玄米と食育の店『玄米屋たいぞう』

  TOP たいぞう通信 ブログ おすすめ本 アーカイブ その他

2010年9月アーカイブ

酒清水風景

 

 

玄米屋たいぞうで炊き上げる玄米ごはんは、たいぞうの地元である福井県鯖江市の農家さんが玄米食専用に栽培したコシヒカリ玄米を使用しています。

 

 

微生物自然農法で栽培したコシヒカリ玄米を、風と日光により自然乾燥させることで、米本来の豊かな風味が引き出され、格別に美味しい玄米ごはんが楽しめます。

 

 

そしてさらに美味しい玄米ごはんを目指して、玄米屋たいぞうでは洗浄する際や、浸水する際、炊飯する際の水にもこだわりを持っています。

 

 

 

 

酒清水風景

 

 

福井県のおいしい水に認定されている鯖江市片上地区近くにある『酒清水』です。

 

 

 

 

 

酒清水風景

 

熊に注意!の看板!?

 

 

 

山の岩の間から流れ出てくる湧き水は常に豊富な水量を湛えており、美味しい水を求めてこの酒清水を汲みに来る人たちが絶え間なく、ひっきりなしに訪れています。

 酒清水風景3.jpg

 

柔らかくまろやかな口当たりのこの清水は、地元の人達のみならず、他地域も含めた非常に多くの方々から愛され続けている福井県の誇る名水なのです。

 

 

 

 

 

前のページに戻る

  

 

枡玄米.jpg  

玄米屋たいぞうで販売する玄米は”玄米食用の玄米であること”にこだわっています。

 

 

玄米食用の玄米って一体どんな玄米? と疑問に思われる方もおられることでしょう。

 

ただ、最初に断っておきますが「玄米食用の玄米」というものに何か特別な規格があるわけではありません。

 

 

要はお百姓さんや販売する側が、お客様が玄米のままでお召し上がりになることをきちんと認識して、玄米食用に栽培および調整した玄米を、たいぞうが勝手に玄米食用の玄米と呼んでいます。

 

 

ですから、例え無農薬栽培の玄米であっても”玄米食用の玄米である”とはいえません。

 

 

有機栽培や無肥料栽培だからといって”玄米食用に適した玄米である”というわけでは必ずしもないわけです。

 

 

 

次の写真は、どちらも鯖江の農家さんが栽培した玄米をプレ発芽モードに加工したものです。

 

右の写真は無農薬、無化学肥料で栽培した無農薬玄米

 

左の方が玄米食用に特別栽培および特別調整した玄米ですが、こちらは完全無農薬栽培の玄米ではありません

 無農薬栽培のプレ発芽玄米プレ発芽玄米

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一見すると何も違いがあるようには見えませんが、実はこの写真を撮るまでに無農薬栽培の玄米の方は、洗浄や選別に非常に多くの時間と手間がかかっています

 

 

無農薬玄米の方は、農家さんが玄米食を意識して栽培を手掛けたものではなく、販売の際ももちろん玄米食など意識しておりませんので、玄米の衛生状態は非常に悪く、4~5回の洗浄と選別をしてようやく食用に適するような状態なのです。

 

 

 食用に適さない玄米

 

その際に選別した、”籾殻のままの玄米””食用に適さない玄米”が、わずか2升の玄米の中でこれだけ出てきます。

 

 プレ発芽玄米

 

 

未熟な緑米を含めると選別しきれないほどの量です。

 

 

(ところどころに緑色の未熟米が混じっているのがお分かりになるでしょうか?)

