玄米と食育の店『玄米屋たいぞう』

  TOP たいぞう通信 ブログ おすすめ本 アーカイブ その他

2011年4月アーカイブ

玄米屋たいぞう便り第17号  

 

前回、『資本主義社会を形成してきたことにより起こり得たこと』について、食の分野において生じてきたいくつかの例を挙げました。  

 

ちなみに現代社会における現時点での『傾向』として、次の様なことも挙げられます。

 

 

・甘味食品や高カロリー食品などの消費拡大傾向。

・体にほとんど負担をかけずに楽に摂取できる食品やサプリメントなどの栄養機能性食品の消費拡大傾向。

・医療における様々な薬の開発とそれらの消費拡大傾向。

(医薬品については食の分野と別に考えるべきかもしれませんが、食と密接に関わることなのであえて挙げました)  

 

 

この様な傾向も、前回に示した例と同様に、資本主義が導く『人々により高度な「楽」を寄与するための行為の発展』によって引き起こされているのが実際のところです。

 

 

私達はこれまで長い間、経済成長のために様々な「楽」や「便利」を競争開発し、それらをお互いに寄与しあうことで自分の満足と利益を確保してきました。 

 

 

それが自分達の生活のために必要なことであったのは確かです。 

 

 

ただ、如何なる楽や便利も慣れてしまえば、さらなる楽や便利を求めてしまうのが人間の情であり、資本主義社会ではさらなる利益を生まんがために、人が楽や便利を求める行為とその求めに応えるための行為の競争を、ただひたすらに煽り続けます。  

 

自分達の生活のために、言葉を変えれば「貨幣」「満足」を生むために、さらなる楽や便利といった「物質への依存行為」をただただ正義化するような社会の中で、食の分野においてはこれから一体どのようなことが起こってしまうのでしょうか?  

 

 

 

家畜などの、より美味しい食品をもって多数の人を楽しませようとする人達は、餌として必要な穀物を栽培するために、これまで多くの熱帯雨林を焼き払い、多くの環境を破壊してきました。 

 

それにより、地球上の様々な所で急速な砂漠化が今も進んでいるそうです。 

 

 

また、より大きな快楽を寄与する食品の普及に伴ってメタボリックシンドローム、ガンなどといった現代病や、人が様々な楽な環境に置かれたことで生じたとされるアレルギーやアトピー、その他にも鬱(うつ)病などといった先進国特有の様々な病気を、私達は得ることにもなってしまいました。 

 

 

その苦しみから楽になるために、多くの人達が今度は医療に「自分の楽」を求めます。 

 

 

その楽を得るためにもお金が必要ですが、しかし病気の身では社会の中で十分な生産活動をすることはままなりませんので、大抵の場合、国などの共同体に補助を求めて自分の楽を得ようとします。 

 

 

すると現役世代や次世代の人達にその負荷が掛かってくるわけですが、その負荷を解消するため、つまりその分のお金を稼ぐために、彼らもより多くの人達に「さらなる楽」を提供していかなければなりません。 

 

ということは、つまり社会において、それぞれの個人の「さらなる楽への依存」までもが、いつまでも推進され続けてしまうというわけです。 

 

 

そして「さらなる楽」に依存し続ける私達の姿を見て育つ子供たちが、同様に「さらなる楽」に依存し続けていくことで、人や自然といった存在はこれから一体どうなっていってしまうのでしょうか?  

 

 

 

少なくとも食の分野においては、「楽」という価値をしっかりと考えて生活していくことが大事でしょう。 

 

そして先進国に生きる私達が、これからどのような社会を築いていくべきなのか? 

