~あなたの手でより良き健康を創造する~ 玄米と食育の店 ”玄米屋たいぞう”(Ⅳ) オリジナルコンテンツ › > 食事療法 › > 太りたい方への玄米食

HP上部選択メニュー  TOP 玄米屋たいぞうの想い 会員マイページ お客様の声 お問い合わせ 店舗案内

太りたい方への玄米食

 

食を以って元氣と成す 

 

  

「玄米食はダイエットにもってこい」

 

 

などといった話は、皆さんもよくご存知でしょう。

 

 

ただ、それだけではなく、

 

玄米を中心とした食生活によって


太りたくても太れない人にとっても


望む効果が得られる可能性があります。

 

 

 

・・・それは一体どういうことでしょうか?

 

 

その理由を知るためには、まずは ”太りたくても太れない人”

 

つまり、”いくら食べても太れない人”

 

その原因を知ることが必要となりますね。

 

 

 

ただし、あらかじめ断っておきますが、

けっして病気の方を対象にした話でなく、

遺伝的な要素が強く関与した体質が原因と思われる方を

対象にした話であることを御理解ください



また、例え話ではありますが、

タンポポがひまわりになろうとしても無理な話で、

タンポポにはタンポポの良さがあり、

太りにくい体質も個性だということを自分自身で認めることが、

まずは大切です

 

それを十分に認識していただいた上で、

今から紹介する、自分の能力を高めるための提案について

御理解いただきます様、お願いいたします。

 

 

 

 

”いくら食べてもなかなか太れない人”には

 

遺伝的な要因や心の問題などなど、

 

実に様々な要因が考えられますが、

 

 

根本的な要因の一つとしては、

 

やはり体質の問題が考えられるでしょう。 

 

 

太れない人の体質は、一般的な人と比べると、

 

各消化器官の消化吸収能力が劣っていることや、

 

体組織生成能力が劣っていることが考えられます。

 

 

 

ですから、そういったタイプの人は

 

一般的な人よりも筋肉が生成されにくく、

 

そのため猫背になるなどして、骨格の歪みが生じ、

 

その結果、血流の流れが悪くなったり、

 

内臓に負荷がかかることでその機能が落ち、

 

ますますの悪循環に陥ってしまう・・・

 

 

・・・といった後天的な原因もが発生してしまうことになるわけです。

 

 

 

簡単に説明すると、以下のような流れになります。

 

 

 小腸での消化吸収能力が比較的低い

   (消化器官の能力や酵素などの生成能力が比較的低い)

    

    または、営養の生成、代謝能力が比較的低い

    体組織生成能力が比較的低い

 

               ↓

 

 筋肉が生成されにくいため、体を支えきれず骨格が歪んでくる

   (猫背など)

 

               ↓

 

※ 骨格が歪む事で内臓が圧迫され、機能低下に結びついたり、

    血流が正常な流れとならずに滞ったりすることで、

    筋肉がますます生成されにくくなる。

 

 

 

ざっと上記のような悪循環のパターンが、太りにくい人達には多いようです。

 

 

・・・なので、先天的な原因である自分の体質を

 

なんとかしなければならないわけですが、

 

人の体質はそう簡単に変わるものでもありません。

 

 

 

ですが、今の食事のスタイルが、


もし自分の体に合っていないものだとしたら・・・


 

自分が食べてきた食事が、本来の自分の能力を

 

活かすことの出来ないものばかりであることを考えたら・・・

 

 

 

そう考えるとどうでしょうか。

 

 

 

 

多くの日本人は胴長短足で、

 

つまり腸が長く発達していることが特徴です。

 

 

なぜ日本人の腸が長く発達しているのかというと、

 

それは日本人が何千年も昔から、

 

米や山菜といった食物繊維の多い食物を、

 

主な営養源として摂取し続けてきた歴史に理由があります。

 

 

 

食物繊維を多く含む食物は、そう簡単には消化吸収できないため、

 

長い年月をかけて日本人は腸を長く進化させてきました。

 

 

 

食物繊維は人体機能では消化できない営養素ではあるのですが、

 

大腸内において、様々な特有の菌が食物繊維を分解発酵する際に生成される

 

