玄米と食育の店『玄米屋たいぞう』

  TOP たいぞう通信 ブログ おすすめ本 アーカイブ その他

2011年8月アーカイブ

 

わいわいフェスタの様子  

 

8月の最終週の土日はサンドーム福井にて開催された「わいわいフェスタ2011」に出店した玄米屋たいぞうです。

 

 

 

わいわいフェスタ2011では県内企業や学校など様々な団体がブースを設け、夏休み中の子供達向けに体験型のイベントを多数用意しておりました。わいわいフェスタの様子

 

 

 

技術立国である日本の未来の躍進のために、少しでも多くの子供達にものづくりに興味をもってもらおうという趣旨のイベントです。

 

 

 

わいわいフェスタの様子

ちなみに玄米屋たいぞうはものづくりとは別段関係なく、地元の飲食サービス店としての参加です。

 

 

 

会場はたくさんの親子連れで賑わい、各ブースでは親子共々様々な体験を楽しんでいたようです。

 

 

 

わいわいフェスタの様子会場にはステージも設けられ、ミニコンサートやよさこいの披露、地元保育園、小学校の児童による発表会などなど様々な催しが用意されておりました。

 

 

 

このわいわいフェスタは毎年1万人を超える集客を誇る人気イベントだそうですが、今年も非常に多くの家族連れで賑わったようです。

 

 

わいわいフェスタの様子

 

このイベントには今回が初めての出店となった玄米屋たいぞうですが、おかげ様でまずまずの商売をさせていただくことができました。

 

 

 

 

 

今回の出店をお誘いいただきました福井県産業会館の職員の方々ならびにお客様各位に深く御礼を申し上げます。

 

わいわいフェスタの様子

 

 

 

 

 

・・・それでは今回も玄米屋たいぞう恒例のイベントにおけるソーシャルビジネスとしまして、当日の詳細報告を以下に発表したいと思います。

 

 

 

 

 

8月26日(土)、27(日)のわいわいフェスタ2011における販売品目ならびに売り上げ詳細

 

・究極の玄米おにぎり  155個(1個200円)                  31,000円

・玄米あずきバー(1本100円)  21本                       2,100円

・玄米焼きドーナツこびり(1個170円~イベント特別価格~)  237個    40,290円

・かな子の玄米ゴパン(3個入り300円)  28袋                   8,400円

・かな子の玄米ゴパン八割全粒粉仕立て(3個入り390円)  30袋        11,700円

・黒米玄米茶(1本150円)   8本                           1,200円

 

                                   合計         94,690円

 

 

各経費の詳細

 

原材料費(それぞれをみなしで計算)(包装資材含む)(売れ残りロス分含む)   45,180円

その他経費(約10%)                                   9,400円

出店料                                            5,200円

 

                                     合計         59,780円

 

                              売り上げ -  経費 =   34,910円

 

 

 

この両日のイベントにおける玄米屋たいぞうの利益は34,910円でした。

 

 

この利益の10%にポケットマネーを足した3,600円を以下の支援先に振り分けて寄付いたします。

 

 

鯖江市役所内「さばえまちづくり基金」1,200円

環境ふくい推進協議会「ふくい生物多様性保全支援事業基金」1,200

福井県共同募金会「東日本大震災義援金」1,200円

 福井県共同募金会の領収書

さばえまちづくり基金の領収書環境ふくい推進協議会への寄付金の領収書

 

 

 

 わいわいフェスタの様子

 

日本という小さな島国が、わずか50年程の間にこれほどまでに飛躍的な発展を果たしてこれたのは、先人達や今の国民の多くの方々が高い技術力を磨き続けてきたからに他なりません。

 

 

ただ、今後もこの社会を維持発展させるためには、社会全体でさらなる高度な技術力を求めていかなければならないのでしょう。

 

わいわいフェスタの様子

 