 

 

今まさに、私達がそうしたことを強く問われていることも間違いない事実なのではないでしょうか。

 

 

 

 第16号 「食と健康と資本主義~前編~」 に戻る 

 第18号 「ダイエットと自己肯定」に進む

 

前のページに戻る

 

 

 

 

A. どのような食べ物でも変に偏ることはよくありません。

 

これは玄米でも白米でもパンでも何でも、同様のことでしょう。

 

 

また、『玄米と分搗き米ではどちらの方が健康に良いのですか?』の質問に対してお答えしたページにも書いていますが、玄米という食品が人にとってある程度のストレスを与える食べ物であることは否定できません。

 

 

玄米ご飯が人に与える物理的なストレスとしては「よく噛む必要があること(噛むためにエネルギーを必要とすること)などが挙げられますし、 化学的なストレスとしては「様々な代謝活動を必要とすること」が挙げられます。

 

 

ただ、本来はそれらが人の肉体にとってストレスになるようなことはありませんでした。

 

現代の食生活に慣れてしまっている私達の肉体にとっては、ストレスとして感じてしまう場合があるというだけです。

 

 

ストレスと感じてしまうものは仕方がありませんし、食べなければいけないなどと考えて無理に食べることは精神的にストレスをも生じさせますので、もっとよくありません。

 

 

玄米ごはんを日常の食生活に取り入れることは、例えるならば「早朝の散歩」などと同様に考えていただけると結構だと思います。

 

日常の習慣に早朝散歩などの適度なストレスワークを取り入れることは、科学的に健康増進に寄与する事が立証されていますし、調子の悪いときや用事があるときには無理に散歩をする必要はありません。

 

ただし、いったんラクをして早朝散歩をサボってしまい、そのままズルズルとサボり続ければ望む健康を得ることはないでしょう。

 

玄米ごはんも同様で、いったんラクな食事に走ると、そのままズルズルと普通の現代食生活のままで日々を過ごしてしまいます。

 

そこで玄米屋たいぞうでは一日一食玄米生活を推奨しているわけです。

 

 

もちろん、毎日玄米でも問題はありませんし、実際に私は平日は朝昼晩すべて玄米ごはんを食べていますが、気が向かないときにはパンを食べたり、外食をしたりすることはよくあります。

 

あくまでも日々の習慣の一つとして、適度に玄米ごはんを食べるという行為を取り入れることが、体の内面の健康維持に役立つというように考えていただければ何よりです。

 

 

玄米に関するQ&A総合ページに戻る

 

 

玄米屋たいぞうの無農薬玄米はコチラから

 

玄米屋たいぞうの減農薬玄米はコチラから

 

 

 

--------------------------------------PR----------------------------------------

 

 

 

 

 

 

A.玄米と分搗き米とでどちらの方が人の健康に良い影響を与えるか?については、一概に断言することはできません。

 

 

営養成分に関してならば、例えば5分搗き米と玄米とではそれほど大きな違いはなく、その含有量についても5分搗き米のそれは削った分なりに減少してはいますが、白米と比べれば圧倒的に多くの営養を含んでいます。

 

分搗き米を炊飯したご飯は、白米ごはんとほとんど変わらない食感でいただくことが出来ますので、玄米ごはんと比べれば「食べやすくて消化も良い」と言えましょう。

 

 

・・・ただ、営養成分やその含有量だけが人の健康に寄与する要素だと結論づけてしまうのであれば、それらについてをサプリメントなどで補えば問題ないという話になってしまいます。

 

白米ごはんにヌカのふりかけをかけていただいても、玄米ごはんや分搗き米を食べたことと同様になりますね。

 

 

 

玄米ご飯が人の健康に寄与する大きな特徴の一つには、『自然と噛まざるをえない』ということが挙げられます。

 

食事においては「よく噛みながら食べたほうが良い」ということについては多くの方々がご存知のこととは思いますが、実際に毎回の食事において意識しながら噛むという行為を続けることは出来そうで出来ていないものです。

 

現代の食生活に頻繁に登場する食品は、柔らかく消化に優れたものであることが多いため『自然と噛まずに食べてしまっている』ことが多いといえるでしょう。

 

