玄米と食育の店『玄米屋たいぞう』

  TOP たいぞう通信 ブログ おすすめ本 アーカイブ その他

2011年5月アーカイブ

 

  玄米屋たいぞう便り第18号「ダイエットと自己肯定」

 

 

玄米というと「ダイエットに役立つ食品」というように連想される方も少なくありません。

 

たしかに玄米ごはんを食習慣に取り入れることがダイエットに役立つ、ということは

 

科学的ないし論理的に証明することはできます。

 

 

ただ、本当のダイエットというものを考えれば、十人十色

 

10人いれば10人それぞれに違ったダイエット方法論があるものです。

 

 

マスメディアが喧伝するようなダイエット食品やダイエット法に

 

全ての人達に共通した効果があると思い込むことはあまりよろしくありません。

 

 

それは玄米でも同じことでしょう。

 

 

 

 

 

 

一時的にやせるだけで良いのなら、それは現代社会では様々な健康食品やダイエット法が

 

溢れておりますので、そうしたモノに頼るのも別に結構だとは思います。

 

 

ですが、よく考えていただきたいのですが、ダイエットを求める本当の目的は

 

「痩せるため」ではないはずです。

 

 

そうではなく、痩せなければならない、もしくは痩せたいという願望の根元には

 

必ず何かしらの理由が人それぞれにあるはずです。

 

 

もし「今の自分が気にいらないから」とか「今の私のままでは駄目だから」

 

などといった理由からダイエットを求めるのであれば

 

どれほど優れたダイエット食品やダイエット法があろうとも

 

それに成功し理想の自分になることは難しいかもしれません。

 

 

自分が痩せたい理由を認識せずに、今の自分を否定的に思いながら

 

ダイエットに励んでも、一時痩せることに成功しても、その自己否定の心は

 

解消されないままである場合が多いからです。

 

 

そしてその「自己否定の心」こそが、過度のダイエットやリバウンド現象を

 

引き起こしてしまう原因となってしまいます。

 

 

 

 

 

 

本当にダイエットを成功させたいのであれば、

 

「自分はなぜ痩せたいのか?」

 

その動機、理由を自分自身で探りましょう。

 

 

そして、その動機に叶った自分の姿、より良い自分の姿をイメージし

 

それに向かって自分の生活習慣を変えていこうとすることが本当に大事なことなのです。

 

 

太った自分や、好きになれない自分とは

 

実はそれまでの自分の生活習慣によって形成されてきました。

 

 

決して自分そのものが悪いわけではありません。

 

 

「自分の習慣」が自分を育んでいるのです。

 

 

また、自分では気づくことが出来ない習慣も数多くありますので

 

決して自分を否定する必要などはないというわけです。

 

 

しかし人という生物は自らで習慣を変えることが出来る存在です。

 

 

自分の習慣を客観的に省みた上で、その習慣を変えていきましょう。

 

 

新しい習慣こそが自分が望む「より良い自分」を育んでくれるのです。

 

 

仮にうまくいかなかった時があったとしても、そのより良い状態になろうとするあなたが

 

前向きで素晴らしい存在であることは誰の目にも明らかです。

 

 

 

 

 

 

そうやって自分そのものを大事にする心こそが、自らの生活習慣を

 

より良い方向に変えるために役立つ「真の原動力」となりえます。

 

 

その原動力はダイエットだけでなく、糖尿病などの病気の改善、そして

地球規模での環境の改善、ひいてはより良い私達の社会を育むために

役立つ力となる

 

 

私はそう考えています。

 

 

あなたはそのままで素晴らしい存在です。

 

大事なことは自分の習慣を変えることなのです。

 

 

第17号 「食と健康と資本主義~後編~」 に戻る

第19号 「一病息災、無病息災」 に進む

 

   

 ------------------------------------------------PR-------------------------------------------------

  

【食べてカワル!ヤセてワカル?】マイナス4キロ目標!