 

 

 

 

一方、玄米食用の玄米は流通前の段階で、すでに衛生的な調整済みですので、1~2度水で洗うだけで十分ですし、充分に吟味調整された玄米は色も粒も揃っており、非常に綺麗な状態です。

 プレ発芽玄米

 

 

 

 

こちらの方は、食用に適さない籾殻がついた玄米は、2升の玄米の中にたったの1粒だけでした。

 

 

 

 

籾殻付きの玄米 なお、今回は一粒だけ出てきましたが、実際は一粒も出てこない場合が多いものです。

 

 

 

 

 

また、両者の明らかな味の違いも存在するのですが、当然玄米食専用の玄米は味の次元がまったく違います。

 

というのも、玄米の味の差はヌカの味に表れるものであり、ヌカの味は田んぼの土作りで多くが決まるのです。

 

 

 

お百姓さんが玄米食用に土作りから工夫し、美味しいヌカの味になる様に研究努力しているわけですから、白米で食べるのが当然とされている慣行栽培の玄米とは味の次元が違うのは当たり前なのです。

 

 

 

ただ、色々とお百姓さんに問い合わせても、なかなか玄米食用に意識して米を栽培している方はいないため、様々な種類の玄米食用の玄米を売ろうにも難しく、その辺りが私の悩みどころです。

 

 

 

前のページに戻る

  

 

IRIE365  

 

9月19日(日)は福井のレゲエシンガーSING J ROY氏率いる、だんねーざレコーズのお誘いを受けて、今庄365スキー場にて開催された『第3回 IRIE365(アイリー365)』というレゲエフェスティバルに出店参加いたしました。

 

 

 

IRIE365とは福井県内外からたくさんのレゲエ愛好家が集まり、高原での様々な催しやレゲエ歌手のコンサートを楽しみながら一日を過ごす、年に一度のレゲエのお祭りです。

 

 IRIE365

 

このイベントにはレゲエの発祥の地、ジャマイカの方々の姿も多く見られました。

 

 

 

 IRIE9.jpg

自然豊かな高原で、エネルギッシュな音楽を楽しみながら玄米屋の営業をするというのは、たいぞうも初めての体験でしたが、なかなかどうして楽しい一日を過ごすことができました。

 

 

 

 

このイベントを成功させるべく、一致団結して頑張ってこられたスタッフの方々にはこの場を借りて深く感謝を申し上げます。IRIE365

 

 

 

 

 

さて、今回もソーシャルビジネスとして成功させるべく、色々な商品を用意し商売に励みましたが、

 

 

 

くわしい売り上げ結果詳細報告を以下に発表いたします。

 

 

 

 

 

9月19日(日)のIRIE365での販売品目および売り上げ詳細報告

 

 

・ かな子の玄米ごぱん(1個100円)    3個                300円

・ 玄米焼きドーナツ「こびり」(3個500円)  1セット              500円

・ 玄米焼きドーナツ「こびり」(1個200円)  4個                800円

・ 玄米屋のあずきバー(1本100円)    16本                1,600円

・ さばえ玄米焼きイナリ(1個80円)    29個               2,320円

・ キノコとアサリの熟成玄米おにぎり(1個200円) 41個         8,200円

・ 黒米おはぎ(1個90円)  71個                        6,390円

・ 黒米おはぎと三年番茶のセット(200円) 9セット             1,800円

 

 

 

                           合計                21,910円

 

 

 

 各経費の詳細

 

 

原材料費(それぞれをみなしで計算)(包装資材含む)           14,299円

人件費(かな子)                                   6,500円

出店料                                        5,000円

その他経費(約10%)                                 2,200円

 

 

                            合計               27,999円

 

 

 

                             売り上げ - 経費  =  -6,089円

 

 

 

 IRIE365

9月19日(日)のIRIE365のイベントでは玄米屋たいぞうの利益は残念ながら出ず、赤字となりました(´д`)

 

 

 

 今回のイベントは若者がほとんどで、いつもとは客層も違うため、残念ながら玄米屋の商品はイマイチ受け入れられなかったようです。

 

IRIE365

 

 

 ソーシャルビジネスには様々な商売のスタイルがありますが、どのスタイルであっても共通する必須条件は「持続可能な商売であること」です。

 

 

 

まァ、これはソーシャルビジネスに限らず、どんな商売でも言えることですが・・・。

 IRIE365

 

