玄米と食育の店『玄米屋たいぞう』

  TOP たいぞう通信 ブログ おすすめ本 アーカイブ その他

2009年12月アーカイブ

 

薪ストーブに集まる人達の様子

  玄米屋たいぞうの第15回目のソーシャルビジネスは、2009年度の締めを括るに相応しいイベント、鯖江本町名物の「誠市」「ご縁市」が舞台となりました。

 

 誠市、ご縁市は3月から12月の毎月第2日曜日に開催されており、2009年度は12月の開催をもって最後となります。

 

 玄米屋たいぞうが参加する2009年のイベントとして、この「誠市」と「ご縁市」が締めのイベントとなったことは私にとっても嬉しい限りです。誠市での玄米屋たいぞう出店の様子

 

 

 この時期、日本海側の冬の天気は非常に不安定であり、晴れの日は割と少ないほうなのですが、このイベントの日は誰の日頃の行いが良かったのか、12月としては申し分ない天気に恵まれました。

 

 朝方こそ寒さのせいか、人影はあまりなかったものの、日が高く昇る頃にはいつものように多くの人達にご来場いただけご縁市の様子たようです。

 

 そんな気持ちの良い冬の一日を、大いに満喫できた素晴らしいイベントとなりましたが、玄米屋たいぞうの当日の販売品目と売り上げ結果の詳細を以下に発表いたします。

 

 

 

 

※ 12月13日(日)の「誠市」、「ご縁市」での販売品目と売り上げ詳細の結果報告

 

 黒米おはぎ(6コ入り500円)        33パック     16,500円

 黒米おはぎ(バラ売り1個90円)      71個        6,390円

 発芽玄米酵素ごはん(1パック250円) 12パック       3,000円

 発芽玄米ころっけ(1個40円)       232個       9,280円

 玄米屋の薬膳カレー(1食600円)     13食        7,800円

 かな子の玄米ごぱん(1/2斤300円)    10個       3,000円 

 かな子の玄米ごぱん(1斤600円)      4個        2,400円

 

 

                           合計        48,370円

 

 

 各経費の詳細

 

 原材料費(包装資材含む)(それぞれをみなしで計算)    20,067円

 人件費(かな子分)                          6,500円

 出店料(誠市)                            1,000円

 その他経費(約10%)                        4,800円

                          合計         32,367円

 

                      売り上げ - 経費 = 16,003円

 

 12月13日の「誠市」、「ご縁市」における玄米屋たいぞうの利益  16,003円

 

 12月イベント誠市&ご縁市での寄付金の領収書

 この利益の10%にポケットマネーを足した2,500円を、鯖江市男女参画課「まちづくり基金」に、児童福祉の名目にて寄付いたしました。

 

 

 

 

 思えばこの春、鯖江本町に移転し新装開店を果たした玄米屋たいぞうですが、その新オープンの日こそが2009年の最初の「誠市」「ご縁市」が開催された日でありました。

 

 

2009年の春に開催された「誠市」「ご縁市」にあわせて新オープンし、以来毎月のイベントには欠かさず参加してきただけに、「誠市」と「ご縁市」には大きな愛着を感じてやみません。

 

 

 12月のご縁市にて

移転してから、まだ一年足らずしか経っていないにも関わらず、イベントを通じて本当に多くの想い出をつくることができました。

 

 

この町に来たことを私は今、本当に良かったと思っています。

 

 

また来年もこのイベントと共に、そしてかな子やたくさんの町の人たちと共に、たくさんの良き想い出をつくっていきたいものです。

 

怪しいサンタカップル

 鯖江の伝統産業 漆器の職人さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第14回目 鯖江もみじまつり IN 西山公園 にもどる

第16回目 2010年最初の誠市&ご縁市 につづく

 

 

前のページに戻る

 

 

 

A.     これは非常に複雑な問題であり、本当は簡単には説明できないのですが、当方が扱う玄米に限っては「玄米食用に調整する際に、白米に精米する工程よりも多くの手間隙をかけているから」ということがその答えとなります。


販売する玄米に籾殻や異物が一切残らないようにするには検査機械に何度も通したり、人の肉眼での検査も行います。

 