 

 

東日本大震災復興祈願企画第2弾

 

第一回目ならびに第二回目のソーシャルビジネス企画は終了いたしました。

 

はじめに

 

 

 

平成23年3月11日午後2時46分に発生した東日本大震災。

 

死者および行方不明者は2万人を超える戦後最悪の災害となりました。

 

岩手県、宮城県、福島県などを中心とした東北地方の多くの町が壊滅状態へと追いやられ、たくさんの方々がそれまでの住居や仕事を完全に失い、まさに絶望の思いに襲われてしまったことでしょう。

 

そうした中で、国を挙げての寄付活動、募金運動が大いに盛り上がりを見せ、日本人の思いやりの精神の真髄をたくさんの方々を通じて垣間見ることが出来たのが、不幸中の幸いではありました。

 

また、いち早く諸外国からの援助の手も差し伸べられ、人間の素晴らしさにはまさしく感動するばかりの思いです。

 

ただ、寄付という行為はどうしても一過性である場合が多いものです。

 

無限に寄付を続ける行為は、よほどの強き意志がない限り簡単なことではないでしょう。

 

一度の寄付行為で済むようなことであれば、それほど難しく考えることもないでしょうが、この東日本大震災により生じた被害はあまりにも甚大で、一度や二度の寄付行為で何とかなるようなものとはとても考えられません。

 

国民全体での持続的な支援活動こそが必要とされるのではないかと私は考えますが、寄付を継続して行うためには、やはりお金を稼ぎ続けなければなりません。

 

継続的な寄付を行うためには営利追求は必須なのです。

 

そこで、お客様におトク感のあるサービスを提供しつつも、玄米屋としての営利追求活動と、多くの方々への寄付行為の啓発活動、そして被災地への持続的な寄付行為、それらのすべてを実現する玄米屋のソーシャルビジネスを企画いたしました。

 

 

被災された方々に対して、自分は一体何が出来るのか?

 

 

それを真摯に考えれば、玄米屋の活動を通じて少しでも多くのお客様の共感を広げながら、お客様の善意と共に継続的な寄付をしていくことが、今の私が考え得る最も建設的な行動です。

 

ぜひ多くの方々のご賛同を得ながら、皆様と共に被災地域の方々への微力になりたいと玄米屋たいぞうは強く願っています。

 

 企画内容

 

 

 

※ 東日本復興祈願特別サービス品としまして、下記商品をご用意いたします。

 

※ お客様にご購入いただきましたその特別商品の売上金の8%を、東北地方の復興支援として寄付いたします。

 

※ 商品内容は2ヶ月ごとに更新させていただき、お客様よりお預かりした寄付金額の総額と領収書につきましても2ヶ月ごとにこの場にて掲載いたします。

 

※ 寄付先につきましては社会福祉法人 福井県共同募金会 東北関東大震災義援金宛 とさせていただきます。

 

 

 復興支援特別商品

 

 

東北地方復興祈願特別商品第2弾のご案内

 

玄米屋の玄米あずきバーは、沖縄のきび砂糖と塩のみで炊き上げた小豆餡に有機豆乳と玄米ごはんを混ぜ合わせて作った、玄米屋たいぞうオリジナルのあずきバーです。

さっぱりとした甘さながらも滋養溢れる奥深い味わいをどうぞお楽しみ下さいませ。

 

※  かな子の玄米ごぱん 八割全粒粉仕立ては、従来のかな子の玄米ごぱんを国内産小麦粉の石臼挽き粉を使用して焼き上げた新商品です。

シンプルながらも素材にとことんこだわった至高の玄米パンをどうぞお楽しみください。

焼きたてを瞬間冷凍し、冷凍便にてお送りいたしますので、ご自宅の冷凍庫にて長期保存できます。

 

(なお、この特別支援企画商品をご注文の際に限り、クール便送料追加分210円を無料サービスいたします)

 

 

注文フォームバナー

 

 

なお、この企画はあくまでも当店の利益追求が前提です。

 

玄米屋たいぞうにとっての利益とは、お客様の満足と、自店の金銭的な利益、そして被災者の皆さんに対して微力であっても何らかの力になるという自己満足です。

 

その当店にとっての利益を得る行為を、商品を購入いただいたお客様と共に分かち合えること、そしてお客様との共同寄付が被災地の方々に対する尽力へとつながることを、心から期待しています。

 