自然志向の玄米屋としましては、これ以上の発展や都市化は望んではおりませんが、グローバル経済に依って発展を果たした今の社会のシステムを維持していくためには、やはり私達が技術力の向上を求めていくことは必須となるわけです。

 

 

願わくば、人に刹那の快楽や喜びを与えるためばかりの技術ではなく、人の社会に長期的な安定と安心をもたらすようなエネルギー技術が生まれますように。

 

 

 

第44回目 「さばえ環境フェア2011」 に戻る 

第46回目 「9月の誠市&ご縁市2011」 に進む

 

 


前のページに戻る

 

 

 

首長以蔵~くびながいぞう~

 

A. 「なぜ小豆を入れるのか?」についての科学的な検証や研究結果は残念ながら未だありません。

 

玄米(米)と小豆の組み合わせや、その営養学的な価値は江戸時代よりもずっと以前から知られており、当店では基本的にはそうした伝統、経験則に則って提供をしているということでご了承いただけますと幸いです。

 

 

ちなみに小豆の代わりに黒豆などの他の豆類を入れても玄米酵素ごはんをつくることが出来ることは確認されています。

 

 

ただし、仕上がり及び途中経過における味はそれぞれに異なりますし、大豆などでは腐敗してしまうこともあるようです。

 

また、小豆を入れなくても玄米ご飯の軟化が進むことを確認しておりますが、そうした玄米ご飯については細菌検査を行っておらず、あくまでも目視や実食などによる安全検査のみでの判断となっておりますことを、どうぞご了承ください。

 

  

 

玄米に関するQ&A総合ページに戻る

 

 

玄米屋たいぞうの無農薬玄米はコチラから

 

玄米屋たいぞうの減農薬玄米はコチラから

 

 

 

--------------------------------------PR----------------------------------------

 

 

 

 

秋鮭とたっぷり野菜の蒸し焼き

鮭とたっぷり野菜の蒸し焼き鮭とたっぷり野菜の蒸し焼き

 

秋鮭とたっぷり野菜の蒸し焼き~味噌仕立て~

【材料】:2人分

・鮭切り身・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2切れ

・キャベツ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・150g

・玉ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1/4個

・しめじ、エリンギ、人参、かぼちゃ、さつま芋

とうもろこし、じゃが芋、ピーマンなどなど ・・・・・・ 適量

・サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1

・バターまたは胡麻油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1/2

 

※ キャベツと玉ねぎ以外の野菜については特にこだわらなくとも、あり合わせで美味しく仕上がります

 

【調味料】

味噌・・・・・・・大さじ1と1/2

日本酒・・・・・・・大さじ2 

みりん・・・・・・・ 大さじ1

醤油・・・・・・・・・小さじ1

 

 

【作り方】所要時間約20分

1.鮭の両面に塩をふっておく。  

2.キャベツはざく切り。玉ねぎはくし型にカット。

  他の野菜は食べやすい大きさでそれぞれ適当な大きさにカット。 

3.フライパンにサラダ油を入れ、鮭の両面を焼き色がつくまで焼く。

4.②の野菜と、あらかじめ合わせておいた調味料をフライパンに入れ、フタをして弱火で10分程度蒸し焼きする。

5.バター(苦手な方は胡麻油)を入れ、全体に絡まるようにざっくり 混ぜ、器に盛り付けて完成。 

 

 

 

初回注文は50%OFFで実施中!ヨシケイの食材宅配サービス♪

      

 

 

さばえ環境フェア2011

 

8月20日(土)に鯖江市の嚮陽会館にて開催された『さばえ環境フェア』 の様子です。

 

 

この日は市内外の環境関連団体や環境推進企業による活動の展示、市民による様々なアトラクションや講演会などが催されました。

 

 

さばえ環境フェア2011

 

当日は大勢の来場客で賑わい、鯖江市民の環境問題への関心の高さをあらわしているようでした。

 

 

 

原発事故をきっかけに、個人におけるエネルギー自立自給自足型生活の確立に強い興味を持つようになった私ですが、その私の最近のもっぱらの憧れは、脱化石燃料による稲作と家庭用太陽光発電システム、そして電気自動車の3つです。