「脂肪酸などの物質」を、営養源とすることができるために、

 

大腸を発達させることは理に適っていたのです。

 

 

そのような独自の営養吸収システムを発達させてきたことで、

 

日本人は肉類などの高タンパク質や脂肪を摂取せずとも、

 

米や野菜を中心にした食事で

 

生存生活に必要な営養を賄うことが出来ていたわけです

 

 

 

しかし、現代の私達の身の回りにある食料は、

 

ほとんどが高タンパク、高脂質、高カロリーの性質のものばかりです。

 

 

また、米は精製されることで食物繊維の含有量は極めて少なくなっています。

 

 

 

そして、そうした食料に含まれる営養素は、

 

人間の消化吸収システムにおいては「小腸」で吸収されますが、

 

小腸の消化吸収能力があまり高くないタイプの人は、効率よく吸収できないまま、

 

未消化の食料として大腸に送り込まれることになります。

 

 

そして、その未消化の食料は先に説明したように、

 

大腸内で様々な菌による発酵が促されますが、

 

 

脂質やたんぱく質などの発酵においては、


自分にとって有益となる脂肪酸が発生されることはあまりなく、

 

逆に有害な物質などが発生することが少なくないのです。

 

(日本人に大腸ガンが多い理由としては、

そういったことが大きく影響していると考えられます)

 

 

 

これらのことを踏まえて、現代食の特徴でもある

 

「高脂肪、高タンパク、高カロリーの食事」を摂取しても、

 

体重が増えないという人には、

 

 

未精製の米や野菜などの食物繊維を多く含んだ


「粗食を中心とした食事」を営むこと
を、

 

私はお勧めいたします。

 

 

 

小腸で営養を吸収する能力が低くとも、

 

発達した大腸による営養の吸収システムが

 

大いに役立つ可能性があるのです。

 

 

 

小腸で吸収された営養は、

 

必ず肝臓で代謝されてから、全身に運ばれることになりますが、

 

大腸や直腸などで吸収された営養は肝臓を介さず、

 

直接全身に運ばれるために効率が良いのです。

 

 

この大腸や直腸での効率の良い吸収を説明するにあたって、

「座薬の効き目が早い」という例が、理解を促すことに役立ちます。

 

つまり、吸収された営養(成分)が肝臓を介さず、

直接全身に運ばれることで、非常に即効性のある効果があるわけです。

 

 

 

 

ただし、注意していただきたいのは、

 

食物繊維の多い食事のスタイルに変えたからといって、

 

すぐに効果があるわけではありません。

 

 

大腸内での発酵による脂肪酸などの営養素の生成には、

 

特定の菌の存在がかかせません。

 

 

つまり自分の大腸内が、

 

そうした菌の存在が活発になれるような環境とならないことには、

 

その恩恵を得ることは出来ないわけです。

 

 

有用菌がスムーズに働くような腸内環境にするためには、

 

食事の習慣を変えることがやはり重要となりますが、

 

それによってすぐに腸内環境が変化するわけでもなく、

 

個人差はありますが、半年から1年くらいの時間が必要となるようです。

 

 

ちなみに腸内環境を変えることで得ることの出来る恩恵には

 

「おならや便が臭いが減少する」などといったことも挙げられるでしょう。

 

 

 関連ブログ「大腸の消化吸収システムのお話」

 

 

 

 

 

・・・・話は変わりますが、痩せ型の人には

 

神経症ぎみの人が多いことも見受けられるそうです。

 

 

人は心因ストレス下においては、

 

その脳内で大量のエネルギーが消費されることになりますが、

 

神経症の人は心因的なストレスをしょっちゅう生み出しているため、

 

常に大量のエネルギーを必要とし、結果太らないし、太れない

 

といったことが考えられるわけです。

 

 

そして、さらには脳内での大量のブドウ糖の消費が低血糖症を招き、

 

それによりますます神経過敏を招くといった悪循環もが考えられます。

 

 

この低血糖症による神経過敏を解決するためにも、

 

玄米を中心とした食事法が有効である可能性があるのですが、

 

だいぶ長くなってしまったので、

 