私とあなた、そして社会の三方善しを主体的に創造する経営活動。

 

それがソーシャルビジネスです。

 

この玄米屋たいぞうの企画にご賛同いただいた上で、商品のご購入をいただけましたら大変有り難く存じます。

 たいぞうのおじぎのサムネール画像

 

 

玄米屋たいぞう 店主より

 

 

 

 

 

 

【寄付結果のご案内】

 

M・Y 様 東京都  あずきバー33本セット   1セット  7月ご購入

M・T 様 香川県  あずきバー33本セット  1セット 7月ご購入

 

第一弾企画の結果案内は

こちらをご覧ください

 

 環境ふくい推進協議会への寄付金領収書

 

当店の企画による寄付金は小額でしかございませんが、こうした地道な活動を継続していくことで、

経済活動を通じた自主的かつ主体的な社会支援活動がスタンダードとなっていくであろうことを期待しております。

 

ご賛同いただきましたお客様には改めて心からの尊敬の念を送らせていただきます。

 

感謝

 

 

 

前のページに戻る

 

緑の玄米ビビンバ 緑の玄米ビビンバレシピ1.JPG緑の玄米ビビンバレシピ2.JPG

 

 

 

① ほうれん草と三つ葉は熱湯で10秒程度湯がいて、冷水にとって冷ます。    
いんげんは2~3分、枝豆はサヤのままで5分ほど湯がいて、そのままおいておく。
ほうれん草と三つ葉は水気をきって4~5cm幅で切る。                                 
いんげんは4~5cm長さに斜め切りし、枝豆はサヤから出す。                            

 

② 調味料Aをボールに混ぜ合わせ、別のボールに1/4量をとり①の野菜を1種類ずつ別々に調味する。

 

③ 調味料Bをボールにとって混ぜ合わせ、刺身を加えて和える。        

 

④ 器に玄米ごはんを盛り、その上に②の野菜と③の刺身を盛り合わせて完成。   
 

  よく混ぜ、好みで柑橘類の汁を絞りかけてお召し上がり下さい。 

 

緑の玄米ビビンバ

 

 

 

 

 

 

 

 

初回注文は50%OFFで実施中!ヨシケイの食材宅配サービス♪

      

 

 

 

 

当たり前の様な話ですが、様々な美味しい食べ物を楽しめることは幸せなことでしょう。

 

他の人達と共に美味しい食べ物を食べる喜びを分かち合えることも、間違いなく幸せなことでしょう。

 

 

ただ、私自身は「美味しい食べ物を食べることが人の幸せ」だとか「人を幸せに導くことになる」などとは全く考えておりません。

 

 

 

美味しい食べ物というものは往々にして食べ過ぎてしまうものです。

 

”旨過ぎるから食べ過ぎる”などといった出来事は、現代社会においては日常茶飯事だといえましょう。

 

 

人間という存在は、年をとればその肉体は必ず衰えていくものですが、若いときの不摂生がたたって様々な食事制限を余儀なくされる人達が数多くいらっしゃるのが実際の所です。

 

そのような人達を前にすれば、「美味しい食べ物を楽しむことは幸せ」などといった言葉はそう軽々しく口に出来るものでもないなァ・・・と、私は思ってしまうわけです。

 

 

ただ、中には齢80を超えても何の食事制限の必要もなく、非常に健康的な生活を楽しんでいる方も居られます。

 

なぜそうした違いが現れるのでしょうか?

 

運不運もあるといえばあるのかもしれませんが、実際に達者で暮らしておられる方々の歩んできた食生活を調べたところ、ほとんどの方々に共通していることが、いわゆる腹八分目に食べていることだそうです。

 

食事におけるカロリー制限により、老化や病気の進行を防ぐことを立証するための実験はずいぶん前から世界各国で行われておりますが、国際機関による動物実験においてもカロリー制限、つまり腹八分目~七分目で食料を摂取し続けることが健康長寿に確実に良い影響を与えるということが科学的に立証されています。

 

(もちろん、これまでこのHPに書いてきたようにカロリーの増減ばかりで健康を考えてはいけません。

単純にカロリーを減らせば良いというわけではなく、様々な営養をローカロリーでバランスよく摂取し、適度なストレス下での生活を楽しむことが、人としての健康長寿につながることだと私は考えています。)