 

 

今回はソーシャルビジネスとしては失敗に終わりましたので、カッコつけずに寄付は無しということにしました。

 

 

 

 一応、個人的な気持ちとして「赤い羽根共同募金」へ寄付しようと思います(笑)

 

IRIE365

 

 

第27回目 「9月の誠市&ご縁市」 に戻る

第29回目 「10月の誠市ご縁市」 に進む

 

 

 

前のページに戻る

 

 

 

 

 

IRIE365

 

IRIE13.jpg

 

 

 

9月の誠市の様子  

 

 

今年の夏は全国各地で記録的な猛暑の日々が続いたそうですが、鯖江の街も厳しい残暑が続く9月となりました。

 

 

 9月誠市

この日の予想気温も午前中の時点で30℃を超えており、玄米屋たいぞうの一番人気商品である黒米おはぎも、その暑さの中ではイマイチの売れ行きとなってしまいます。

 

 

 

昨年のこの日はお彼岸前で黒米おはぎが良く売れたのですが、今回は控えめな仕込みで置き、消極的な販売とさせていただきました。

9月誠市の様子

 

 

 

 

「誠市」は早朝6時より開始のイベントですが、ちょうど朝方6時過ぎからまとまった雨に降られ、私を含めた皆が意気消沈していたものです。

 

 

 

9月の誠市の様子

・・・が、何とそれから天気がどんどん回復し、結局は最後まで好天に恵まれることとなりました。

 

 

 

 

 

 

9月の誠市の様子

 

今回も何だかんだ言いながらも、このイベントが幸運と好天に恵まれたことに心から感謝したいと思います。

 

 

 

 

 

9月の誠市の様子そんな残暑の中での、良きイベントの一日でしたが、当日の玄米屋たいぞうの売り上げ等の詳細報告を、以下に発表いたします。

 

 

 

 

 

9月12日(日)の誠市&ご縁市での販売品目および売り上げ詳細報告

 

 

・ かな子の玄米ごぱん(3個入り300円)  6袋              1,800円

・ かな子の玄米ごぱん(半額販売分)    4袋                600円

・ 玄米焼きドーナツ「こびり」(3個500円)  4セット            2,000円

・ 玄米焼きドーナツ「こびり」(1個200円)  1個               200円

・ 玄米屋のあずきバー(1本100円)    39本               3,900円

・ 発芽玄米ころっけ(1個40円)      158個              6,320円

・ さばえ玄米焼きイナリ(1パック3個入り250円)  32パック      8,000円

 ・ さばえ玄米焼きイナリ(1パック5個入り400円)  20パック      8,000円

・ 発芽玄米酵素ごはん(1パック250円)  10パック            2,500円

 ・ 黒米おはぎ(6個入り500円)  21パック                 10,500円

・ 黒米おはぎ(2個入り180円)  28パック                  5,040円

・ その他自然食品等                                3,100円

 

 

                           合計                51,960円

 

 

 

 

 各経費の詳細

 

 

原材料費(それぞれをみなしで計算)(包装資材含む)           19,558円

人件費(かな子、ナオミ)                               11,500円

出店料                                        1,000円

その他経費(約10%)                                5,200円

 

 

                            合計              37,258円

 

 

 

 

                              売り上げ - 経費  =  14,702円

 

 

 

 

9月12日(日)の誠市&ご縁市における、玄米屋たいぞうの利益は14,702円でした。

 まちづくり基金領収書

 

 

この利益の10%にポケットマネーを足した2,000円を、鯖江市男女参画課「まちづくり基金」に寄付いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご縁市では玄米屋たいぞうのお隣の「らてんぽ」にてミニ四駆教室とレース場が設けられていました。

 

9月のご縁市の様子9月のご縁市の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 ミニ四駆を手にする子供達の笑顔がまぶしい一日でした。

玄米屋たいぞうのすぐそばでは、かき氷や輪投げ、わた菓子屋さんなども出店されています。

 

9月のご縁市の様子

9月のご縁市の様子

 

 

 

 

 

 

 

9月のご縁市にて

 

 

  鯖江本町のおねえさま方、マドンナの集まり

 

「ま・どんなの会」の冷やしうどんは茗荷や生姜などの薬味がバッチリ利いた絶品の味です! 