だからといって毎回の食事の際に「よく噛んで食べないといけない」などと考えながら食べることは精神的に面白くなく、不毛なストレスにもなりかねませんが、玄米ご飯の場合はたいてい何も考えずとも自然とよく噛んで食べているものです。

( ・・・とはいえ、玄米が初めてや不慣れな方の中には、あまり噛まずに食べてしまったり、噛む行為に強い精神ストレスを感じてしまう場合もあるようですが・・・)

 

よく噛むことににより脳が活性化し、自律神経の働きが活発になり、唾液や消化液の分泌も良好な状態を維持します。

 

玄米の食物繊維にそれらの消化液が合わさることでゲル状になり、腸管にへばりつくことで営養の吸収をゆっくりと穏やかなものとします。

 

ゲル状になった食物繊維には腸壁を掃除するデトックス効果もあります。

 

 

・・・他にも色々と玄米ならではの特徴は挙げられますが、やはり玄米が人にとってそれなりのストレスを与える食品であることは否めません。

( 玄米が寄与するストレスには「噛む必要があるということ」、「アクともいえる成分も様々に含んでいること」、「食物繊維が営養吸収を阻害することが人にとって必ずしも良い影響ばかりであるとは限らないこと」 などが挙げられます)

 

しかし、それらのストレスが人の体に適度に作用することでこそ「肉体の活性化」につながるのです。

(心や意識というものの活性化にもつながるやもしれません)

 

 

・・・ただし、もし『玄米を食べなければならない』『食べ続けなければならない』などと思い込んで食べるようであれば、健康に良い影響はないでしょう。

 

調子の悪いときや、風邪などの病気のとき、他に食べたいものがある時などに無理に玄米を食べようとする必要はありません。

 

 

それは分搗き米や白米、その他のあらゆる食品の場合でも同様に言えることなのです。 

 

 

玄米に関するQ&A総合ページに戻る

 

 

玄米屋たいぞうの無農薬玄米はコチラから

 

玄米屋たいぞうの減農薬玄米はコチラから

 

 

 

--------------------------------------PR----------------------------------------

 

 

 

 

厚揚げのピリ辛オイスター炒め厚揚げのピリ辛オイスター炒めヒカリ食品の オイスターソースは化学調味料等無添加
国産原料、有機栽培野菜の
使用にこだわって作られた
自然な風味のオイスターソースです

 

【材料】 2~3人分

・厚揚げ・・・・・1枚(約250g)
・片栗粉・・・・・・・大さじ1/2    
・万能ネギ・・・・・・・1/3束       
・粉唐辛子・・・・・・大さじ1/2    
・サラダ油・・・・・・・大さじ1     
 

調味料

 酒・・・・・・・・・大さじ1 
醤油・・・・・・・・大さじ1/2 
オイスターソース・・・大さじ1/2  
 

 

【作り方】 所要時間約10分

① 厚揚げは1.5cmの角切りにし、片栗粉をまぶす。

ビニール袋に厚揚げと片栗粉を入れ、大きく振ると、まんべんなくまぶすことができます
        

② 万能ネギは小口切りにする。    

③ 鍋にサラダ油を入れて弱火で熱し、粉唐辛子を入れて香りが出たら、厚揚げを加えて中火で炒め合わせる。       
調味料を上から順に加え、万能ネギを入れて炒め合わせ完成。

 

粉唐辛子は焦げやすいので、香りが出たら素早く厚揚げを加えて下さい。

 

 

 

 

初回注文は50%OFFで実施中!ヨシケイの食材宅配サービス♪

      

 

 

さばえ菜花まつりの様子

 

 

鯖江三大花物語の一つ『さばえ菜花まつり』

 

 

鯖江の春を彩るイベントの一つとして、鯖江中学校西側の日野川河川敷にて開催されるさばえ菜花まつりに、玄米屋たいぞうは今年も出店いたしました。

 

さばえ菜花まつりの様子

 

今年の菜花まつりは4月の真ん中、土日二日間の開催です。

 

 

 