さばえ環境フェア2011

 

 

イベントでは電気自動車の試乗体験も用意されておりましたので、会場のスタッフの方に色々とお話を伺いました。

 

 

 

個人的には電気自動車はこれから発展していく工業製品の代表格となるであろうことは間違いないと考えています。

さばえ環境フェア2011

 

 

 

問題はそのエネルギー(電気)の供給源ですが、従来のように国家や大企業が提供する大規模エネルギーの供給に依存するばかりではなく、個人レベルや自治体レベルにおける太陽光や小水力、風力発電によるエネルギーの自立供給を可能とし、それを推進していくことが大事なのではないか?・・・私はそう考えています。

 

 

響陽会館の庭の様子

そうしていくことによって、環境の面でも、人々の暮らしの安定の面でも、従来の生活スタイルとは根本的に異なった新しい、そしてより高尚な社会が創造されていくことになるのではないかと思い、私はついついワクワクした気分になってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

さばえ環境フェア2011

・・・そんな妄想を抱きながら出店参加したさばえ環境フェア2011でしたが、おかげ様で商売の方も良い結果を収めることができました。

 

 

 

これも環境フェア実行委員会の方々をはじめ、エコネットさばえの職員の方々、鯖江市職員、そして何より市民の皆様のおかげであり、この場を借りて心から感謝を申し上げます。

 

 

 さばえ環境フェア2011

 

 

・・・それでは今回も恒例のソーシャルビジネスとしまして、当日の玄米屋たいぞうの売り上げ詳細報告を以下に発表したいと思います。

 

 

 

 

 

8月20日(土)のさばえ環境フェアにおける販売品目ならびに売り上げ詳細

 

・さばえ玄米焼きイナリ(3個入り250円)  40パック               10,000円

・玄米あずきバー(1本100円)  100本                       10,000円

・玄米焼きドーナツこびり(1個170円~環境フェア特別価格~)  75個    12,750円

・究極の玄米おにぎり(1個200円)  50個                     10,000円

・かな子の玄米ゴパン(3個入り300円)  7袋                     2,100円

・かな子の玄米ゴパン八割全粒粉仕立て(3個入り390円)  5袋          1,950円

・黒米玄米茶(1本150円)   12本                           1,800円

 

                                    合計         48,600円

 

 

各経費の詳細

 

原材料費(それぞれをみなしで計算)(包装資材含む)                20,250円

その他経費(約10%)                                   4,860円

 

                                     合計         25,110円

 

                              売り上げ -  経費 =   23,490円

 

 

 

この日のイベントにおける玄米屋たいぞうの利益は23,490円でした。

 

 

この利益の10%にポケットマネーを足した2,400円を以下の支援先に振り分けて寄付いたしました。

 

 

鯖江市役所内「さばえまちづくり基金」800円

環境ふくい推進協議会「ふくい生物多様性保全支援事業基金」800円

福井県共同募金会「東日本大震災義援金」800円

 福井県共同募金会の領収書さばえまちづくり基金の領収書環境ふくい推進協議会の領収書

 

 

 

 

 

 

 

(なお、鯖江まちづくり基金の寄付金については、前回の分とまとめて寄付しました)

 

 

 

日本のエネルギーの問題は、明治維新の頃から始まり今もなお解決策を持たない、非常に難しい問題ではありますが、近代化と共に発展してきた個人主義の現状を省みれば、やはりエネルギーの問題は個々人への責任へと回帰していくべきものではないかと考えてしまいます。

 

 

もちろん、人それぞれに考えはあるでしょうが、少なくとも私は最低限の生活に必要なエネルギーを自給できるような生活スタイルの確立を目指して頑張っていきたいなァ・・・と夢を描いた8月の中日でした。

 

 

 

第43回目 「8月の誠市&ご縁市2011」 に戻る

第45回目 「わいわいフェスタ2011 IN サンドーム福井」 に進む

 


