玄米と食育の店『玄米屋たいぞう』

  TOP たいぞう通信 ブログ おすすめ本 アーカイブ その他

2010年10月アーカイブ

 

先日のことですが、鯖江市食育推進計画の策定に関わる委員として私も名を連ねるよう、鯖江市より依頼がありました。

 

 

若輩者にも関わらず、名誉ある有り難いご依頼を賜りましたことに深く感謝しております。

 

 

 

鯖江市は平成17年に成立した「食育基本法」に則り、国に先駆けて独自の「食育推進計画」を平成18年3月に策定したという経緯があります。

 

 

その計画は五年ごとに見直しを図ることとなっており、このたび私も平成23年度改定版策定委員会のメンバーの一人として選ばれたわけですが、これは私にとっては非常に有り難い話で、願ってもないチャンスでもありました。

 

 

なぜかといえば、以前もこのホームページにも書いたことがあるのですが、私は食育における国の指針の一つに大きな不満を持っており、その指針を是非とも変革したいという願望を以前から抱いていたからなのでした・・・。

 

 

 

 

・・・・国は厚生省、文部省、農林水産省の共同により、国民が健康で豊かな生活を送るために大切な、10項目からなる「食生活指針」というものを策定し、栄養士などの専門家でなくとも、それを周知および活用できるように広く掲げています。

 

 

その内容は国が掲げる指針として、非常に秀逸なものであることは間違いありませんが、ただ一つだけ、その指針の一番最初に掲げられた『食事を楽しみましょう』という項目だけが、私には食育の目的やその本質を考えた上での掲示とはとても思えず、どうしても納得がいかないのです。

 

 

結論から先に言えば、日本という国が国民の食の指針として第一義に掲げるべきは『食事に感謝しましょう』であることが望ましいと私は考えています。

 

 

 

指針10項目の中には「感謝」に関する内容が一切無いため、もしかすると宗教や思想の自由という憲法に配慮したという背景があるのかも知れませんが、食や食事に対する感謝というものは特定の宗教や思想に偏るようなものではなく、全ての人類普遍の思想でありましょう。

 

 

 

まして日本という国においては、先人、先祖が最も大事にしてきた思想であります。

 

 

事実、先に成立した食育基本法においては食に対する感謝の念や理解を促すといったことが明記されています。

 

 

 

であるにも関わらず、『食事を楽しみましょう』などといった、あまりにも単純かつ思慮のない言葉を国の指針として第一義に掲げているようでは、そもそもの目的である健全な食生活、国民にとって本当に豊かな食生活というものを、後世にわたって送ることなど出来ないと、今ここで私は断言します。

 

 

 

・・・どうしても楽しむことを重要視し、食生活指針に掲げるというのであれば、『いかなる食(食事)も楽しむ心を育みましょう』にすべきでしょう。

 

 

それにしても別に第一義に掲げる必要はありませんが・・・。

 

 

 

食を楽しむということは間違った考えではありませんが、現実を直視すれば、皆が食を楽しみ過ぎているからこそ「飽食」「崩食」の世となっているのであり、また自分の勝手気ままに食を楽しむ人ばかりが増え続けていることによって、「孤食」の世が導かれているのです。

 

 

 

「過ぎたるは及ばざるが如し」

 

 

 

要は「食の楽しみ方」が問題なのです。

 

「食べ方」と言い換えても良いでしょう)

 

 

「食事を楽しみましょう」という単純明快すぎる言葉では、それを発信する側も、受け取る側も自分にとって都合の良い楽しみ方として捉え違いしてしまう恐れが往々にしてあるものです。

 

 

 

如何にして食を楽しむのか?

 

子々孫々に繫げていくべき食事というものを想いながら、如何にしてそれらを楽しむか?

 

 

子供にただ楽しめと押し付けるのではなく、我々大人こそがそういったことを省みながら毎日の食事を営むことが何よりも大事なのです。

 

 

そしてその「食の楽しみ方」(食べ方)というものは、「食」や「食事」、また「他者」や「他の存在」に対する感謝の心」があればこそ見出せるものでありましょう

 

 

 

他者や他の存在を想うことなく、自分の食事を楽しむことばかりを優先するような思想の下では、日本の食の崩壊が歩みを止めることなど決してありません。

 

 

自分や自分の目の前にある存在だけでなく、あらゆる存在に対しての感謝の心を育むことで初めて日本の食のシーンは本当に豊かなものと成り得るのです。

 

 

そして逆説的ではありますが、「理念ある食育」があればこそ、人の感謝の心というものを育むことができるのです。

 

 

 

 

 

・・・・平成18年に鯖江市が策定した食育推進計画も、国のそれと同様に非常に素晴らしい内容に仕上がってはいますが、残念ながら『食を楽しむ』という、やはり単純すぎる項目が掲げられてしまっています。

 

 

今回、この名誉ある機会を頂戴したからには、まずは鯖江市の食育推進計画から『食を楽しむ』という項目のより良い変革を促し、ぜひとも国の掲げる食生活指針の見直しへとつなげていきたいと、密かに野望を抱いているワタクシこと、玄米屋たいぞうのたいぞうでございました。