 

 

9月の誠市にて

 

夏の誠市にお越しの際はぜひお試しあれ!

 

 

 

第26回目 「さばえ環境フェア2010」 に戻る

第28回目 「IRIE365 in 今庄365スキー場」に進む

 

 

 

前のページに戻る

 

 

 

8月21日(土)鯖江市嚮陽会館にて、「ストップ ザ 地球温暖化 in さばえ」 ~子どもたちに残そう明るい未来~ をテーマに『さばえ環境フェア2010』が開催されました。

 

 さばえ環境フェアの様子

 

 

このイベントに玄米屋たいぞうも「屋台ブース」にて出店参加させていただきました。

 

 

 

 さばえ環境フェアの様子

 

玄米食を実践することは、自らの「食」のあり方を省みることにつながり、それは同時に環境保護環境問題を考える上で非常に重要なことにもなり得ます。

 

 

 

さばえ環境フェアの様子 人と自分の「食」のあり方をみつめ、人と自分のためになる「食」のスタイルというものを真摯に考えたとき、自然とより良い人の生き方より良い自分の生き方を見出すこととなり、それは必然的に地球の環境や、自分だけではない他の様々な存在への大きな思いやりの心を育むきっかけとなることでしょう。

 

 

 

 

さばえ環境フェアの様子「食」「環境」というものは切っても切り離せない関係にあり、実際に人間の食の欲望、特に先進国に住む多くの人達の過剰なまでに肥大化した食の欲望や、ラクな食を求める際限のない欲望が、様々な環境破壊を生み出す原因となっているのです

 

 

 

 

さばえ環境フェアの様子玄米屋たいぞうはそのように考え、こうした環境保護関連のイベントには積極的に出店し、少しでも多くの人達により良い食のスタイルというものを考えるきっかけを提供していけたらなァ、と思っています。

 

 

 

 

 

さばえ環境フェアの様子さて、そんな環境を考えるイベント「さばえ環境フェア2010」ですが、玄米屋たいぞうはイベントなどの出店の際は必ずソーシャルビジネスのスタイルをもって営業しています。

 

 

 

 

 

今回はソーシャルビジネスとして、当日の利益の10%を社団法人福井県緑化推進委会「緑の基金」に寄付することに致しました。

 

 

 

以下、当日のイベントでの玄米屋たいぞうの売り上げ等の詳細報告を発表いたします。

 

 

 

8月21日(土)のさばえ環境フェア2010での販売品目および売り上げ詳細報告

 

 

 

・ かな子の玄米ごぱん(3個入り300円)  9袋              2,700円

・ 玄米焼きドーナツ「こびり」(3個500円)  6セット            3,000円

・ 玄米焼きドーナツ「こびり」(1個200円)  2個               400円

・ 玄米屋のあずきバー(1本100円)  93本                 9,300円

・ さばえ玄米焼きイナリ(1パック3個入り250円)  45パック     11,250円

・ さばえ玄米焼きイナリ(1パック5個入り400円)  12パック      4,800円

・ 発芽玄米酵素ごはん(1パック250円)  3パック             750円

 

                           合計               32,200円

 

 

 さばえ環境フェアの様子

 

 

 

 

 各経費の詳細

 

 

 

原材料費(それぞれをみなしで計算)(包装資材含む)           13,098円

人件費(ナオミ)                                    2,800円

その他経費(約10%)                                3,220円

 

 

                            合計              19,118円

 

 

 

                              売り上げ - 経費  =  13,082円

 

 

 

 

8月21日(土)のさばえ環境フェアにおける、玄米屋たいぞうの利益は13,082円でした。

緑の基金 募金の領収書

 

 

 

 

 

 

 

この利益の10%にポケットマネーを足した1,500円社団法人福井県緑化委員会「緑の基金」に寄付いたしました。

 

 

 

 

さばえ環境フェアの様子この日は我が相棒のかな子はお休みのため、店主一人でのイベント営業となり、あまりゆっくりできる時間はとれませんでしたが、たくさんの地元の方々がお見えになり、多くの交流があった楽しい一日を過ごすことができました。

 

 

 

このようなイベントには来年もまたぜひ参加したいと思っています。

 

 

環境フェアに感謝!