また、より美味しい玄米をお届けするために、マイナスイオン発生装置を設備した倉庫での保管をするなど、それなりにコストをかけていることも一つの要因です。



ちなみに一般的な流通において、玄米が白米よりも高価な理由は、市場原理による結果といえます。


玄米食用の玄米の需要は白米に比べて非常に少なく、通常の慣行栽培の米と同じように安売りしたところで、多く売れるわけではありませんので農家さんにとっても何のメリットもありません。

 


また、玄米よりも白米にして販売した方が多く売れるため、白米に加工して販売する業者がほとんどとなります。


すると今度は競争過多の状況になるわけですが、政府による価格維持がなされている以上、白米としての味の質が良い米が最も人気が高くなり、引き合いが強くなります。


しかし、玄米食用の玄米はあくまで玄米の状態で食べてこそ美味しいのであって、白米に加工してしまうとあまり味の違いを打ち出せないため、せっかく手間をかけて栽培した意味がなくなってしまいます。

 


そうなることがあらかじめ予測されるため、値段を下げずに少ない需要に対して高値で販売するわけです。


そうしないとやっていけないからです。

 


ただ、そういった状況を悪用して通常の慣行栽培の玄米を高値で販売する業者が数多くいるため、未だに玄米は不味いとか安全性の問題が色々と言われているのではないかと私は認識しています。

 


その他にも「少しでも高値で売りたい」という思惑ももちろんありますが、玄米が白米よりも高価であることは「人にとってだけではなく、環境などを含めた安心安全を追求した結果である」ということを、本当はもっと声を上げて言いたいと思っているのが私の正直なところであります。

 

 

玄米に関するQ&A総合ページに戻る

 

 

玄米屋たいぞうの無農薬玄米はコチラから

 

玄米屋たいぞうの減農薬玄米はコチラから

 

 

 

--------------------------------------PR----------------------------------------

 

 

 

 

 

 

A.   結論から言えば、たとえ慣行栽培で栽培された玄米であっても

(JAが推奨している3~5回程度の除草剤や殺虫剤などといった農薬を使用した農法)

農薬による健康被害の心配は全くといってよいほど無く、まず「安全」だといえるでしょう。

 


国の管理(残留農薬検査)は白米ではなく玄米の状態で検査されており

国のあらゆる農作物の中でも非常に厳しい基準を設けられております。


国民の主食であるため、それほど高い安全管理がされているわけですが

であるにも関わらず、インターネットや一部書籍では不安を煽るような情報が

未だに垂れ流されているのが現状です。

 


もし、玄米の農薬を危険視するのであれば

その他の農作物も一切食べられなくなってしまいます。

 


その他の農作物もキチンと残留農薬の基準は定められておりますが

玄米のような厳しい基準ではなく、多くの農作物は玄米と違って

それなりに残留農薬が検出されているのです。

 


しかし、人間の毒素排出能力(主に肝臓などの能力)は非常に優れており

そのような微量の残留農薬程度で健康被害を起こすことはありません。

 


もしそのような微量の毒素が気になるのであれば、都会の空気や排気ガス

その他の人間にとってあらゆる有害とされる物質環境から逃れ続けなければなりません。

 


そのように微量の有害物質を怖れるのではなく

「いかに自分の体の有害物質排出能力を高めることが出来るか」

それを考えた方が建設的だと言えるでしょう。

 


私はそう考えていますし、玄米屋たいぞうの食育の基本は

「日頃の食事により強靭な肉体(特に優れた内臓の能力)を創り上げること」

を重要視しています。

 



農薬の使用について、多くの方々が気持ち悪く感じられるのは、
人として当然ですが

誠実な農家さんである限り、たとえ農薬を使用した農作物であっても

人間に健康被害がでるような量の農薬は検出されることはありませんし

残留農薬が検出されるような農作物(あくまでも国の定めた基準内の残留農薬です)であっても

それを食べることで健康被害があったという事実は現在はありません。

(そうとう昔はその様なこともあったそうですが・・)

 

 


ただ、「そうはいっても気持ち悪いものは気持ち悪い」という思いは

もちろんお持ちでしょうし、私もそういった思いは共感できます。



また、いい加減な農家さんもいるのは事実で、そういった農家さんの中には

管理を面倒くさがって大目に農薬を使用したり、通常は使用しないような

強力な農薬を使用する人が、残念ながら実際にいるのが現実です。


 