土曜日はあいにくの雨模様で、しかも気温がグッと冷え込み、寒風吹きすさぶ中での開催となってしまい、来場者はほとんど無いような状況でありましたが、日曜日は嬉しいことに快晴の天気に恵まれ、たくさんの来場者に恵まれた良きイベントとなりました。

さばえ菜花まつりの様子

 

 

 

ちょうどこの頃に日野川河川敷がたくさんの菜の花の黄色に彩られ、辺り一面に何ともいえないイイ匂いが広がります。

 

 

 

 

さばえ菜花まつりの様子

鯖江中学校裏庭の桜の花と菜の花のコラボの中には、多くの人達の笑顔がありました。

 

 

 

さばえ菜花は市の特産農産物で、アクが少なく、柔らかくて甘い風味が特徴の、鯖江の春の味覚の一つです。

 

 

 

さばえ菜花まつりの様子

昨年同様、このイベントでは鯖江市の老舗名店などが軒をならべ、各店がそれぞれに工夫を凝らして作った菜花の特別料理が提供されました。

 

 

 

玄米屋たいぞうでは昨年と同じく『鯖江菜花とハマグリの玄米おこわ』を提供。

 

 

さばえ菜花まつりの様子

 

 

今年は昨年よりも参加店舗が増えて、新たな菜花料理と賑わい感も増加しておりました

 

 

 

 

 

 

そんな和やかな雰囲気の中でのさばえ菜花まつりでしたが、玄米屋たいぞうは今回もソーシャルビジネスとしまして、当日の利益の10%を社会貢献活動団体へ寄付する名目で商いを行いました。

 

 

以下にさばえ菜花まつりでの売り上げ詳細および各経費等を記載します。

 

 

 

  16日(土)の販売品目と売り上げ詳細

 

・ 鯖江菜花とハマグリの玄米おこわ(1パック 500円)      2パック  1,000円  

・ 鯖江菜花とハマグリの玄米おこわ(1パック 330円)      5パック  1,650円  

・ 黒米おはぎ 中サイズ(2個入り 180円)               6パック   1,080円

・ かな子の玄米ごぱん MARU (3個入り 300円)          7袋   2,100円

・ かな子の玄米ゴパン~全粒粉~(5個入り 600円)       2袋   1,200円

 

                          合計                7,030円

 

 

 

   各経費の詳細

 

・  原材料費(包装資材含む)(それぞれをみなしで計算)          3,550円

・  その他経費(約10%)                              700円

 

                          合計                  4,250円

 

 

                               売り上げ - 経費 = 2,780円

 

 

 

   17日(日)の販売品目と売り上げ詳細

 

・ 鯖江菜花とハマグリ(あさり)の玄米おこわ(1パック 500円)    65パック  32,500円  

・ 鯖江菜花とハマグリ(あさり)の玄米おこわ(1パック 250円)    16パック   4,000円

・ 玄米屋の究極の玄米おにぎり(1個 200円)              14個     2,800円

・ 黒米おはぎ 中サイズ (6個入り 500円)               34パック  17,000円

・ 黒米おはぎ 中サイズ (2個入り 180円)                  32パック  5,760円 

・ かな子の玄米ごぱん MARU (3個入り 300円)            22袋    6,600円

・ 黒豆玄米茶(1本 150円)                                         14本    2,100円

 

                               合計               70,760円

 

 

   各経費の詳細

 

・  原材料費(包装資材含む)(それぞれをみなしで計算)              24,528円

・  その他経費(約10%)                                 7,000円                                                        

 

                              合計               31,528円

 

 

                                 売り上げ - 経費  =  39,232円

 

 

 

 さばえ菜花まつり二日間の玄米屋たいぞうの利益    42,012円

 

 

 

この利益の10%にポケットマネーを足した4,500円を、3ヶ所の支援先に振り分けて寄付いたします。

 

 

寄付先および寄付金額は次の通り。

 

鯖江市男女参画課「鯖江まちづくり基金」1,500円

環境ふくい推進協議会「ふくい生物多様性保全支援事業」1,500円

福井県共同募金会「東日本大震災義援金」1,500円

 