 

 

「過ぎたるは及ばざるが如し」

そして

「及ばざるはなお過ぎたるに勝れり」

 

ということですね。

 

 

そういったことを踏まえた上で、私は”美味しい食べ物を食べること”や”美味しい食べ物を楽しむこと”ばかりが人にとって幸せなことではない・・・と考えるようになったのです。

 

 

そうではなく

 

「”美味しく”食べ物を食べること」

そして

「どのような食も楽しむことが出来る自分であること」

 

そういった自分に成長することこそが”真の幸せ”につながると考えています。

 

 

誰が作ったどんな料理であっても、心から美味しいと喜んで食べることができる自分に成れば、自分だけでなく料理を作ってくれた人にも100%喜びを与えることができます。

 

いつでも美味しく食べ物を食べることが出来る自分に成れば、「この料理は美味しくない」などといちいち不快な気分になることもありません。

 

美味しい食べ物はもちろん「美味しい!」と喜んで楽しめば良いのです。

 

他人が美味しくないというような食べ物であっても、自分は食べること自体を楽しむことが出来るわけですから、食事は自分にとっていつ何時でも、いかなる食べ物であっても幸せなことになるのです。

 

自分の楽しみを”美味しい食べ物”に依存していないので、必要以上に食べ過ぎることもありません。

 

 

 

私はふと思う時があるのですが、300年前の人達が得ることができた食の喜びや楽しみと、現代に生きる私達の食の喜びや楽しみを比べることができたとして、やはり現代の私達の方がより大きな食の幸せを得ているのでしょうか?

 

私達の方が古代の人達よりも「食」を楽しめているのでしょうか?

 

 

幸せというものは個人的かつ相対的な概念であり、楽しむことも自分自身の主体的な行為であるはずです。

 

何か特別な食べ物がなければ幸せになれない、というわけでもないでしょう。

 

にも関らず、自分の楽しみや幸せというものを「より美味しい食べ物」に求め続けることで、自ら不幸せへの道を歩んでしまうことなどないだろう・・・と、私は思ってしまうのです。

 

 

 

信じる信じないは人それぞれの自由ではありますが、私はどのような食料であっても感謝の心をもっていただくことができる自分でさえあれば、その食料はいつでも自分の力となってくれるものだと考えています。

 

つまり、いつ如何なる時も「食への感謝」を忘れなければ、食が元となる病気になどなることはありませんし、もし何かしらの病気になっても幸せであり続けることが出来ると信じているわけです。

 

 

私達がこれからも「食」を楽しみ続けることの出来る存在であり続けるためには、食料という名の”自然”にいつでも、いつまでも支えとなっていただかなければなりません。

 

 

私達がこれからも「食」という行為を楽しみ続けたいのであれば、あらゆる食べ物に感謝して、いかなる”食”も美味しく楽しむことのできる自分に成長することが何よりも大切なことなのではないでしょうか。

 

 私はそう確信しています。

 

 

 

玄米屋たいぞうの想い68( サンデル教授の哲学と思想 ) に戻る

玄米屋たいぞうの想い70( 健康を求めるのは何のため?其の二 ) に続く

  

前のページに戻る

 

 

A.たしかに玄米酵素ごはん(酵素玄米ごはん)

発酵食品の類に属するため、独特の匂いがあり、日が経つにつれて

その独特の発酵臭は強くなっていきます。

 

3日目~5日目くらいまでは、さほど違いは出てきませんが、

それ以降は、だんだん独特の匂いが強くなってくることは否めません。

 

発酵食品に匂いはつきものですし、苦手な方は仕方がありませんが、

食べ方を工夫することでまったく匂いを感じずに食べることも可能です。

 

 

オススメの方法の一つには

梅肉を混ぜ込んでオニギリにしたり

野沢菜やたくあんの刻んだものを混ぜ込んでいただくことが挙げられます。

 

それ以外でも、塩鮭や胡麻塩など色々な具材と合わせることで、

玄米酵素ごはんの匂いはほとんど気にならずにお召し上がりいただけると思います。

 