それについてはまた別の機会に述べることにします。

 

 


関連記事  玄米屋たいぞう便り 第18号 「ダイエットと自己肯定」 の話はこちら

 

 

前のページに戻る

  

 

食を以って元氣と成す 

 

 

 

前回のお話 【アレルギーやガンなどの現代病と免疫の話】 はこちらから

 

 

 

玄米を食べることは体に良いと頭では理解していても、

 

玄米を食べることをストレスに感じるという人達は依然として多いようです。

 

 

特に男性にその傾向が顕著に見られますが、

 

その理由にはおそらく本能的なところが大きく関係しているのではないかと

 

私は考えています。

(その考察についてはこちらから)

 

 

 

・・・また、玄米を食べることをストレスに感じる方々の理由を考察すると、

 

現代人特有の脆弱な消化能力というのも挙げられるのではないでしょうか。

 

 

脆弱な消化能力と言うと大変失礼な物言いではありますが、

 

はっきり申しまして今の先進国の多くの人達は自身の内臓の能力を、

 

本来備えていた状態よりも相当に低下させた状態に自ら貶めてしまっている

 

といっても過言ではありません。

 

 

 

これほど充分なる食料に恵まれた状況であるにも関わらず、

 

多くの人達がさらなる「栄養」を求め続け、しかもそれらをより楽に摂取できるよう

 

望んでばかりいるような社会状況である今日

 

 

 

柔らかいものや、甘いもの高脂肪高カロリーなものばかりをもてはやし、

 

消化しづらいものや、営養を摂取しづらいような食品を食べることは

 

敬遠するという傾向に、いつまでも歯止めが効かないのが現実です。

 

 

 

人から敬遠されてしまうような食品については、

 

消化しやすく加工したり、その営養分だけを抽出することによって、

 

より便利でラクなカタチで摂取できる工夫がなされているわけですが・・・

 

 

しかし、それも効率的なようでいて実は肉体をただ甘やかし、

 

その能力を貶めることにつながっているということを私達は認識する必要があるのです。

 

 

 

戦前生まれの方々や途上国の人達と比べれば、

 

常に自身を甘やかすような食生活を送り続けている現代人の「内臓力」は、

 

非常に「脆弱」だといえるでしょう。

 

 

 

ですから現代人にとっては、玄米のような消化しづらい食品、

 

様々な雑味成分を含んだ食品は、自分の体にとって優しくはない食品となってしまうため、

 

どうしても敬遠されてしまう傾向がみられるわけです。

 


 


・・・・ところで、あまり脆弱だのなんだのと、人を侮蔑するような物言いをしておりますと

 

「脆弱なことの何が問題なのか?」と憤慨する方も居られるのではないかと思いますが、

 

それに関わる大きな社会的問題の一つとしては

 

医療福祉費用の増加が挙げられます。



医療福祉費の増加が社会感情を不安に貶め、

 

多くの国民に余計な心配を与えてしまっているのが実際の状況です。



 

このことについて、くわしくはまた別のところで書いていきますが、

 

自分ばかりの健康を考えるのではなく、社会の健康を考え、

 

それを創造していくことが自分の健康にもつながっていく

 

ということを考えることが大事となるのです。


 

 

  

・・・自身の消化能力を向上させ内臓力を向上させるためには、

 

あえて消化しづらいものや、そう簡単には営養を抽出することができないような

 

食べ物を進んで食べることが大事だという仮説があるのです。

(もちろん程度と言うものはありますので、その辺は行き過ぎの無いようバランスを考える事が大事でしょう)

 

 

 

 

・・・話は変わって、

 

 

高カロリー、高脂肪で、柔らかい(つまり消化されやすい)食品ばかりを

 

生まれてきたときから食べ続けてきた我々現代人。

 

 

私達は基本的に小腸からの営養吸収システムを主として機能させています。

 

 

しかし、難消化性の食物繊維が豊富な

 

玄米などの未精製の穀物を中心とした食事を摂取した際には

 

小腸での営養吸収だけでなく、大腸での営養の吸収が生じているということを

 

ご存知でしょうか?

