達のライブなども行われるなど、活気のある内容でありました。

 

 

 ご縁市でのライブの様子

 そんな大賑わいの一日でありましたが、

 

 

 以下に玄米屋たいぞうの当日の販売品目と売り上げ結果の詳細を発表します。

 

 

 

※ 11月8日(日)の「誠市」、「ご縁市」での販売品目と売り上げ詳細の結果報告

 

 黒米おはぎ(6コ入り500円)        60パック     30,000円

 黒米おはぎ(バラ売り1個90円)      78個        7,020円

 発芽玄米酵素ごはん(1パック250円) 11パック       2,750円

 発芽玄米ころっけ(1個40円)       480個       19,200円

 玄米屋の薬膳カレー(1食600円)      7食        4,200円

 かな子の玄米ごぱん(1/2斤300円)   19個        5,700円 

 自然食品等の店頭売り分                    4,270円

 

                           合計       73,140円

 

 

 各経費の詳細

 

 原材料費(包装資材含む)(それぞれをみなしで計算)   32,135円

 人件費(かな子、ピンチヒッター岡本Kun)           11,500円

 出店料(誠市)                            1,000円

 その他経費(約10%)                        7,300円

                          合計         51,935円

 

                      売り上げ - 経費 = 21,205円

 

 

 11月8日の「誠市」、「ご縁市」における玄米屋たいぞうの利益  21,205円

 

 市役所の領収書

 

 

 

 

 この利益の10%にポケットマネーを足した3,000円鯖江市男女参画課まちづくり基金に児童福祉名目で寄付いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 今回は玄米屋たいぞうの新商品「かな子の玄米ごぱん」を限定10斤のみ販売してみましたが、やはりパンは人気があるようで、売れ行きに中々の手ごたえを感じました。

 

 かな子の玄米ごぱん

 お買い上げいただいたお客さまにも好評を頂きましたので、次回のイベントでは提供方法などに工夫を凝らし、大々的に販売したいと思います。

 

 

 

 

 ソーシャルビジネスとは、資本主義社会において持続可能な社会的支援活動を行うことができるビジネスモデルであります。11月の誠市の様子

 

 

 誰もが納税という形で社会貢献しており、普通に働くことで充分に社会的な支援活動を行っていますが、一般的な納税においては、自分の意思ではその貢献先を選べないところにジレンマが生じます。

 

 

 しかし、各事業者が自分達なりに貢献先を指定することで、それに共感していただけるお客様や人との心のつながりを、資本を通じて得ることが出来る、そんな可能性を秘めたソーシャルビジネスに、玄米屋たいぞうは期待を寄せています。

 11月の誠市の様子

 

 

 ただ、どのような社会活動であっても、社会的に評価されることが継続可能となる条件であります。

 

 

 現在、全国的にソーシャルビジネスを志す人達が増えているようです。

 

 

ご縁市のメイド嬢たち

 そのような芽を摘んでしまう事にならない様、社会的にそういった活動を評価できるシステムを構築する必要があると私は考えています。

 

 

 多くの人達が新しい価値観を持って様々なチャレンジをしている真っ最中でありますが、今こそ単一な価値観のみを評価するのではなく、様々な価値観を「評価」できる社会を創り上げるときなのではないかと私は思うのです。

 11月の誠市

 

 

 資本主義を超えた社会を、皆で創り上げることが私の夢の一つです。   

 

  

 

 

11月の誠市の様子

 

 

 

 

 

第12回目 鯖江本町イベント「誠市」&「ご縁市」 へもどる

第14回目 鯖江もみじまつり IN 西山公園 へつづく

 

 

  

前のページに戻る

 

小林正観氏 著書 「100%幸せな1%の人々」

 

 以前も”たいぞうの想い14”で、「悩み」について書いたことがありましたが、今の私は当時とはまた違った「悩み」を認識しています。

 

 それはこの本との出会いがきっかけでした。

 

 小林正観氏の著書「100%幸せな1%の人々」です。

 