玄米屋が匂い消しに試したもので、今のところ一番のオススメは梅肉ですが、

梅肉に限らず、何かの具材を合わせてオニギリにすることが

玄米酵素ごはんにピッタリかもしれません。

 

 

それが玄米屋たいぞうがお教えする、

冷めても柔らかく消化の良い玄米酵素ごはんを

より美味しくお召し上がりいただくコツの一つです。

 

 

玄米酵素ごはんは、食べ慣れて脳がその営養価値を記憶すると、

普通の玄米ご飯では物足りなく感じるようになりますヨ

  

 

玄米に関するQ&A総合ページに戻る

 

 

玄米屋たいぞうの無農薬玄米はコチラから

 

玄米屋たいぞうの減農薬玄米はコチラから

 

 

 

--------------------------------------PR----------------------------------------

 

 

 

 

5月の誠市  

ゴールデンウィークのメインイベント「さばえつつじまつり」が終わっても、鯖江本町の盛り上がりはまだまだ止みません。

 

 

次は鯖江本町恒例の誠市ご縁市が開催されました。

 

 

 5月のご縁市

当日は午前中こそ雨に降られてしまいましたが、昼前には汗ばむ陽気に恵まれて大勢の来場客でにぎわった誠照寺とコマチ商店街ロード。

 

 

コマチ商店街ロードで開催されているご縁市では、新たな出店者もあって益々パワーアップした模様。

 

 

5月のご縁市こうしてイベントのたびに新しい出会いを得ることが出来るのは、とても有り難いことだと思います。

 

 

 

さて、それでは当日の玄米屋たいぞうの売り上げ等の詳細報告を以下に発表します。

 

 

 

5月8日(日)の誠市&ご縁市での販売品目および売り上げ詳細報告

 

・ かな子の玄米ごぱん(3個入り300円)  9袋            2,700円

・ かな子の玄米ゴパン全粒粉仕立て(5個入り600円) 1袋      600円

・ 新・かな子の玄米ごぱん全粒粉(3個入り390円) 4袋       1,560円

・ 玄米焼きドーナツ「こびり」(1個200円)  25個           5,000円

・ 発芽玄米酵素ごはん(1パック250円)  7パック          1,750円

・ 黒米おはぎ(6個入り500円)  33パック              16,500円

・ 黒米おはぎ(2個入り180円)  24パック               4,320円

・ 究極の玄米おにぎり(1個200円) 21個               4,200円

・ 玄氣玉(1個50円) 110個                       5,500円

・ 黒米玄米茶(1本150円) 7本                     1,050円

・ その他自然食品等                             2,700円

 

                           合計            45,880円  

 

 

各経費の詳細

 

原材料費(それぞれをみなしで計算)(包装資材含む)         17,790円

出店料                                      1,000円

アルバイト代(岡本Kun)                           4,000円

その他経費(約10%)                             4,580円

 

                            合計           27,370円

 

                           売り上げ -  経費 =   18,510円

 

 

5月8日(日)の誠市&ご縁市における玄米屋たいぞうの利益は18,510円でした。

 

 

この利益の10%にポケットマネーを足した2,000円を以下の支援先に振り分けて寄付いたします。

 

鯖江市役所内「さばえまちづくり基金」 に 1,000円

環境ふくい推進協議会「ふくい生物多様性保全支援事業基金」 に 1,000円

 

環境保全寄付金領収書

(環境ふくい推進協議会の寄付金は35回、36回のソーシャルビジネス分とあわせて寄付いたしました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鯖江市長の牧野さん

 

 

右の写真は毎回のイベント際には必ずといってよいほど顔を出し、陽気な笑顔で皆に挨拶回りをすることを欠かさない、誠実で皆からの人望がすこぶる厚い鯖江自慢の牧野百男市長

 

 

 

 

こちらは鯖江市若手ホープ、期待の星、カメラ男子ことマサローkun。5月の誠市

 

 

 

 

 

 

そして玄米屋たいぞうのさばえ焼きイナリを美味しそうに頬張る、ご縁市、いやサバエ随一の美人スタッフNさん。

 

 

 

5月のご縁市

 

 