 

 

玄米屋たいぞうの想い58 ( 越前市のコウノトリ 「 えっちゃん 」 ) に戻る

玄米屋たいぞうの想い60 (食育とマクロビオティック 其の一) に進む

 

 

 

 

前のページに戻る

 

 

ご縁市の様子  

 

今回で記念すべき第50回目の開催となった鯖江本町の名物イベント「誠市」

 

 

 

 

ご縁市の様子

 

 

当日の天気予報は雨天の予測で、実際に朝型には大雨に降られてしまいましたが、その後は日中の雨天の予報を覆し、神憑り的な晴れの天気に恵まれることとなりました。

 

 

 

 

ご縁市の様子ご縁市の方では商店街の通りが歩行者天国となり、ふるさとウォーキングの抽選会やコンサートなど、様々なイベントが催されました。

 

 

 

 

 

ご縁市の様子

今回はかな子がお休みのため、地元大学生の岡本君にピンチヒッターとなってもらいました。

 

 

 

 

 ご縁市にあわせて「第1回めがね祭り」も開催。

 

ご縁市とめがね祭り

 

 

鯖江の有名な地場産業は眼鏡の生産であり、日本一のシェアを誇っていますが、それをどんどんアピールし、市民の誇りとしていこうという試みの一つであります。

 

 

 

ご縁市の様子

好天のおかげで今回も本当に大勢の来場者にお越しいただき、大盛況の商店街の様子。

 

 

 

 

活気ある街の姿を眺めていると本当に嬉しく思います。

 

 

 

ご縁市の様子

 

そんな賑わい溢れる街の姿をみせてくれたイベントの一日でしたが、当日の売り上げ等の詳細報告は以下の通りです。

  

 

 

 

 

 

 

10月10日(日)の誠市&ご縁市での販売品目および売り上げ詳細報告

 

 

・ かな子の玄米ごぱん(3個入り300円)  9袋              2,700円

・ 玄米焼きドーナツ「こびり」(3個500円)  4セット            2,000円

・ 玄米焼きドーナツ「こびり」(1個200円)  1個               200円

・ 発芽玄米ころっけ(1個40円)      210個              8,400円

・ さばえ玄米焼きイナリ(1パック3個入り250円)  18パック      4,500円

・ 発芽玄米酵素ごはん(1パック250円)  6パック            1,500円

 ・ 黒米おはぎ(6個入り500円)  22パック                 11,000円

・ 黒米おはぎ(2個入り180円)  10パック                  1,800円

・ その他自然食品等                                5,600円

 

 

 

                           合計                37,700円

 

 

 

 

 各経費の詳細

 

 

原材料費(それぞれをみなしで計算)(包装資材含む)           18,315円

人件費(岡本Kun)                                   5,000円

出店料                                         1,000円

その他経費(約10%)                                 3,770円

 

 

                            合計              28,085円

 

  

 

                              売り上げ - 経費  =  9,615円

 

 

 

 鯖江まちづくり基金の領収書

10月10日(日)の誠市&ご縁市における、玄米屋たいぞうの利益は9,615でした。

 

 

 

この利益の10%にポケットマネーを足した1,000円を、鯖江市男女参画課「まちづくり基金」に寄付いたしました。

 

 

 

 

 ご縁市の様子

今回の玄米屋たいぞうの売り上げはイマイチの結果に終わりましたが、 やはりかな子がいないとダメですね。

 

 

 

あらかじめ多くの商品を用意できないため、せっかくたくさんの人で賑わっていても指をくわえて見ているだけに終わってしまったような感もありました。

 

 

 

とにもかくにも今回のイベントは、あらためてかな子の存在に感謝するばかりの一日でありました。

 

 

第28回目 「IRIE365 in 今庄365スキー場」 に戻る

第30回目 「福井市田原町商店街のB級グルメ田原町大会」 に進む

 

 

 

 

前のページに戻る

 

 

 

玄米屋たいぞう便り11

 

 

飽食と呼ばれる、今の日本の世の中において、自分の好みのままに自由な食事を続ければ、どうしても怠惰の方向に偏ってしまうものです。

 

 

特にそれぞれの人達の我欲」を煽り続ける現代社会が、そうした傾向に拍車をかけ続けています。

 

 

現代社会における日本の多くの若者達の食の規律が、すでに崩壊寸前だと言われるようになって久しいのが現実の出来事です。

 

 

若いうちは何事も自由を求めてしまう傾向がどうしても強く、自身の若かりし頃に一人暮らしの経験がある人は、自らの食事を振り返るときっと思い当たるフシがあるのではないでしょうか?