ですから安心安全を追求するのであれば、誠実な農家さんとキチンと

コミュニケーションをとり、そういった方々から購入することこそが

大事なことだと私は考えます。


 

ちなみに玄米屋たいぞうの扱う玄米は玄米食専用に栽培されたコシヒカリ玄米であり

無化学肥料での栽培法をとっていますが、お客様の安心安全の心理を

出来るだけ満たすことと同時に、安定出荷とコストパフォーマンスの面をも両立させるために

田植え直後に初期一発型除草剤を少量ですが使用しています。

 



ところで、無農薬、無化学肥料栽培の真髄は「栽培中の稲を甘やかさない」

というところにあり、慣行栽培よりも厳しい環境で育てることで

生命力溢れる米を収穫できる、という所がミソといえます。


化学肥料などを使用したものより、米粒は小さく、収穫量も少ない場合が多いのですが

何よりも生命力溢れる米を収穫できることこそが無農薬農法により得ることの出来る

最大のメリットといえるのかもしれません。


 

ただ、そういった作物は人間にとっての毒(簡単に言えばアクです)

甘やかされて栽培された作物よりも多く含んでおり

けっして人にとって優しい食べ物というわけではありません。


 

しかし、そういった生命力のある(つまりアクのある)食べ物を摂取することが

今度は人間の体を甘やかさないことになり、自身の能力を高めることになるのだと

私は考えています。

 

 

玄米に関するQ&A総合ページに戻る

 

 

玄米屋たいぞうの無農薬玄米はコチラから

 

玄米屋たいぞうの減農薬玄米はコチラから

 

 

 

--------------------------------------PR----------------------------------------

 

 

 

 

玄米屋便り8

 

 

 今回は玄米屋たいぞうを経営する以前に、かつて私が経営していた、肉料理のお店「炭火いろり焼き・肉料理大蔵(たいぞう)」でのお話をしたいと思います。

 

 

 当時の私は「旨い食べ物、美味しい食べ物を提供することが多くの人達に幸せをもたらすことだ」と信じていました。

 


目の前の人に「美味しい」、「楽しい」と喜んでいただける、そういったサービスを提供することがお客様の喜びとなり、同時に自分の喜びになっていることを素直に嬉しく思っていました。

 


しかし、最初の頃こそそれがお客様の幸せなのだ、と疑いもしませんでしたが、何年かすると、どうもそれが人の幸せに結びつくことになっているとは思えない・・
だんだんとそういった疑問を持つようになった私がいたのです。

 


私の目の前には、糖尿病を患ってしまったにも関わらず、それでもまだ美味しい食べ物を求め続ける人達や、アルコール中毒になりかけているにも関わらず、まだ酒を欲しているような人達が何人も現れました。

 


そういった人達に美味しい酒や食べ物を提供することは、その人にとっては確かに幸せなことであったでしょうし、私も商売として成り立たせる行為として何も非難される様なことはないと理解はしています。

 


しかし本人達はそれで満足かもしれませんが、周りの人達、特に家族の方々にとっては「不幸」となっている現実を、私はまざまざと見せ付けられたのです。

 

 

 当時の常連さんで重い糖尿病を患ってしまった方がいましたが、その人は「旨いものを食べて死ぬなら本望だ」などとうそぶいて、それまでと変わらず旨い肉や酒を求め続けていました。

 


その結果どうなったかといえば、当然の如く病気が悪化し、彼が再び私の店に来ることはありませんでした。

 


別の常連さんはガンの再発を恐れ、毎日のように酒を求めていましたが、アルコール中毒になった挙句、終いにはガンを再発し、同じく再び店に来ることはありませんでした。

 

 

 ただ、本人達が私の店で食事をされていたとき、彼らは本当に嬉しそうでしたし、心から喜んでいたことは間違いありません。

 


本人達にとっては、その瞬間の時は確かに幸せであったことでしょう。

 


しかし、周りの人たちはいつも心配をしていました。

 


その家族の方々はいつも憂いていました。

 


店の仕込みの最中に家族の方がやってきて、「お願いだからもう酒は出さないでやってくれ」と言われたこともあります。

 


ですから、その客の周りの人達が幸せな様子だとは、私にはとても見えませんでした。


 

 周りの人達はその人が不幸になっていく様子を、これ以上は見たくなかったのですから。

 