 

 本屋さんを何気なくウロウロしている時に、何故か目に止まったこの一冊の本が、私にとって素晴らしい気付きを与えてくれることになりました。

 

 

 これまでの私の想いが、じつは我欲に囚われていて、自分で気付くこともなく、ただその我欲を膨らませていただけだったということを、この本を通じて学ぶことが出来たのです。

 

 

 この本の中で小林氏は、

 

「こうでなければならない」という思いや、「あれもほしい」、「これもほしい」という執着を持つから、思い通りにならないことで「苦しみ」「悲しみ」を生み出すことになる。』

 

『現状を受け入れず否定するから、つらい悲しい感情が生まれるのであって、「今」を否定するのではなく「今」に感謝することで、いつでも「幸せ」を認識できる

 

『 自分の思い通りにならないことを、そしてそれを認めたくないという「否定の思い」こそが、自分自身の不幸を招くこととなるのだから、そういった「思い」「我欲」を持たないことが大事であり、今まで当たり前のように感じていたことに感謝し、ありのままの「今」を受け入れることが出来ればラクに生きることができる』

 

 そういった内容のことを諭しています。

 

 

 私はこの本を読んでいる最中、正直何とも恥ずかしい気持ちになりました。

 

 

 私は玄米という食品を、様々な手段をもって多くの人達の身近な存在とすることが、「今」だけでなく「未来」においても多くの人に喜ばれることになるのではないか、と考えています。

 

 それは今でも確信していることではありますが、ただ未来を見つめ過ぎるあまりに、「今」を否定する気持ちが自分の中にあったことは否めません。

 

 

 玄米という食材は、どうしても万人が美味しいと感じることができる食材であるとは言い難いため、”旨い””美味しい”といった食を求める人には敬遠される傾向があります。

 

 そうした中で、テレビのグルメ番組などでも盛んに煽られているような、ただ欲望を満たすだけのような「食」や、それらを提供している人達について、忌々しく思っていた「私」がいたことは間違いありませんでした。

 

 「今」にたしかに存在する、”旨い”、”美味しい”ばかりの「食」や「人」を否定する自分がいたのです。

 

 

 「今」を幸せに生きている人達の「食」を否定して、自分の提案する「食」を認めさせようとしている自分の愚かさに気付いたとき、まさしく「穴があったら入りたい」気持ちになりました。

 

 

 もちろん、以前からこのホームページに書いているように、私は他人に玄米を食べなければいけないとか、何々を食べてはいけないなどといったことを言うつもりは毛頭ありません。

 

 玄米という食品を食べることを多くの人達が選択することで、自分達にとっても、そして未来の人達にとっても、より良い結果を導く可能性があることを、ただ提案しているだけのつもりでありました。

 

 

 しかしながら、やはり自分の中に「今」の食の現状を批判、否定している心があったことは間違いない事実だったのです。

 

 この本との出会いは、きっとそんな驕りをもつ「私」に気付かせてくれるためにあったのでしょう。

 

 

 

 小林氏は「思い」を持たず、ただひたすら「今」に感謝して生きることが、常に幸せであるために重要であると言っています。

 

 たしかに、一人ひとりの「私」が幸せを感じるためには、「今」に感謝し、「今」を幸せと思えることが、何よりも幸せの本質であるといえるでしょう。

 

 

 しかし、わかってはいても、どうしても思いを手放すことができない「私」がいます。

 

 

 「私」は一人ひとりの「私」の幸せではなく、社会全体、つまり「私達」の幸せを要求しているのです。

 

 「私」というちっぽけな存在が「私達」という大きな存在の幸せを考えること自体、不遜なことではありますが、それでも「私達の幸せ」に貢献したいという「自我」がまぎれもなく存在しているのです。

 

 

 この「自我」を、「欲望」を手放すことができない「私」は、これからも多くの苦しみや悩みを味わうことになるかもしれません。

 