前のページに戻る

 

 

 

福井県は国が定めた放射性物質検査対象地域には該当してはおりませんが、消費者の安心安全の確立のために、県内全域において独自に放射性セシウムの調査検査を行いました。

 

まずは早稲種であるハナエチゼンが検査を終えており、県内16市町を対象に収穫前と収穫後の2段階で検査した結果、すべてが検出限界を下回る『不検出』となりました。

 

 

なお、コシヒカリやイクヒカリ、キヌヒカリ、酒米の五百万石などにつきましても、9月以降の調査検査が予定されております。

 

福井県産の米穀につきましては、放射性物質による被害は無いことが科学的にも証明されております。(平成23年度産玄米)

 

また、当店の玄米食用の玄米は自主的な放射性物質検査も行っており、放射性物質は一切検出されませんでしたので、どうぞご安心ください。(平成23年9月13日、9月21日検査)

 

福井新聞記事切り抜き

 

 

 

問い合わせ用アイコン

前のページに戻る

 

 

 

8月の誠市  

 

毎月第2日曜日に開催される鯖江本町名物イベント『誠市』ならびに『ご縁市』ですが、8月の第2日曜日は14日となるため、会場である誠照寺が盆の入りで忙しいこともあり、8月の誠市とご縁市に限り13日の土曜日の開催となりました。

 

 

 

8月の誠市土曜日の開催ということで、ご縁市についてはさらに開催時間が午後5時から午後9時までの変更となったため、この日の鯖江本町は早朝から夜遅くまで通しのイベントで大賑わいの様子を見せたものです。

 

 

福井県の鯖江市という街は本当に面白いところで、あちこちで様々なソーシャルなイベントが開催されており、住民が醸しだす独特の温かい雰囲気は何とも心地よく、ぜひ多くの方々にこの街の素晴らしさを知って貰いたいなァと常々思っています。ご縁市の様子

 

 

鯖江市の中でも特に本町というところにはアツい人達がたくさん居りまして、何かと話題に尽きない地域でもあります。

 

 

今月は玄米屋のご近所さんである「ミート&デリカささき」さんの『サバエドッグ』が全国版テレビ番組の「秘密のケンミンショー」で大きく取り上げられたこともあり、連日行列を作るだけでなく、県外からも多くの方々が鯖江本町にお見えになったようです。8月の誠市

 

 

 

ささきさんとはイベントでよく一緒になりますが、サバエドッグはいつも長蛇の列でして、毎回完売するほどの大人気商品です。

 

 

この8月の誠市とご縁市でももちろん大人気で、歩く人達みんながサバエドッグを片手に歩いていたのではないか?と思われるほどでした(少々大げさですが・・)ご縁市の様子

 

 

 

そんな鯖江本町の8月の中日、玄米屋たいぞうもおかげ様でまずまずの商売をさせていただくことができました。

 

 

 

ご縁市の様子これもいつも玄米屋をご愛顧くださるお客様をはじめ、イベントの開催を表からも裏からも支えてくれている商工会議所や市役所、商店街会員の方々などのご尽力あってのことと、この場を借りて深く感謝いたします。

 

 

 

 ありがとうございます

 

 

 

・・・それでは当日の売り上げ詳細報告を以下に発表します。

 

 

 

8月13日(土)の誠市ならびにご縁市における販売品目ならびに売り上げ詳細

 

・黒米おはぎ(6個入り500円)  11パック            5,500円

・黒米おはぎ(2個入り180円)   7パック            1,260円

・さばえ玄米焼きイナリ(3個入り250円)  6パック       1,500円

・玄米あずきバー(1本100円)  120本             12,000円

・ベジタブル玄米カレー(1食500円) 42食           21,000円

・カレー用温泉卵(1個100円)  24個               2,400円

・玄米焼きドーナツこびり(1個200円) 45個           9,000円

・玄米焼きドーナツこびり見切り販売分(1個100円) 25個   2,500円

・かな子の玄米ゴパン(3個入り300円)  10袋          3,000円

・お茶(1本120円)     6本                      720円

・黒米玄米茶(1本150円)   3本                   450円

・その他自然食品                             2,320円

 