 鯖江市は牧野市長をはじめ、たくさんの魅力的な人物がおり、それが鯖江市のパワーの源泉であることは言うまでもありません。

 

 

 

このサバエという町にはまだまだ本当にたくさんの個性的かつパワフルかつ魅力的な人物がおり、紹介しだすとキリがありませんが、ぜひこの鯖江のまちに遊びに来ていただき、その魅力を存分に味わっていただければ幸いに思います。

 

 

 

第37回目 「さばえつつじまつり~賑わい横丁~」 に戻る

第39回目 「6月の誠市&ご縁市 2011」 に続く

 

 

 

前のページに戻る

 

 

 

玄米酵素ごはんでつくる中華風菜飯 材料2~3人分:
・玄米酵素ごはん(3日目)     1袋(3食分)
・さっと茹でて水気をきった葉物 200g(大根葉、カブの葉、小松菜、菜花やほうれん草など何でもOKです)
・ねぎのみじん切り          10cm分
・にんにくのみじん切り       小さじ1
・生姜のみじん切り    小さじ1と1/2
・豆板醤またはタカの爪    少々
・サラダ油          小さじ2
・酒                          大さじ1
・しょうゆ                    大さじ1/2
・オイスターソース     小さじ1/2
・胡麻油                         大さじ1/2
・ちりめんじゃこ    大さじ2
・白胡麻        大さじ1      ① 菜っ葉は洗ってさっと湯がき、よく水気を切って1cm幅で切り刻む。
② フライパンにサラダ油を熱し、ねぎ、生姜、にんにく、豆板醤を炒め、きつね色になったら①の菜っ葉を加え、さらに炒める。
③ ②を酒、しょうゆ、オイスターソースで調味し、火をとめてからちりめんじゃこと白胡麻、胡麻油を加えて混ぜる。
④ 玄米酵素ごはんに③を混ぜ込んで完成

 

 

【材料】:2~3人分中華風玄米菜飯

・玄米酵素ごはん(3日目)  1袋(3食分)

・さっと茹でて水気をきった葉物 200g (大根葉、カブの葉、小松菜、菜花やほうれん草など何でもOKです)    

・ねぎのみじん切り     10cm分

・にんにくのみじん切り   小さじ1

・生姜のみじん切り    小さじ1と1/2   

・豆板醤またはタカの爪    少々     

・サラダ油         小さじ2     

・酒   大さじ1

・しょうゆ  大さじ1/2

・オイスターソース  小さじ1/2

・胡麻油 大さじ1/2

・ちりめんじゃこ    大さじ2        

・白胡麻       大さじ1

 

【作り方】:所要時間約15分

① 菜っ葉は洗ってさっと湯がき、よく水気を切って1cm幅で切り刻む。          

② フライパンにサラダ油を熱し、ねぎ、生姜、 にんにく、豆板醤を炒め、きつね色になったら ①の菜っ葉を加え、さらに炒める。    

③ ②を酒、しょうゆ、オイスターソースで調味し、火をとめてからちりめんじゃこと白胡麻、胡麻油を加えて混ぜる。           

④ 玄米酵素ごはんに③を混ぜ込んで完成。

 

 

 

 

初回注文は50%OFFで実施中!ヨシケイの食材宅配サービス♪

      

 

 

賑わい横丁の様子  

 

鯖江市が誇る歴史公園「西山公園」では、毎年ゴールデンウィークの期間中に鯖江三大花物語の主役といえる「さばえつつじまつり」が開催されています。

 

 

そのつつじまつりと連動するカタチで開催されるイベント「賑わい横丁」が今回のソーシャルビジネスの舞台です。

 賑わい横丁の様子

 

鯖江本町商店街の大通りが歩行者天国となって、道なりに様々な模擬店がずらりと並ぶ賑わい横丁。

 

 

アマチュアながらもプロ顔負けのそばを打つ、地元のそば愛好家の方々が提供する越前蕎麦は最高です!