 領収書領収書環境保全寄付金領収書

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(環境ふくい推進協議会の寄付金は35回、38回のソーシャルビジネス分とあわせて寄付いたしました)

 

 鯖江菜花まつりの様子

 

昨年までは当日の利益の10%を一箇所の団体のみへの寄付としておりましたが、今年度より複数の団体に振り分けて寄付していきたいと考えています。

 

 

より多くの利益を獲得することで、より多岐に渡った支援先の選択も可能になりますが、それを玄米屋のソーシャルビジネスの第一歩目の進化形として、これからも理想のカタチを求めて実行していきます。

 鯖江菜花まつり 

 

 

 

第35回目 「4月の誠市&ご縁市 春うららかなる鯖江本町にて」 に戻る

第37回目 「さばえつつじまつり2011 ~賑わい横丁~」 に進む

 

 

 

 

 

前のページに戻る

 

 

誠市の様子

 

 

東日本大震災から1ヶ月が経った4月10日の日曜日。

 

鯖江本町名物イベントの誠市&ご縁市は、今回も素晴らしき好天に恵まれた中での開催となりました。

 

 

 

誠市の様子誠市会場である誠照寺の桜の花はちょうど良い具合に咲き始め、来場された方々の目を存分に楽しませてくれたのではないかと思います。 

  

 

暖かな日差しの下で、たくさんの人達が楽しげに日曜日を過ごされている様子を見ていると、何だかとても嬉しくなったものです。

 

 

 

誠市の様子東北の方々の様子は震災から1ヶ月経った今でも毎日報道されており、絶え間ない余震の報道を聞かされるたびに、身をつまされる思いに囚われてしまっていたものですが、この日は鯖江の町に集まったたくさんの人達の明るい笑顔の中で、おかげさまで楽しく商売をさせていただくことができました。

 

 

皆様方にはこの場を借りて深く感謝と御礼を申し上げます。

 

 誠市の様子

 

東北の被災に遭われた方々、今も余震や原発被害に悩まされる方々のことを思えば、どれほどの不安の中で過ごされていることか想像に難くありません。

 

ですが、東北の方々がどこの誰よりも忍耐の心や思いやりの心を強く持ち、今を一所懸命に頑張っておられる姿を見ているとただただ感服するばかりです。

 

 

誠市の様子少しでも早く皆様にとって平穏な日々が取り戻せる様、心からお祈り申し上げます。

 

 

 

さて、今回も玄米屋たいぞうはソーシャルビジネスとして、イベントで生じた利益の10%の寄付を名目に商いを展開いたしました。

 

 

誠照寺にて先月は寄付先に東日本大震災義援金を目的として福井県共同募金会を設定しましたが、今回はかねてより予定していた複数の支援先の設定を実行することにしました。

 

 

当日の利益の5%を「鯖江まちづくり基金」に、同5%を「環境ふくい推進協議会」へ寄付することが今回のソーシャルビジネスの目的です。

 

 

 

以下、玄米屋たいぞうの当日の商売における詳細内容を報告いたします。

 

 

4月10日(日)の誠市での販売品目および売り上げ詳細報告

 

・ かな子の玄米ごぱん(3個入り300円)  15袋           4,500円

・ かな子の玄米ゴパン~全粒粉仕立て~(1個120円) 15個   1,800円

・ 玄米焼きドーナツ「こびり」(1個200円)  8個            1,600円

・ さばえ玄米焼きイナリ(5個入り400円)  10パック         4,000円

・ さばえ玄米焼きイナリ(3個入り250円)  10パック        2,500円

・ 発芽玄米酵素ごはん(1パック250円)  12パック         3,000円

・ 黒米おはぎ(6個入り500円)  38パック              19,000円

・ 黒米おはぎ(2個入り180円)  30パック               5,400円

・ 究極の玄米おにぎり Vr.1.5(1個200円) 38個           7,600円

・ さばえ菜花とハマグリの玄米おこわ(1パック290円) 30パック  8,700円

・ 玄氣玉(1個50円)  110個                      5,500円

・ 黒米玄米茶(1本150円) 27本                    4,050円

・ その他自然食品等                             1,900円

 