 

 

人の意識というものは自由を求める存在であり、その意識の欲望のままに、ワガママに食事を求め続ければ、どうしてもラクな方向に流されていくのが真実の話です。

 

 

そうした中で、自らの食事を律してくれるような人がそばにいる人は、自分の自由は束縛されますが、しかし長い目でみれば私はそういった人は幸せ者だと考えています。

 

 

言葉遊びをするならば、「仕合わせ者」とでもいったところでしょうか。

 

 

自分の好みに合わせて、自分を悦ばせてくれるような豪華な料理を、これでもかと用意し続けてくれるような人が、自分のそばに居てくれることは、それももちろん幸せなことではあるでしょう。

 

 

しかし、自分の好みに関係なく、本当の健康を考えた料理を必要な分だけ用意してくれるような人が自分のそばに居てくれることは、本当に幸せなことだと私は思うのです。

 

 

玄米屋たいぞうはそうした人のようなサービスを提供していく店でありたいと考えています。

 

 

 

厳しい人がそばに居るとき、そのときは自らの至らなさから嫌な思いをするものですが、後になってみれば、本当にその人の存在が有り難く思えるようになるものです。

 

 

「食」というものは、より良い「人の身体」と「人の心」を創り上げるために非常に大事で大切な存在なのです。  

 

 

「人の身体」には「生・幼・若・青・壮・老・死」という、時間を伴った縛りと、「病」などといった束縛が皆に平等に存在しています。

 

 

それらの肉体の縛りから逃れるのではなく、人として上手に付き合っていくためには、自らの食を考えることが何よりも大事なことなのです。

 

 

また、人という存在は自らの子を産み、その子が大人となり、また子を産みつなげていく、というカタチでずっとこれまで人の世をつなげてきており、これからもそう在り続けることでしょう。

 

 

しかしながら、人の心が「今の自分のラク」ばかりを求め、我がままにラクな食事を求め続けるような幼稚な存在のままでいるようでは、色々な意味で人は人の世をつないでいく事がやがて困難になってしまいます。

 

 

そしてそれは食だけでなく、様々なことに通ずる真実の話だと、私は考えています。

 

 

「食育」を重んじる玄米屋たいぞうは、「自分の瞬間の快楽」ばかりを満たすような食ばかりを良しとするような現代社会の風潮を、ただ黙って眺めていることは出来ないのです。

 

 

 

 第10号 「おふくろの味」 に戻る 

 第12号 「孤食問題」に進む

 

前のページに戻る

 

TOP
サムライの魂
サムライの夢
ご案内
お問い合わせ


【フードコーディネーター講座】

たのまなの無料資料請求についてのご案内と講座レビュー






乾燥肌、敏感肌、トラブル肌に
【アクアゲルマジェル】




Pierrot 【ピエロ】

e1311-022106_1.jpg




【ダイエット遺伝子検査キット】

DNAダイエット分析のご案内


   






【開運グッズ・楽喜SHOP】

大人気!簡単開運グッズ集

【ラッキーアイテム体験日記】




【サジージュース】
購入した体験感想レビュー




 【ルイボスティーランキング】

ルイボスティーランキングサイト


ノバテック体験ブログ

ティーライフ体験ブログ

アールティー体験ブログ



【安心お試し野菜】

購入した感想と作った料理


  


【Oisixお試しセット】

購入した感想と作った料理


  


【無農薬野菜のミレー】

購入した感想と作った料理


   


【ビオ・マルシェ】

お試し野菜の購入体験ブログ


ビオマルシェのお試し野菜セット


【宅配野菜比較レビュー】

宅配野菜比較レビュー



【ピカイチ野菜くん】 

  


【お得な格安航空券比較サイト】




【漫画高価買取店ランキング】

漫画高価買取店ランキング



【携帯買取ショップ比較サイト】

携帯買取ショップ比較サイト



【オーディオ買取店ランキング】

【オーディオ高価買取おすすめ店ランキングサイト】~全国の中古オーディオ買取店の中から高額買取で評判の良いオーディオ買取人気店おすすめBEST8を紹介する情報サイトです~



【宅配買取おすすめランキング】

宅配買取おすすめランキングサイト



【着物買取店ランキング】

着物買取店ランキングサイト



【着物買取おすすめ店特集】

全国の着物買取店の中から高額買取で評判の良い人気買取おすすめ店BEST8を紹介する情報サイトです



【フィギュア買取おすすめ店特集】

全国のフィギュア買取店の中から評判の良い買取店おすすめBEST8を紹介する情報サイトです



【ブランド買取おすすめBEST8】

ブランド品の高価買取おすすめ店BEST8



【ブランド買取人気店33社比較】

全国のブランド品買取人気店33社の中から、高額買取が期待できるおすすめの買取店を、買取対象商品ジャンルごとにランキング形式でご紹介しています



【時計買取人気店ランキング】

全国の時計買取店の中から高額買取で評判の良いおすすめ宅配買取店BEST8を紹介する情報サイトです



【バイク買取人気店ランキング】

全国のバイク買取店の中から高額買取で評判の良いおすすめ買取店BEST8を紹介する情報サイトです



【バイク一括査定おすすめ特集】

様々なバイク一括査定サービスサイトの中から利用しやすく評判の良い一括査定サービス会社BEST8を紹介するおすすめ情報サイトです




 【楽天ショップおすすめ】

【いい快互服ドットコム】


興和堂さんの体臭、加齢臭、ワキガ臭、子どもの汗のニオイまでニオイの悩みを解決する方法



【アフィリエイトチャレンジ】

アフィリエイトチャレンジの案内





Yahoo!ブックマークに登録


count