しかし当の本人は自分が幸せに感じていることが、周りの人達にとっては「不幸せ」になっていることに気付いていません。

 


気付かないフリをしていたのかもしれません。

 


彼らはあくまでも「自分の瞬間の幸せ」が大事でありました。


 

 

 そういったことがあって、私は「旨い食べ物、美味しい食べ物を提供することだけが多くの人に幸せをもたらすわけではない。多くの人に喜んでもらうためには、他にもっと違う方法があるはずだ」と思うに至ったのです。

 

 

 客観的に不幸せになっていることは、決して人だけではなく「環境」においても見受けられます。

 


人間達の「瞬間の幸せ」の為に、様々な環境が社会的な見地から見れば「不幸せ」なことになり続けています。


 

 私達が自分の快楽のためだけに、それらのことに気付かないフリをすることは恥ずべきことと私は考えていますが、皆さんはどう思われ、どうすべきだと思われますか?

 


私は、私達が今本当にすべきこと、求められていることは「自分の欲望をコントロールする知恵と手段」、そして「それを実行するその姿を未来に繋げること」なのではないかと考えているのです。

 

 

 第7号 「苦を楽しむ術を未来につなぐ」 に戻る 

 第9号 「玄米と環境問題のお話」に進む

 

 

 

 

 

   ━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━  

 

     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         ◆◇◆   糖尿モニター募集!!   ◆◇◆    

     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

       ■ モニター参加の特典

 

      1.無料定期健診・・・継続的に健康診断を受けられます 

      2.医師の指導が受けられる・・・食事療法と最新の治療薬 

      3.負担軽減費・・・ご負担なく通院頂けます

  

       ■ 糖尿が気になる方!糖尿で悩んでる方はこちら

       http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=26072G+CPUNS2+25XU+HWPVN

  

       

 

 

 

 

今の時代、この日本社会において、自殺を選んでしまう若者達や、秋葉原無差別殺傷事件神戸連続児童殺傷事件などを代表とした、何とも痛ましい事件が後を絶つことがありません。

 

 

亡くなった方々とそのご遺族の方々には心からお悔やみ申し上げるばかりでありますが、私は事件を起こしてしまうほどに追い込まれた若者達にも同情をせずにはいられません。

 

 

私はそのような人達に、本当の食育から知ることのできる「祝福の言葉」を、せめて私ができることの一つとして与えてあげたいと思っています。

 

 

 

 

ただ、その前に「彼らはなぜ、そのような事件を引き起こしてしまうのか?」

 

まずはそれを考えたいと思います。

 

 

 

彼らがそういった事件を引き起こしてしまう背景には、実に様々な原因があるとは思いますが、根本的な原因は彼らが「自身の存在を拒否されることへの怖れ」を強く抱いてしまうことにある、と私は考えています。

 

 

幼児期や成長期において、親などをはじめとした周りの人達に「ありのままの存在」を認められず、「ありのままの自分」を愛されずに育ってしまった人間は、体は大人に成長しても、その心は常に自分の存在を他者に認めてもらおうとすることに執着してしまうことが多く見受けられます。

 

 

簡単に言えば幼児期に満たされなかった甘えの心を、大人になっても抱えてしまっているわけです。

 

 

そして、そういった甘えの心を抱えたまま大人になってしまった人間に対して、今の資本主義、能力主義の社会を生きる人達の多くは非常に厳しく、あまりにも冷たい態度をとってしまう事が多い、という事実が問題だといえるでしょう。

 

 

現代社会の中で、自分の存在を否定され続けているように感じてしまっている彼らは、本当の自分の存在を愛することもできず、またそれゆえに自分以外の人達をも愛することが難しいわけなのですが、そういった状況に置かれ続けた彼らは、終には自らの死を選ぶか、他者の排除により自身の存在を守ることを選んでしまうのです。

 

 

彼らは常に孤独に怯えながらも、同時に周囲の人達にも怯え、孤独に逃げ込み、やり場のない悲しみや怒りを抱えた可哀想な人なのです。

 

 

彼らの周りにいる、運よく愛されて育った人達が、その悲しみや心の痛みを理解してあげることが出来ればそのような事件を起こすまでには至らないのかもしれませんが、残念ながら愛に恵まれた人達は、自身が愛に飢えたことが無いがために、その痛みを理解することが出来ないことが多分にある様に思われます。