 

賑わい横丁の様子

鯖江のB級グルメのエース「サバエドッグ」や、鯖江青年団の方々が提供する大釜カレーなども大人気。

(残念ながら写真を撮り忘れました・・・)

 

 

食べ物だけでなく、様々な物販や路上ライブ、ミニ電車やロードトレインなどなど、実に様々な催しが目白押しのイベントは、今年も大勢の観光客で文字通り大賑わいでした。

 

賑わい横丁の様子

賑わい横丁は毎年二日間の開催となりますが、今年も両日共に過ごしやすいお天気に恵まれ、いつものコトながらお天道には本当に感謝するばかりです。

 

 

また、イベントの無事開催は運営スタッフの方々や関連業者の方々のご尽力、そして地元の方々の温かい応援のおかげです。

 

 

 

賑わい横丁の様子

そして何よりもたくさんのお客様のおかげで、玄米屋たいぞうも良き商いを収めることができました。

 

 

 

この場を借りて多数様に深く御礼を申し上げます。

 

 

 

 

 

 

それでは今回のイベントでの売り上げ等の詳細報告を以下に発表します。

 

 

5月3日(火)の賑わい横丁での販売品目および売り上げ詳細報告

 

 

・ かな子の玄米ごぱん(3個入り300円)  8袋          2,400円

・ かな子の玄米ゴパン全粒粉仕立て(5個入り600円) 3袋   1,800円

・ 玄米焼きドーナツ「こびり」(1個200円)  12個         2,400円

・ 発芽玄米酵素ごはん(1パック250円)  12パック        3,000円

・ 黒米おはぎ(6個入り500円)  40パック             20,000円

・ 黒米おはぎ(2個入り180円)  60パック             10,800円

・ さばえ菜花とハマグリの玄米おこわ(1パック500円) 12パック 6,000円

・ さばえ菜花とハマグリの玄米おこわ(1パック330円) 22パック 7,260円

・ 黒米玄米茶(1本150円) 3本                      450円

・ その他自然食品等                             2,100円

 

                           合計            56,210円

 

 

 

 各経費の詳細 (5月3日)

 

原材料費(それぞれをみなしで計算)(包装資材含む)        18,060円

その他経費(約10%)                             5,600円

 

                           合計            23,660円

 

                       売り上げ -  経費 =   32,550円

 

 

 

 

5月4日(水)の賑わい横丁での販売品目および売り上げ詳細報告

 

 

・ かな子の玄米ごぱん(3個入り300円)  2袋             600円

・ かな子の玄米ゴパン全粒粉仕立て(5個入り600円) 2袋    1,200円

・ 新・かな子の玄米ゴパン全粒粉(3個入り390円) 5袋      1,950円

・ 玄米焼きドーナツ「こびり」(1個200円)  25個          5,000円

・ 発芽玄米酵素ごはん(1パック250円)  20パック         5,000円

・ 黒米おはぎ(6個入り500円)  30パック             15,000円

・ 黒米おはぎ(2個入り180円)  40パック              7,200円

・ さばえ菜花とハマグリの玄米おこわ(1パック500円) 8パック  4,000円

・ さばえ菜花とハマグリの玄米おこわ(1パック330円) 20パック 6,600円

・ 黒米玄米茶(1本150円) 3本                      450円

・ その他自然食品等                             6,450円

 

                            合計           53,450円

 

 

 

 各経費の詳細 (5月4日)

 

原材料費(それぞれをみなしで計算)(包装資材含む)       19,800円

その他経費(約10%)                            5,300円

                            合計           25,100円

 

                        売り上げ -  経費 =  28,350円

 

 

                       3日、4日の利益の合計   60,900円

 

 

 

賑わい横丁イベント二日間での玄米屋たいぞうの利益は60,900円でした。

 

 

この利益の10%である6,090円を以下の支援先に振り分けて寄付いたします。

 

 

鯖江市役所内「さばえまちづくり基金」 に 2,030円

環境ふくい推進協議会「ふくい生物多様性保全支援事業基金」 に 2,030円

福井県共同募金会「東日本大震災義援金」 に 2,030円

 

 まちづくり基金の領収書環境ふくい推進協議会への寄付金の領収書共同募金会の領収書

 

 

賑わい横丁の様子

 

これらの支援先につきましては私が自由に選択していますが、どれも「場」の秩序を維持創造する目的のために使われる義援金です。

 