                     合計                   69,550円

 

 

 

各経費の詳細

 

原材料費(それぞれをみなしで計算)(包装資材含む)        25,096円

出店料                                     1,000円

人件費(岡本Kun)                              6,500円

その他経費(約10%)                            2,500円

 

                       合計                35,096円

 

 

                         売り上げ - 経費   =  34,454円

 

 

 

4月10日(日)の誠市における、玄米屋たいぞうの利益は34,454円でした。

 

 

 

この利益の5%にポケットマネーを足した2,000円「鯖江まちづくり基金」に、

同じく5%+ポケットマネー2,000円「環境ふくい推進協議会」に寄付いたしました。

 

 環境保全寄付金領収書領収書

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(環境ふくい推進協議会の寄付金は36回、38回のソーシャルビジネス分とあわせて寄付いたしました)

 

 

 

ご縁市の様子

 

月に一度、こうして誠市やご縁市を楽しむことが出来るのは、鯖江の町とそこに住む人達があればこそです。

 

これからもより良いまちづくりの維持向上を祈願し、恩返しの意味も含めて「鯖江まちづくり基金」への寄付とさせていただいております。

 

 

 

誠市の様子同様に、私が食を商いとして毎日を楽しく過ごすことが出来ているのは、このふるさと福井の豊かな自然があればこそです。

 

 

福井の豊かな環境を守っていく力となるために、気持ちばかりではありますが、福井の環境保全活動団体の母体である「環境ふくい推進協議会」への寄付をいたします。

 

 

 

誠市の様子

ソーシャルビジネスとは社会的な利益を生むためのビジネスです。

 

 

社会的な利益には様々なものがありますが、環境というものはすべての人達が等しく恩恵を被っている、まさしく皆に平等な財産です。

 

 

 

皆に共通する財産を維持していく力となるために、玄米屋たいぞうはこれからも商いを通して出来るだけのことをやっていきたいと考えている次第でございます。

 

 

 

第34回目 「鯖江本町名物イベント『誠市』と東日本大震災」 に戻る

第36回目 「鯖江3大花物語『さばえ菜花まつり2011』の巻」 に進む

 


 

前のページに戻る

 

 

・春キャベツ・・・・・・・・・・  6枚
・豚薄切り肉(細く切る)・・・・・60g
・マグロ切り身(サクどり)・・・・ 40g
・むきエビ(ボイルする)・・・・・ 40g
・きゅうり(せん切り)・・・・・・1/2本
・長いも(短冊切り)・・・・・・・60g
・青じそ(せん切り)・・・・・・・10枚
・万能ねぎ(長さを5cmに切る)・・ 6本
(合わせ調味料)
ナンプラー・・・・・・・・大さじ1
砂糖・胡麻油・・・・・・・小さじ1
しょうゆ・豆板醤・・・・・ 小さじ1/2

① キャベツはさっとゆでて、ざるにとり冷ましておく。(芯の部分は包丁で削っておくと巻きやすい)
② マグロ、むきエビは合わせ調味料をもみこんでおく。残りの合わせ調味料を豚肉にもみこみ、フライパンで炒める。
③ キャベツを広げ、青じそ、きゅうり、万能ネギ、長いもを等分にのせ、②のマグロ、豚肉、むきエビをそれぞれ別にのせ、手前、両側を内側に折り、くるくると巻く。
④ 食べやすい大きさに切り、器に盛り付けて完成。

 

 