 

 

もちろん、その心の痛みや悲しみの心を理解し、彼らを支える人達も数多く存在しますが、彼らを一生支え続けることが出来るわけではなく、いつかは自らの力でその甘えの心を昇華させなければ、決して彼らが一人で生きていくことは出来ません。

 

 

よく「人はひとりでは生きていけないんだよ」という言葉をかける人がいますが、孤独に苦しんでいる人達にとってはその言葉は残酷なものです。

 

 

なぜなら、これまで周囲の人達に自分の存在を認められていないかのように感じてきた彼らは、ずっと一人で頑張ってきたのですから。

 

 

自分を傷つける周囲の人達を避け、孤独に逃げ込み、ずっと一人で頑張ってきた彼らに対して、またここで彼らが一人で生きてきた事実を否定することは残酷以外の何者でもありません。

 

 

人は一人で生きていかなければならないのです。

 

自分の人生とは自分の責任で切開かれるべきものなのです。

 

 

ただ、一人(の責任)で生きていくためには確固たる自分を確立する必要があり、そのためには初期の段階でその存在のありのままを、誰かが認めてあげることが大事となります。

 

 

しかしながら、すでに大人になってしまった彼らが、全ての他人にそのようなことを求めることは現実的ではありません。

 

 

すでに大人になってしまった彼らには自らで自分の存在を愛し、自分を認めることができるようになることが必要なのです。

 

 

 

私は今から述べる「食育の本質」が、彼ら自身が自分の存在を自ら愛し、認めることが出来るようになるために役立つことを願ってやみません。

 

 

 

 

「人は一人では生きていけない」

 

 

この言葉は先ほどは残酷であると言いましたが、真実の言葉です。

 

 

ただ、この言葉は必ずしも他の人間の手を借りなければ生きていけない、ということばかりを示しているわけではないと思います。

 

 

この言葉の本質の一つには、「私達の誰一人として何も食べずに生き続けることは出来ない」という事実もが含まれています。

 

 

孤独に苦しんでいる人も他の皆と同様、これまでに様々な食料(他の存在)を食べてきたおかげで、間違いなく「今」を生きています。

 

 そこで思うに、これまであなたが食べてきた食料とはいったい何でしょう?

 

あなたはこれまでに米や魚、肉、野菜、その他さまざまな食料を食べてきたことと思いますが、私はそれらの食料が今のあなたの肉体をつくってきたという事実に目を向けて欲しいのです。

 

 

これまでにあなたが食べてきた様々な存在たちは、あなたに食べられながらも、あなたの中であなたの一部となって生き続けて来ました。

 

 

これまでに様々な存在があなたの活力となってくれていました。

 

 

様々な存在はあなたに食べられた後も、あなたの意識とは関係なく、あなたの中で生き続け、あなたと共に生きてきたのです。

 

 

そして今もあなたと共に生き続けています。

 

 

 

そして次に、あなたがこれまでに食べてきた、米も魚も肉も野菜も、そして水さえも、その前の姿は土であったり、他の生物の一部であったという事実に目を向けてください。

 

 

その事実を受け入れることができれば、これまで食べてきた様々な食料とは、実は地球にあるすべての存在であり、この大自然そのものであり、それらが過去これまでに様々に形を変えてきただけである、ということに気がつくと思います。

 

 

ですから、これまであなたが食べてきた様々な存在たちは、過去に存在したあなたの先祖の一部でもあったことでしょう。

 

 

 

いや、もしかしたら全部かもしれません。

 

 

これまでに存在したすべてのあなたの先祖達が、常にあなたの一部となり、あなたの活力となり、あなたを存在させてきました。

 

 

そして、すべての存在があなたを生かすために祝福し続けてきたのです。

 

 

今までけっしてあなたは一人ではありませんでした。

 

 

常にあなたの先祖達があなたの中に生き続け、あなたを祝福し続けてきました。

 

 

あなたのためにあなたの食料として形をかえて、あなたの中であなたを支えてきたのです。

 

 

もちろん、今もあなたを支え続けています。

 

 

あなたはもしかしたら、たまたま運が悪かったせいで、今を生きる「人」という存在には愛されず、認められなかったのかもしれません。

 

 