 

 

私が住んでいる町「鯖江」が活性化するようなまちづくり事業を支援する「さばえまちづくり基金」

 

賑わい横丁の様子

私が住んでいる福井県のこの豊かな自然を維持していくために必要な事業を支援する「ふくい生物多様性保全支援事業基金」

 

 

私が住んでいる日本で今、大きな傷を負った東北地方が速やかな復興を遂げるために役立つ公共事業を支援する「共同募金会の災害復興義援金」

 

 

 

こうした支援先を自らで選択することで、自分の共同体への帰属意識がより強まり、共同体へのいっそうの責任感が生まれてくるものです。

 

 

そういったところにソーシャルビジネスを行っていく本当の意味があると私は考えています。

 

 

 

第36回目 「鯖江3大花物語『さばえ菜花まつり2011』の巻」 に戻る

第38回目 「5月の誠市&ご縁市2011」 に進む

 

 


前のページに戻る

 

 

 

 

 

TOP
サムライの魂
サムライの夢
ご案内
お問い合わせ


【フードコーディネーター講座】

たのまなの無料資料請求についてのご案内と講座レビュー






乾燥肌、敏感肌、トラブル肌に
【アクアゲルマジェル】




Pierrot 【ピエロ】

e1311-022106_1.jpg




【ダイエット遺伝子検査キット】

DNAダイエット分析のご案内


   






【開運グッズ・楽喜SHOP】

大人気!簡単開運グッズ集

【ラッキーアイテム体験日記】




【サジージュース】
購入した体験感想レビュー




 【ルイボスティーランキング】

ルイボスティーランキングサイト


ノバテック体験ブログ

ティーライフ体験ブログ

アールティー体験ブログ



【安心お試し野菜】

購入した感想と作った料理


  


【Oisixお試しセット】

購入した感想と作った料理


  


【無農薬野菜のミレー】

購入した感想と作った料理


   


【ビオ・マルシェ】

お試し野菜の購入体験ブログ


ビオマルシェのお試し野菜セット


【宅配野菜比較レビュー】

宅配野菜比較レビュー



【ピカイチ野菜くん】 

  


【お得な格安航空券比較サイト】




【漫画高価買取店ランキング】

漫画高価買取店ランキング



【携帯買取ショップ比較サイト】

携帯買取ショップ比較サイト



【オーディオ買取店ランキング】

【オーディオ高価買取おすすめ店ランキングサイト】~全国の中古オーディオ買取店の中から高額買取で評判の良いオーディオ買取人気店おすすめBEST8を紹介する情報サイトです~



【宅配買取おすすめランキング】

宅配買取おすすめランキングサイト



【着物買取店ランキング】

着物買取店ランキングサイト



【着物買取おすすめ店特集】

全国の着物買取店の中から高額買取で評判の良い人気買取おすすめ店BEST8を紹介する情報サイトです



【フィギュア買取おすすめ店特集】

全国のフィギュア買取店の中から評判の良い買取店おすすめBEST8を紹介する情報サイトです



【ブランド買取おすすめBEST8】

ブランド品の高価買取おすすめ店BEST8



【ブランド買取人気店33社比較】

全国のブランド品買取人気店33社の中から、高額買取が期待できるおすすめの買取店を、買取対象商品ジャンルごとにランキング形式でご紹介しています



【時計買取人気店ランキング】

全国の時計買取店の中から高額買取で評判の良いおすすめ宅配買取店BEST8を紹介する情報サイトです



【バイク買取人気店ランキング】

全国のバイク買取店の中から高額買取で評判の良いおすすめ買取店BEST8を紹介する情報サイトです



【バイク一括査定おすすめ特集】

様々なバイク一括査定サービスサイトの中から利用しやすく評判の良い一括査定サービス会社BEST8を紹介するおすすめ情報サイトです




 【楽天ショップおすすめ】

【いい快互服ドットコム】


興和堂さんの体臭、加齢臭、ワキガ臭、子どもの汗のニオイまでニオイの悩みを解決する方法



【アフィリエイトチャレンジ】

アフィリエイトチャレンジの案内





Yahoo!ブックマークに登録


count