  【材料(2人前)】

・春キャベツ・・・・・・・・・・ 6枚  

・豚薄切り肉(細く切る)・・・・・60g    

・マグロ切り身(サクどり)・・・・ 40g   春キャベツの生春巻きもどき

・むきエビ(ボイルする)・・・・・ 40g    

・きゅうり(せん切り)・・・・・・1/2本    

・長いも(短冊切り)・・・・・・・60g   

・青じそ(せん切り)・・・・・・・10枚  

・万能ねぎ(長さを5cmに切る)・・ 6本  

 

(合わせ調味料)             

ナンプラー・・・・・・・・大さじ1

砂糖・胡麻油・・・・・・・小さじ1

しょうゆ・豆板醤・・・・・ 小さじ1/2

 

 

【つくり方】 所要時間約20分

① キャベツはさっとゆでて、ざるにとり、冷ましておく。

  (芯の部分は包丁で削っておくと巻きやすい)    
 

② マグロ、むきエビは合わせ調味料をもみこんでおく。

  残りの合わせ調味料を豚肉にもみこみ、フライパンで炒める。
 

③ キャベツを広げ、青じそ、きゅうり、万能ネギ、長いもを等分にのせ、②のマグロ、豚肉、むきエビを それぞれ別にのせ、手前、両側を内側に折り、くるくると巻く。  
 

④ 食べやすい大きさに切り、器に盛り付けて完成。        

 

 

 

 

初回注文は50%OFFで実施中!ヨシケイの食材宅配サービス♪

      

 

 

 

玄米屋たいぞう便り第16号

 

 

日本は近代以降、資本主義社会を形成し、国策として自由経済を活発化させてきたことで、多くの国民が非常に進歩的かつ物質的に恵まれた生活を享受してきました。  

 

発展途上国の人達から見れば、日本や西欧諸国に住む人達などは憧れの対象であるかもしれません。  

 

なぜ、資本主義社会を採択する国は、歴史を顧みれば飛躍的ともいえるであろう発展を遂げることができたのでしょうか?  

 

 

経済活動の仕組みにおいては、労働などにより、人の欲望を叶えるモノやサービスを提供することで個人の満足や幸福感に貢献し、その対価として貨幣を得ることで、より多くの資本(貨幣ないし富)を得るという流れが挙げられます。  

 

人は貨幣を対価にして自分の欲望を叶えることで満足や幸福感を得ることが出来ますし、多くの貨幣(利益)を得ることで満足や幸福感を得ることも出来るわけです。  

 

資本家やそれぞれの個人が自分の利益や満足を最大限追求することを推奨し、個人の欲望や欲望を叶えるための手段にできるだけ制限をかけないことで全体としても、つまり国や社会としても大きな利益と発展を得ることが出来るというのが資本主義の理論であり、実際に先進諸国に起こり得た結果です。  

 

そこで考えるに、「個人の欲望や満足」とは一体何でしょうか?  

 

・・・経済学の父と呼ばれるアダム・スミスは、それが楽(ラク)という概念であることを看破していました。  

 

現代の経済システムの基礎を築いたと言われているのが、18世紀のイギリスで活躍した哲学者アダム・スミスです。  

 

 

その仕組みの中で、それぞれの個人がより多くの貨幣(利益)や自分の満足を得るために、これまでずっと人々に対して楽を提供する行為を競争し合ってきました。  

 

その結果、人々に「より高度な楽」を寄与するための物質や手段が発展してきたことで、現代の先進諸国の姿があるというわけです。  

 

 

個人の欲望の追及行為、つまり楽(ラク)や便利への依存行為に制限をかけない自由社会を築くことで、際限の無い経済的成長をも求め続ける現代社会。  

 

経済成長を錦の御旗に、人々のさらなる楽への依存行為を競争しあうことを求め続ける現代社会。  

 

 

そのような社会の中で、食の分野においては一体どのようなことが起こり得たのか?  