                           合計         61,650円

 

各経費の詳細

 

原材料費(それぞれをみなしで計算)(包装資材含む)       25,060円

その他経費(約10%)                          6,165円

出店料                                   1,000円

 

                           合計         32,225円

 

 

                     売り上げ -  経費 =   29,425円

 

 

 

この日の玄米屋たいぞうの利益は29,425円でした。

 

 

この利益の10%にポケットマネーを足した3,000円を以下の支援先に振り分けて寄付いたしました。

 

 

鯖江市役所内「さばえまちづくり基金」1,000円

環境ふくい推進協議会「ふくい生物多様性保全支援事業基金」1,000円

福井県共同募金会「東日本大震災義援金」1,000円

 

福井県共同募金会の領収書

さばえまちづくり基金の領収書

環境ふくい推進協議会の領収書

 

 

 

 

 

 

 

(鯖江まちづくり基金の寄付金については、次回の「さばえ環境フェア2011」の分とまとめて寄付しました)

 

 

 ご縁市にて

 

 先に「鯖江にはアツい人達が多い」と書きましたが、もう一つ鯖江にはこれまた美人も多いんですね~

 

 

 

夏の誠市&ご縁市では、たくさんの浴衣美人のお目にかかることができますので、店主の鼻の下も伸びっぱなしでございました。ご縁市にて

 

 

 

 

 

いや、ホントに鯖江には美人が多いんです。

 

 

 

ご縁市にて

 

もちろん爽やか美男子もおりますヨ

 

 

 

 

 

 

ちなみに右の彼女達は10年後にはとんでもないベッピンさんとなっていることでしょうご縁市の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第42回目 「ザ・これが夜店だ! IN 田原町商店街と福井フェニックス祭り」 に戻る

第44回目 「さばえ環境フェア2011」 に進む 

 

 


前のページに戻る

 

 

 田原町商店街の夜店祭り  

8月7日(日)に福井市田原町商店街で開催された夏祭りイベント『ザ・これが夜店だ』

 

 

そして8月6日(土)と7日(日)に福井市中央公園一帯で開催された夏祭りイベント『福井フェニックス祭り』

 

 

8月第一週目の週末はそれぞれのイベントに出店参加しました

田原町商店街の夜店祭り 

 

どちらのイベントも毎年たくさんの人達で賑わっているということで、玄米屋も力んで参加しましたが、今回は残念ながらどちらのイベントも見事に空振りの結果となりました。

 

 

たくさん売れることを予想して、たくさん作って出陣しましたが、どうやら夏祭りのようなハレの日には玄米屋はあまりお呼びではないようですトホホ。

 

田原町商店街の夜店祭り

 

 

今回はかなりの売れ残りがでたため、半額販売や廃棄ロスなどにより利益は出ませんでしたが、販売の際に玄米焼きドーナツこびりの売り上げの5%を東日本大震災被災者への寄付にあてることをお客様にお約束しておりましたので、今回のソーシャルビジネスにおける寄付金の算出はこびりの売り上げの5%を計上いたします。

 

 

 

以下、それぞれのイベントでの売り上げ等の詳細報告をいたします。

 

 

 

 

8月6日(土)の福井フェニックス祭りにおける販売品目および売り上げ詳細

 

 

・さばえ玄米焼きイナリ(3個入り250円)        15パック       3,750円

・さばえ玄米焼きイナリ~見切り販売分~(100円)  82パック       8,200円

・玄米焼きドーナツこびり(1個200円)         33個          6,600円

 

                                 合計          18,550円

 

 

 

8月6日(土)の福井フェニックス祭りにおける販売品目および売り上げ詳細

 

 

