~あなたの手でより良き健康を創造する~ 玄米と食育の店 ”玄米屋たいぞう”(Ⅳ) オリジナルコンテンツ › > 現代病いろいろ › > アレルギーについて

HP上部選択メニュー  TOP 玄米屋たいぞうの想い 会員マイページ お客様の声 お問い合わせ 店舗案内

アレルギーについて

 

食を以って元氣と成す 

 

 

 

いまや日本人の4人に1人は花粉症に悩まされているそうです。

 

 

他にも「2人に1人はガンに罹る」などとも言われ

(つい何年か前までは3人に1人だったのですが・・・)

 

その発症の若年化も声高に叫ばれています。

 

 

また、若年性の糖尿病を発症する人も、ますますの増加傾向にあるとのこと。

 

 

糖尿病に限らず、どのような病気でも、

 

年を重ねれば体に何かしらの異常をきたすようになるのは

 

それは不思議なことではありません。

 

 

 

ですが、若者であっても先のような異常をきたす出来事が増えてきたという

 

事実については、それを当たり前などと考えてはいけないでしょう。

 

 

 

人生の中で最も肉体が健全であるはずの若者が、

 

先のような自律神経系および免疫系の疾患に悩まされ、

 

健康な肉体を持てない・・・などという出来事には

 

必ず何かしらの理由があります。

 

 

 

その理由を自分(達)ではなく外部環境のせいにすることは、

 

自分(達)を正当化するためには楽(ラク)な行為ですが、

 

私が考える理由、原因は少々違います。

 

 

 

外部環境が原因であることには違いありませんが、

 

現代の社会環境が人が生活するにあまりにも楽(ラク)な環境に

 

なってしまったがために、自らの肉体の自律神経系のコントロール能力や

 

代謝能力、腸内環境などの「脆弱化」を招いてしまったがゆえの結果

 

・・・というのが私の見解です。

 

 

 

ですから、日常の生活において自分の肉体に適度なストレス

(あくまでも適度なストレスです)

 

を与えてやることが、肉体が本来持っている正常な機能を取り戻すために

 

役立つと考えられるわけです。

 

 

 

そして、その適度のストレスを与えるための手段には様々なものが挙げられますが

 

(例えば適度の有酸素運動をすることや、

ある程度不衛生な環境で過ごすことが挙げられます)

 

食品の摂取を考えたときにおいては玄米の摂取こそが

 

現代社会においては日常的に適度なストレスを与えるために、

 

最も便利かつ有効である、と私は考えているのです。

 

 

 

人に適度なストレス(負荷)を与えつつも、人が生きるために必要な

 

営養を豊富に、しかもバランスよく含んでいる食品。

 

 

 

それが「玄米」です。

 

 

 

玄米の摂取による人へのストレス(負荷)には、例を挙げると

 

「ある程度噛まなければならないこと」

「食べてもすぐにはエネルギーとして利用されないこと」

「消化吸収に時間がかかること」

「様々なミネラルを含むがゆえにそれらの代謝活動を必要とすること」

 

などが挙げられます。

 

 

営養をバランスよく含み、それでいて人間の体に適度な負荷を与えることが出来、

 

しかも毎日食べても飽きず、恒常的に摂取しても問題ない食品など

 

「玄米」以外にはそうそう見あたりません。

 

 

 

他に麦飯や雑穀飯なども挙げられますが、営養面はともかく、

 

肉体に適度な負荷を与えることを考えた際には、

 

やはり玄米こそが最適だと言えるでしょう。

 

 

 

アレルギーや免疫不全などの病気はやっかいではありますが、

 

どれほど健康な人間であろうが、人は皆何かしらのアレルギーは持っており、

 

誰もが何らかのアレルギーを発症する可能性はあるのです。

 

 

 

ですが、その発症レベルに人それぞれで違いがあるため、

 

同じ環境でもアレルギーに悩まされる人とそうでない人があらわれるのです。

 

 

 

その自分の発症レベルを改善するためには、

 

「日常的に自分の体に与える適度なストレス」が鍵となるのです。

 

 

それは免疫活動をコントロールしている自律神経系等についても同様です。

 

 

交感神経と副交感神経の正常な働きを促すためには、

 

適度なストレスの存在こそが重要であり、

 

また、自身の内臓等の機能を高めることにも大きく役立つことになるのですが、

 

くわしく書こうと思うと、とんでもなく長い文章を書かなければならないので、

 

ここでは省かせていただきます。

 

 

メール講座の方でくわしく説明していますので、

この機会にぜひ登録をお願いします

 

メール講座の登録はこちらをクリック (無料のメールセミナーです)

 

 

 

・・・とにもかくにも「楽」に慣れてしまった先進国の人間は、

 

自分達がこれ以上のラクばかりを求めて生きることで

 

どのようなリスクを伴うことになるのか?

 

それをしっかりと認識する必要があることだけは

 

間違いないと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

 

前のページに戻る

  

 

 

 

食を以って元氣と成す 

 

 

 

 人の嗜好というものは、人それぞれ、そして瞬間瞬間において様々ですので、いかなる食品であっても「・・・を食べなければならない」などという特定の考えを他人様に押し付けることはナンセンスなことだと私は考えています。

 

 

 人は本来、「その時々の肉体に必要となる営養を摂取できる食物」を選択できる能力を持っているため、その能力を高めることによって、自身にとってより相応しい食べ物を相応しい食べ方で食べることが出来るそうです。

 

 

 しかし、「旨い」「美味しい」と感じる食べ物ばかりが脚光を浴び、さらに資本主義思想および自由市場原理の中で、「旨さ」や「美味しさ」という快楽の感覚ばかりが煽られ続けてきたことにより、今の日本は「旨い」「美味しい」食べ物ばかりの世の中になってしまいました。

 

 

 旨くない食べ物は人工的に「旨み」を添加され、美味しくない食べ物は市場の片隅に追いやられるばかりです。

 

 

 

 アレルギーに悩まされるお子さんをもつ親御さんはご存知でしょうが、アレルギーを発症する理由の一つに高脂質、高タンパクの食料(卵や牛乳など)を摂取することがあります。

 

 

 なぜそのような食品の摂取がアレルギーを引き起こすのでしょうか?