 

 

玄米には豊富な食物繊維が含まれていますが、

 

ヒトは食物繊維を消化することは出来ません。

 

 

消化されずに大腸にまで送り込まれた食物繊維は、

 

そこで特定の菌類によって生じる発酵現象の触媒となります。

 

 

すると、その発酵により生じた脂肪酸がヒトの営養として

 

大腸から吸収されることになるのですが、

 

食物繊維の豊富な食品を摂取することによって

 

大腸内での独自の営養吸収が活発化されるというわけです。

 

 

この大腸での営養吸収システムは、

 

肝臓を介さずに直接全身に営養が運ばれるなど、

 

肉体にとって色々な面から効率が良く、

 

日本人は古来よりその能力を進化させてきました。

 

 

玄米自体の持つ営養だけでなく、

 

体内の細菌による発酵によって新しく生成された営養をも吸収するような能力を、

 

日本人という種族は長い年月をかけて磨き続けてきたのです。

 

 

ですから日本人は、大陸の肉食系の人種とは違った、比較的長い腸を

 

発達させてきたわけですが、現在社会においては急激な肉食の普遍化が進むことで、

 

その特徴が逆に自分達の首を絞めることになってきています。

 

 

 

日本人の大腸ガンの増加が、そうした現象の一つとなるわけです。

 

 

 

 

 関連記事  「太りたくても太れない人へ」

 

 

 

  HPでは公開していない特別メールセミナーのご案内です

 

 

 100歳まで元気な現役生活を楽しみたいという方へ 

 出来る限り医療に依存する必要の無い健康な自分で在りたい方へ 

 ほんとうの自分というものを知りたい方へ 

 『確固たる自分の軸』というものを見出せるようになりたい方へ 

 ネガティブをポジティブに転換する智恵と技術を知りたい方へ 

 あまりお金をかけずに長期的な健康を創造するコツとは? 

 ついつい無理や我慢をしてしまう自分を変えたい方へ 

 ついつい情けないなどと思ってしまう自分を、堂々とした自分へと変えたい方へ 

 何かとすぐに疲れてしまう様な人の、その本当の理由と原因とは? 

 すぐに誘惑に負けてしまう弱い自分を変えたい方へ 

 愛する人や家族の健康を守るために、あなたが身につけるべき真の知識とは? 

 

このメール講座では玄米食に関するお話だけでなく、

真の健康のためとなる様々な情報をお伝えしています。

 

この機会にぜひ登録をお願いします (無料メール講座です)

 


お名前(苗字だけ)(必須)
  メールアドレス  (必須)

 

 

 

前のページに戻る

  

玄米屋たいぞうのおすすめ記事


 │ たいぞうの営養講座  │  玄米が健康に良い理由  │  玄米の炊き方について   │   素材へのこだわり 

 

 │ 玄米食の本質 │  本当の感謝とは?  │  玄米とダイエット │  玄米屋たいぞう便り 危険な玄米!? │ 

 

玄米食が不安という方へ    │ 玄米と環境問題   │  現代病と免疫システムの話  │  玄米屋食語録   │ 

 

 寿命と健康   │ 

 

トップページアーカイブ 

商品一覧
ご注文方法
サムライの夢
発芽玄米酵素ごはん
サムライの魂
キン蔵の糠床
玄米屋の玄米小豆バー
オージャの理
玄米料理レシピ
Q$A



【ネットショップ送料の御案内】

常温便送料表


【クール便送料の御案内】

クール便送料表


【玄米屋宝くじの御案内】

玄米屋宝くじの当選番号案内


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

Shuichi Nanbu

バナーを作成


メニューコンテンツ

【トップページ】


【玄米屋のファンページ】


合気道道場 愛結会

合気道 愛結会のホームページ


manaヨーガ学院

manaヨーガ学院のホームページ


鯖江サッカーチームグラスミーゴ

グラスミーゴのホームページ


【GREEN DOG】

GREEN DOGトップページ



日本ナショナル・トラスト協会

社団法人日本ナショナル・トラスト協会のホームページ


 NPO法人 日本綜合医学会

日本綜合医学会


自然再生ふくい行動プロジェクト

福井県のホームページ


は定休日です


Yahoo!ブックマークに登録


count