・玄米焼きドーナツこびり(1個200円)          35個          7,000円

・玄米焼きドーナツこびり~見切り販売分~(100円) 163個        16,300円

 

                                 合計           23,300円 

 

 

                     6日、7日の売り上げ合計          41,850円 

 

 

 

6日、7日の福井フェニックス祭りにおける各経費の詳細

 

 

・原材料費(包装資材費含む)(試食ならびに廃棄ロス分含む)        35,910円           

・その他経費(売り上げの10%)                          4,185円

 

                                 合計          40,095円

 

                        

                               売り上げ - 経費 = 1,755円

 

 

 

なお、玄米焼きドーナツの総売り上げは29,900円となりますので、その5%である1,495円を福井県共同募金会を通じて東北の復興資金として役立てていただけるように寄付いたします。

 

 

 

続いて7日(日)の田原町商店街夏祭り「ザ・これが夜店だ」における販売品目と売り上げ詳細です。

 

 

・玄米焼きドーナツこびり(1個200円)   34個      6,800円

・ベジタブル玄米カレー(1食500円)    28食     14,000円

・黒豆玄米茶(1本150円)           1本       150円

・玄米あずきバー(1本100円)        31本      3,100円

・こびり見切り売り分(1個100円)      10個      1,000円

 

                          合計      25,050円

 

 

 

 

7日(日)の「ザ・これが夜店だ」における各経費の詳細

 

 

・原材料費(包装資材費含む)(試食ならびに廃棄ロス分含む)      25,440円           

・その他経費(売り上げの10%)                        2,505円

・出店料                                       5,000円

 

                            合計             32,945円

 

 

                                                            売り上げ  -  経費  =    ▲7,895円 

 

 

 

 

この日は玄米カレーにかなりの売れ残りがでたため、廃棄ロスによりこのイベントでは残念ながら利益は出ず、赤字となりました。

 

 

ですが、販売の際に玄米焼きドーナツこびりの売り上げの5%を東日本大震災被災者への寄付にあてることをお客様にお約束しておりましたので、ソーシャルビジネスにおける寄付金の算出にこびりの売り上げの5%を計上いたします。

 福井県共同募金会の領収書

 

 

玄米焼きドーナツこびりの売り上げ 7,800円

 

 

 

この売り上げの5%である390円と、先のフェニックス祭りでの寄付金1,495円を足した1,885円を福井県共同募金会を通じて、東北の復興資金として役立てていただけるように寄付いたしました。

 

 

 

 

 田原町商店街の夜店祭り

・・・この二日間のイベントの結果は、正直全くあてが外れたものでしたが、なかなか良い勉強になりました。

 

 

やはり人が大勢集まるイベントというだけでは売れる保証にはなりませんね。

 

 

 

田原町商店街の夜店祭りそういえば昨年も同じ様な失敗をしたことを思い出しましたが、やはり商売は思い切りの良さだけではいけないことを痛感しました。

 

 

入念な下調べがやはり大事です。

 

 

今回の赤字分は有り難い勉強代となりました。

 

 

 

第41回目 「ハニーサンクスデー~福井ミラクルエレファンツ戦~」 に戻る

第43回目 「8月の誠市&ご縁市2011」 に進む

 



前のページに戻る

 

 

水晶とうふ

水晶とうふレシピ

 

 

  【材料】:2人分水晶とうふ

・絹ごし豆腐 ・・・・・・・・ 1丁
・オクラ ・・・・・・・・・・・・  5本
・青しそ(せん切り) ・・・・2枚
・みょうが(せん切り)・・・1本
・万能ネギ(小口切り)・・適量
・おろし生姜・・・・・・・・・・適量
・きざみのり ・・・・・・・・・ 適量
・片栗粉 ・・・・・・・・・・ ・・適量
 

 醤油    大さじ1と1/2       
みりん    大さじ1と1/2        
カツオだし   1カップ       

 

  【作り方】所要時間約20分

1.とうふは一口大に切って水気をふき、 片栗粉を薄くまぶして熱湯で茹でる。
 表面が透き通ったら氷水で冷やす。
 

2.鍋にカツオだし、醤油、みりんを入れ、オクラの小口切りを加えて煮る。 
一煮立ちさせたら火からおろし、よく冷やしておく。        
 

3.水気をきったとうふを器に盛り、②をかける。                                      
      青しそ、みょうが、のりなどの薬味を盛り付けて完成。   

 

※ めんつゆで作っても美味しく仕上がります!