 

 

アレルギーは多因性の病であるため、原因の特定はできませんが、我々親の世代が、「旨い」「美味しい」高脂質、高タンパクの食事ばかりを摂り続けてきたために、自己免疫能力や自律神経系統の制御機能、消化能力などを衰えさせてしまったことが理由の一つとして推測されるのです。(自然界のホメオスタシス理論) 

 

 

栄養豊富な食事ばかりを求めることで、かえって肉体の機能の向上が阻害され衰えてしまうのですが、そうして自ら肉体に生じさせたアレルゲンによって自らの肉体を痛めつけてしまうことになるのです。

 

 

他にも、親が乳幼児に対して安易に加工食品を与えたり、幼児にかけるべき自らの手間を惜しんで経済商品に依存してしまうことが、幼児の肉体機能の正常なる成長を阻害する理由として挙げられるでしょう。

 

 

 

 子供は成長するにつれ肉体の能力も向上していくので、アレルギーは次第に発症しないようになってはいきますが、果たしてそれで安心して良いのでしょうか。

 

 

 

 アレルギーの元々の原因は、いずれにしても安易にラクや便利を求めてきた親(私達)の生活のあり方に原因が考えられるのです。

 

 

 

・・・子供のせいでも食べ物のせいでもありません。



私達の食生活のあり方、つまりは私達のこれまでの生き方に根源的な原因があるのです。

 

 

 

 病の原因を「他の何かのせい」にすれば、自分はラクですし、傷つくこともないでしょう。

 

 

 

しかし、今の私達、自分自身の食生活のあり方を改善しようとしなければ、子供は当然、親(私達)と同じ道を歩むことになりましょう。

 

 

 そして、その子供がやがて親になったときに、また同じようなことが起こってしまう可能性があるのです。

 

 

 しかも、より劇症化した形で起こりうることも考えられるでしょう。

 

 

 そのように考えれば、これからの子供達の未来を想って私たちは一体何をすべきなのか?

 

 

 自ずと答えが出てくるのではないでしょうか。

 

 

 

 ・・・・ただ、こうした話を受け止めて、実際にアトピーやアレルギーのお子さんをもつ親御さんの中には、ご自分を責めてしまうような方も居られるかもしれません。



 しかし、それは私の望むところではありません。



 自分を責めるのではなく、他のせいにして逃げるのでもなく、その苦しみをより良い自分への成長の機会と捉えることが大事なのではないでしょうか。




アレルギーやアトピーばかりでなく、あらゆる「病」というものはより良い成長のために与えられるサインなのではないかと私は考えています。


 

 

 

 

 

 ・・・ところで、私は人が「食べたい」=「ウォンツ」という欲求を、あれこれと「こう食べなければならない」=「マスト」にするべきだとは考えてはいません。

 

 

 

 しかしながらただ一つ、「こうしなければならない」という考えがあります。

 

 

 それが私たち今の親の世代の人達が「食」の分野において、この日本という大きな船に掲げる1本の「マスト」は、「より良い未来へつなぐべき食のあり方を考えなければならない」ということです。

 

 

 そうすれば私達大人が「旨い」「美味しい」食べ物ばかりに惑わされず、伝統食を次の世代に残すことや、たとえ不味いと感じるような食べ物であっても慈しむ心を持つこと、きちんとした食を営む自分自身の背中を子供に見せるなどといったような思いに自然と到達するのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

前のページに戻る

 

玄米屋たいぞうのおすすめ記事


 │ たいぞうの営養講座  │  玄米が健康に良い理由  │  玄米の炊き方について   │   素材へのこだわり 

 

 │ 玄米食の本質 │  本当の感謝とは?  │  玄米とダイエット │  玄米屋たいぞう便り 危険な玄米!? │ 

 

玄米食が不安という方へ    │ 玄米と環境問題   │  現代病と免疫システムの話  │  玄米屋食語録   │ 

 

 寿命と健康   │ 

 

トップページアーカイブ 

商品一覧
ご注文方法
サムライの夢
発芽玄米酵素ごはん
サムライの魂
キン蔵の糠床
玄米屋の玄米小豆バー
オージャの理
玄米料理レシピ
Q$A



【ネットショップ送料の御案内】

常温便送料表


【クール便送料の御案内】

クール便送料表


【玄米屋宝くじの御案内】

玄米屋宝くじの当選番号案内


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

Shuichi Nanbu

バナーを作成


メニューコンテンツ

【トップページ】


【玄米屋のファンページ】


合気道道場 愛結会

合気道 愛結会のホームページ


manaヨーガ学院

manaヨーガ学院のホームページ


鯖江サッカーチームグラスミーゴ

グラスミーゴのホームページ


【GREEN DOG】

GREEN DOGトップページ



日本ナショナル・トラスト協会

社団法人日本ナショナル・トラスト協会のホームページ


 NPO法人 日本綜合医学会

日本綜合医学会


自然再生ふくい行動プロジェクト

福井県のホームページ


は定休日です


Yahoo!ブックマークに登録


count