 これからも、ただ「自我」を膨らませていることに気付かず、他人を知らず知らずに傷つけ、回りまわって自分にその痛みが帰ってくるようなことが無いとも限りません。

 

 

 それは私にとって「悩み」ではあります。

 

 しかし、それでも私には「迷い」はありません。

 

 

 与えられた今の仕事に感謝し、そして今ある自分の思い、「自我」が存在していることにも感謝することで、「私」のこの欲望をコントロールしていきたいと思います。

 

そして「私達」の喜びに貢献することができるよう、これからも様々に訪れるであろう「私の悩み」と共に頑張っていきたいと思います。 

 

 

玄米屋たいぞうの想い55 ” 食育が伝える祝福の心 ” につづく

玄米屋たいぞうの想い53 ” C型肝炎が教えてくれたこと ” に戻る

 

 

 

 

前のページに戻る

 

 

TOP
サムライの魂
サムライの夢
ご案内
お問い合わせ


【フードコーディネーター講座】

たのまなの無料資料請求についてのご案内と講座レビュー






乾燥肌、敏感肌、トラブル肌に
【アクアゲルマジェル】




Pierrot 【ピエロ】

e1311-022106_1.jpg




【ダイエット遺伝子検査キット】

DNAダイエット分析のご案内


   






【開運グッズ・楽喜SHOP】

大人気!簡単開運グッズ集

【ラッキーアイテム体験日記】




【サジージュース】
購入した体験感想レビュー




 【ルイボスティーランキング】

ルイボスティーランキングサイト


ノバテック体験ブログ

ティーライフ体験ブログ

アールティー体験ブログ



【安心お試し野菜】

購入した感想と作った料理


  


【Oisixお試しセット】

購入した感想と作った料理


  


【無農薬野菜のミレー】

購入した感想と作った料理


   


【ビオ・マルシェ】

お試し野菜の購入体験ブログ


ビオマルシェのお試し野菜セット


【宅配野菜比較レビュー】

宅配野菜比較レビュー



【ピカイチ野菜くん】 

  


【お得な格安航空券比較サイト】




【漫画高価買取店ランキング】

漫画高価買取店ランキング



【携帯買取ショップ比較サイト】

携帯買取ショップ比較サイト



【オーディオ買取店ランキング】

【オーディオ高価買取おすすめ店ランキングサイト】~全国の中古オーディオ買取店の中から高額買取で評判の良いオーディオ買取人気店おすすめBEST8を紹介する情報サイトです~



【宅配買取おすすめランキング】

宅配買取おすすめランキングサイト



【着物買取店ランキング】

着物買取店ランキングサイト



【着物買取おすすめ店特集】

全国の着物買取店の中から高額買取で評判の良い人気買取おすすめ店BEST8を紹介する情報サイトです



【フィギュア買取おすすめ店特集】

全国のフィギュア買取店の中から評判の良い買取店おすすめBEST8を紹介する情報サイトです



【ブランド買取おすすめBEST8】

ブランド品の高価買取おすすめ店BEST8



【ブランド買取人気店33社比較】

全国のブランド品買取人気店33社の中から、高額買取が期待できるおすすめの買取店を、買取対象商品ジャンルごとにランキング形式でご紹介しています



【時計買取人気店ランキング】

全国の時計買取店の中から高額買取で評判の良いおすすめ宅配買取店BEST8を紹介する情報サイトです



【バイク買取人気店ランキング】

全国のバイク買取店の中から高額買取で評判の良いおすすめ買取店BEST8を紹介する情報サイトです



【バイク一括査定おすすめ特集】

様々なバイク一括査定サービスサイトの中から利用しやすく評判の良い一括査定サービス会社BEST8を紹介するおすすめ情報サイトです




 【楽天ショップおすすめ】

【いい快互服ドットコム】


興和堂さんの体臭、加齢臭、ワキガ臭、子どもの汗のニオイまでニオイの悩みを解決する方法



【アフィリエイトチャレンジ】

アフィリエイトチャレンジの案内





Yahoo!ブックマークに登録


count