 

ここで少し考えてみましょう。

 

 

・ それぞれの個人がいつでも自由に様々な食料を手に入れることが出来る社会となった。

 

・ それぞれの個人の様々なニーズに応える食品が種類豊富に存在する社会になった。

 

・ より美味しい食品、柔らかく消化の良い食品、より栄養価の高い食品などが、当たり前に販売されている社会となった。

 

・ 食事をするための料理の手間など、労働の必要がない社会環境になった。

 

・ 海外の広大な土地と安価な人件費を背景とした非常に低コストの農産物や加工食品が市場の多くを占めるようになった。

 

・ 少しでも人に対して不快を与える恐れのある食品は廃棄するのが当たり前の社会となった。  

 

 

 

他にもまだまだ挙げられますが、すべてがそれぞれの個人の楽や便利、自由を追及してきた結果であることは共通しているのです。

 

 

 

 第15号 「食で病気を予防する」 に戻る 

 第17号 「食と健康と資本主義~後編~」に進む

 

前のページに戻る

 

 

TOP
サムライの魂
サムライの夢
ご案内
お問い合わせ


【フードコーディネーター講座】

たのまなの無料資料請求についてのご案内と講座レビュー






乾燥肌、敏感肌、トラブル肌に
【アクアゲルマジェル】




Pierrot 【ピエロ】

e1311-022106_1.jpg




【ダイエット遺伝子検査キット】

DNAダイエット分析のご案内


   






【開運グッズ・楽喜SHOP】

大人気!簡単開運グッズ集

【ラッキーアイテム体験日記】




【サジージュース】
購入した体験感想レビュー




 【ルイボスティーランキング】

ルイボスティーランキングサイト


ノバテック体験ブログ

ティーライフ体験ブログ

アールティー体験ブログ



【安心お試し野菜】

購入した感想と作った料理


  


【Oisixお試しセット】

購入した感想と作った料理


  


【無農薬野菜のミレー】

購入した感想と作った料理


   


【ビオ・マルシェ】

お試し野菜の購入体験ブログ


ビオマルシェのお試し野菜セット


【宅配野菜比較レビュー】

宅配野菜比較レビュー



【ピカイチ野菜くん】 

  


【お得な格安航空券比較サイト】




【漫画高価買取店ランキング】

漫画高価買取店ランキング



【携帯買取ショップ比較サイト】

携帯買取ショップ比較サイト



【オーディオ買取店ランキング】

【オーディオ高価買取おすすめ店ランキングサイト】~全国の中古オーディオ買取店の中から高額買取で評判の良いオーディオ買取人気店おすすめBEST8を紹介する情報サイトです~



【宅配買取おすすめランキング】

宅配買取おすすめランキングサイト



【着物買取店ランキング】

着物買取店ランキングサイト



【着物買取おすすめ店特集】

全国の着物買取店の中から高額買取で評判の良い人気買取おすすめ店BEST8を紹介する情報サイトです



【フィギュア買取おすすめ店特集】

全国のフィギュア買取店の中から評判の良い買取店おすすめBEST8を紹介する情報サイトです



【ブランド買取おすすめBEST8】

ブランド品の高価買取おすすめ店BEST8



【ブランド買取人気店33社比較】

全国のブランド品買取人気店33社の中から、高額買取が期待できるおすすめの買取店を、買取対象商品ジャンルごとにランキング形式でご紹介しています



【時計買取人気店ランキング】

全国の時計買取店の中から高額買取で評判の良いおすすめ宅配買取店BEST8を紹介する情報サイトです



【バイク買取人気店ランキング】

全国のバイク買取店の中から高額買取で評判の良いおすすめ買取店BEST8を紹介する情報サイトです



【バイク一括査定おすすめ特集】

様々なバイク一括査定サービスサイトの中から利用しやすく評判の良い一括査定サービス会社BEST8を紹介するおすすめ情報サイトです




 【楽天ショップおすすめ】

【いい快互服ドットコム】


興和堂さんの体臭、加齢臭、ワキガ臭、子どもの汗のニオイまでニオイの悩みを解決する方法



【アフィリエイトチャレンジ】

アフィリエイトチャレンジの案内





Yahoo!ブックマークに登録


count