しかし、あなたの先祖達は、そしてこの大自然は、いつでもあなたのそばに存在し、あなたの力になり、いつでもあなたを祝福し続け、これからも祝福し続けるという事実を知ってほしいのです。

 

 

今のあなたの肉体は、46億年も前から様々に形を変え存在してきたこの地球、いや宇宙そのものなのです。

 

 

その事実をしっかりと認識し、できれば先祖達に感謝しながら今を生きるだけで、いつの間にかあなたの苦しみは消え去っていることでしょう。

 

 

私は孤独に苦しむ人たちを救ってあげることはできませんが、この事実を知り、しっかりと認識することで、あなた自身があなたを救うことが出来るということを知っています。

 

 

 

最後に、孤独に苦しむ人もそうでない人も、すべての人達がこの大自然の一部であり、大自然そのものであることを、そしていつでもその大いなる存在、先祖達に祝福され続けているということを伝えて、それこそが食育により伝えることのできる本質の一つであることを、ここに記したいと思います。

 

 

玄米屋たいぞうの想い56 ” 2010年はじまりの想い ” につづく

玄米屋たいぞうの想い54 ” 「私」の悩み ” に戻る

 

 

前のページに戻る

 

 

TOP
サムライの魂
サムライの夢
ご案内
お問い合わせ


【フードコーディネーター講座】

たのまなの無料資料請求についてのご案内と講座レビュー






乾燥肌、敏感肌、トラブル肌に
【アクアゲルマジェル】




Pierrot 【ピエロ】

e1311-022106_1.jpg




【ダイエット遺伝子検査キット】

DNAダイエット分析のご案内


   






【開運グッズ・楽喜SHOP】

大人気!簡単開運グッズ集

【ラッキーアイテム体験日記】




【サジージュース】
購入した体験感想レビュー




 【ルイボスティーランキング】

ルイボスティーランキングサイト


ノバテック体験ブログ

ティーライフ体験ブログ

アールティー体験ブログ



【安心お試し野菜】

購入した感想と作った料理


  


【Oisixお試しセット】

購入した感想と作った料理


  


【無農薬野菜のミレー】

購入した感想と作った料理


   


【ビオ・マルシェ】

お試し野菜の購入体験ブログ


ビオマルシェのお試し野菜セット


【宅配野菜比較レビュー】

宅配野菜比較レビュー



【ピカイチ野菜くん】 

  


【お得な格安航空券比較サイト】




【漫画高価買取店ランキング】

漫画高価買取店ランキング



【携帯買取ショップ比較サイト】

携帯買取ショップ比較サイト



【オーディオ買取店ランキング】

【オーディオ高価買取おすすめ店ランキングサイト】~全国の中古オーディオ買取店の中から高額買取で評判の良いオーディオ買取人気店おすすめBEST8を紹介する情報サイトです~



【宅配買取おすすめランキング】

宅配買取おすすめランキングサイト



【着物買取店ランキング】

着物買取店ランキングサイト



【着物買取おすすめ店特集】

全国の着物買取店の中から高額買取で評判の良い人気買取おすすめ店BEST8を紹介する情報サイトです



【フィギュア買取おすすめ店特集】

全国のフィギュア買取店の中から評判の良い買取店おすすめBEST8を紹介する情報サイトです



【ブランド買取おすすめBEST8】

ブランド品の高価買取おすすめ店BEST8



【ブランド買取人気店33社比較】

全国のブランド品買取人気店33社の中から、高額買取が期待できるおすすめの買取店を、買取対象商品ジャンルごとにランキング形式でご紹介しています



【時計買取人気店ランキング】

全国の時計買取店の中から高額買取で評判の良いおすすめ宅配買取店BEST8を紹介する情報サイトです



【バイク買取人気店ランキング】

全国のバイク買取店の中から高額買取で評判の良いおすすめ買取店BEST8を紹介する情報サイトです



【バイク一括査定おすすめ特集】

様々なバイク一括査定サービスサイトの中から利用しやすく評判の良い一括査定サービス会社BEST8を紹介するおすすめ情報サイトです




 【楽天ショップおすすめ】

【いい快互服ドットコム】


興和堂さんの体臭、加齢臭、ワキガ臭、子どもの汗のニオイまでニオイの悩みを解決する方法



【アフィリエイトチャレンジ】

アフィリエイトチャレンジの案内





Yahoo!ブックマークに登録


count