 

 

 

第25回目 「8月の誠市&ご縁市、100円&500円フリーマーケット」 に戻る

第27回目 「9月の誠市&ご縁市」に進む

 

 

 

前のページに戻る

 

TOP
サムライの魂
サムライの夢
ご案内
お問い合わせ


【フードコーディネーター講座】

たのまなの無料資料請求についてのご案内と講座レビュー






乾燥肌、敏感肌、トラブル肌に
【アクアゲルマジェル】




Pierrot 【ピエロ】

e1311-022106_1.jpg




【ダイエット遺伝子検査キット】

DNAダイエット分析のご案内


   






【開運グッズ・楽喜SHOP】

大人気!簡単開運グッズ集

【ラッキーアイテム体験日記】




【サジージュース】
購入した体験感想レビュー




 【ルイボスティーランキング】

ルイボスティーランキングサイト


ノバテック体験ブログ

ティーライフ体験ブログ

アールティー体験ブログ



【安心お試し野菜】

購入した感想と作った料理


  


【Oisixお試しセット】

購入した感想と作った料理


  


【無農薬野菜のミレー】

購入した感想と作った料理


   


【ビオ・マルシェ】

お試し野菜の購入体験ブログ


ビオマルシェのお試し野菜セット


【宅配野菜比較レビュー】

宅配野菜比較レビュー



【ピカイチ野菜くん】 

  


【お得な格安航空券比較サイト】




【漫画高価買取店ランキング】

漫画高価買取店ランキング



【携帯買取ショップ比較サイト】

携帯買取ショップ比較サイト



【オーディオ買取店ランキング】

【オーディオ高価買取おすすめ店ランキングサイト】~全国の中古オーディオ買取店の中から高額買取で評判の良いオーディオ買取人気店おすすめBEST8を紹介する情報サイトです~



【宅配買取おすすめランキング】

宅配買取おすすめランキングサイト



【着物買取店ランキング】

着物買取店ランキングサイト



【着物買取おすすめ店特集】

全国の着物買取店の中から高額買取で評判の良い人気買取おすすめ店BEST8を紹介する情報サイトです



【フィギュア買取おすすめ店特集】

全国のフィギュア買取店の中から評判の良い買取店おすすめBEST8を紹介する情報サイトです



【ブランド買取おすすめBEST8】

ブランド品の高価買取おすすめ店BEST8



【ブランド買取人気店33社比較】

全国のブランド品買取人気店33社の中から、高額買取が期待できるおすすめの買取店を、買取対象商品ジャンルごとにランキング形式でご紹介しています



【時計買取人気店ランキング】

全国の時計買取店の中から高額買取で評判の良いおすすめ宅配買取店BEST8を紹介する情報サイトです



【バイク買取人気店ランキング】

全国のバイク買取店の中から高額買取で評判の良いおすすめ買取店BEST8を紹介する情報サイトです



【バイク一括査定おすすめ特集】

様々なバイク一括査定サービスサイトの中から利用しやすく評判の良い一括査定サービス会社BEST8を紹介するおすすめ情報サイトです




 【楽天ショップおすすめ】

【いい快互服ドットコム】


興和堂さんの体臭、加齢臭、ワキガ臭、子どもの汗のニオイまでニオイの悩みを解決する方法



【アフィリエイトチャレンジ】

アフィリエイトチャレンジの案内





Yahoo!ブックマークに登録


count