※ とうふは片栗粉をまぶしたものから順に茹でてください

※ お湯はあまりグラグラさせないほうが、豆腐がきれいに仕上がります   

 

 

 

初回注文は50%OFFで実施中!ヨシケイの食材宅配サービス♪

      

 

 

TOP
サムライの魂
サムライの夢
ご案内
お問い合わせ


【フードコーディネーター講座】

たのまなの無料資料請求についてのご案内と講座レビュー






乾燥肌、敏感肌、トラブル肌に
【アクアゲルマジェル】




Pierrot 【ピエロ】

e1311-022106_1.jpg




【ダイエット遺伝子検査キット】

DNAダイエット分析のご案内


   






【開運グッズ・楽喜SHOP】

大人気!簡単開運グッズ集

【ラッキーアイテム体験日記】




【サジージュース】
購入した体験感想レビュー




 【ルイボスティーランキング】

ルイボスティーランキングサイト


ノバテック体験ブログ

ティーライフ体験ブログ

アールティー体験ブログ



【安心お試し野菜】

購入した感想と作った料理


  


【Oisixお試しセット】

購入した感想と作った料理


  


【無農薬野菜のミレー】

購入した感想と作った料理


   


【ビオ・マルシェ】

お試し野菜の購入体験ブログ


ビオマルシェのお試し野菜セット


【宅配野菜比較レビュー】

宅配野菜比較レビュー



【ピカイチ野菜くん】 

  


【お得な格安航空券比較サイト】




【漫画高価買取店ランキング】

漫画高価買取店ランキング



【携帯買取ショップ比較サイト】

携帯買取ショップ比較サイト



【オーディオ買取店ランキング】

【オーディオ高価買取おすすめ店ランキングサイト】~全国の中古オーディオ買取店の中から高額買取で評判の良いオーディオ買取人気店おすすめBEST8を紹介する情報サイトです~



【宅配買取おすすめランキング】

宅配買取おすすめランキングサイト



【着物買取店ランキング】

着物買取店ランキングサイト



【着物買取おすすめ店特集】

全国の着物買取店の中から高額買取で評判の良い人気買取おすすめ店BEST8を紹介する情報サイトです



【フィギュア買取おすすめ店特集】

全国のフィギュア買取店の中から評判の良い買取店おすすめBEST8を紹介する情報サイトです



【ブランド買取おすすめBEST8】

ブランド品の高価買取おすすめ店BEST8



【ブランド買取人気店33社比較】

全国のブランド品買取人気店33社の中から、高額買取が期待できるおすすめの買取店を、買取対象商品ジャンルごとにランキング形式でご紹介しています



【時計買取人気店ランキング】

全国の時計買取店の中から高額買取で評判の良いおすすめ宅配買取店BEST8を紹介する情報サイトです



【バイク買取人気店ランキング】

全国のバイク買取店の中から高額買取で評判の良いおすすめ買取店BEST8を紹介する情報サイトです



【バイク一括査定おすすめ特集】

様々なバイク一括査定サービスサイトの中から利用しやすく評判の良い一括査定サービス会社BEST8を紹介するおすすめ情報サイトです




 【楽天ショップおすすめ】

【いい快互服ドットコム】


興和堂さんの体臭、加齢臭、ワキガ臭、子どもの汗のニオイまでニオイの悩みを解決する方法



【アフィリエイトチャレンジ】

アフィリエイトチャレンジの案内





Yahoo!ブックマークに登録


count