~あなたの手でより良き健康を創造する~ 玄米と食育の店 ”玄米屋たいぞう”(Ⅳ) オリジナルコンテンツ › > 現代病いろいろ › > 平均寿命

HP上部選択メニュー  TOP 玄米屋たいぞうの想い 会員マイページ お客様の声 お問い合わせ 店舗案内

平均寿命

 

 

現在の日本国民の平均寿命は女性が約86歳、男性が約79歳と、全世界で最も平均寿命が長い民族となっています。

 

しかし、今生きている我々がこの平均寿命まで生きる保証などは、どこにもありません。

 

 

過去60年より統計のある平均寿命は、先進国すべてがきれいな右肩上がりのデータを示していますが、このデータはどこまで右肩上がりを続けることが出来るのでしょうか。

 

 先進国の平均寿命の推移

 

 

世界の先進国すべてにおいて平均寿命が延びている背景には、いくつかの要因が考えられます。

 

 

その要因とは、先進国の国民一人当たりの所得(GDP)が向上したこと、それに伴った医療技術の発達およびそのインフラの整備の向上、新生児の死亡率の低下、栄養状態の向上などがあげられます。

 

 

これらの事実により平均寿命が右肩上がりを続けているわけです。

 

 

 

・・・そこでそれぞれの要因を検証してみましょう。

 

 

 

”医療技術の発達” 

 

これは平均寿命の向上に最も寄与している要因だといえます。

 

医療技術の発達が”新生児の死亡率の低下”にも貢献しているので、”医療技術の発達”の益々の向上が、平均寿命の益々の向上にも貢献することは疑いようもありません。

 

 

 

”国民一人当たりの所得の向上”

 

これによってそれぞれの国民がより高度な医療サービスを受けることができたり、インフラの整備の向上に貢献したり、より良い栄養状態を保つことができます。

 

したがって”一人当たりの所得(GDP)の向上”も、平均寿命の向上に貢献していることには疑問はないといえるでしょう。

 

 

 

 しかし私が疑問をもつのは”栄養状態の向上”が、本当に平均寿命の向上に寄与し続けるのかという点です。

 

 

今、日本で70歳、80歳、90歳、100歳の人たちの60年前の栄養状態は、けっして現在のような状態ではありませんでした。

 

 

60年前に比較的裕福だった国である欧米や西欧諸国の人々の平均寿命と、60年前にとても裕福な国とはいえなかった日本の人々の平均寿命を比べれば、栄養状態の向上がそのまま平均寿命の向上に寄与しないということがお分かりになるのではないでしょうか。

 

 

「いや、日本の食生活が諸外国と比べてそれだけ優れている証拠だ」という学者もいます。

 

 

なるほど、私達の祖先が長い間培ってきた食生活が、我々日本人の身体にあったものであることには特別異論はありません。

 

 

しかし、現在の日本の食生活がそれほど優れているようには私にはとても見えません。

 

 

欧米の自由市場主義の煽りを受けて、より美味しいもの、より旨いもの、より本能が満たされるものばかりが市場にはびこり、我々の祖先が培ってきたものは市場の片隅どころか完全に追いやられているのが実情です。

 

 

 

・・・私のまったくの推測ではありますが、ここに断言します。

 

 

今の日本の長寿の人々は、飢餓の状況でも生き延びることのできる強靭な肉体、遺伝子を引き継ぎ、自身も若年のときに貧しい栄養状態であったことにより、より生物として進化した肉体を構成することに成功しました。

(この場合の肉体は外見から判別するものだけでなく、内臓や体内で様々な化学反応を発生する能力をもつ肉体を指します)

 

 

そのより進化した肉体が、自身が生きていく過程において栄養状態が改善されてきたことにより、長寿を全うしているということなのです。

 

 

したがって、せっかく祖先から受け継いだ遺伝子を、若年のときから過剰な栄養状態を保ったために眠らせたまま、生物として退化ともいえる肉体を構成してしまった我々が、いくらより良い栄養状態を保ったところで、今以上の長寿を栄養改善により手に入れることはないといえるでしょう。

 

 

 

それどころかさらなる栄養状態の改善(のつもり)が、ガンを筆頭としたさらなる成人病を頻発させるだけです。

 

 

おそらく昭和10~20年代生まれの人々までが平均寿命の向上に貢献できる限界ではないでしょうか。

 

 

現在の過剰な栄養状態というものは、我々が生きる環境の問題の一つですが、その他の環境問題として過剰な衛生状態というものもあります。

 

 

生まれたときから清潔すぎる環境におかれることにより、祖先から受け継いだ優秀な免疫システムが過剰に働いてしまうことで、様々なアレルギーなどの病気を引き起こしてしまうことがあるのです。

 

 

花粉症はその最たるものの一つでしょう。

 

 

過剰な衛生環境によるアレルギーは現在、文明病として広く認知されるようになりましたが、過剰な栄養状態による病気はまだ広く認知されていません。

 

 

未だに、より良い栄養を摂ることにより改善されると考えている人々が多数を占めているのが現状です。

 

 

私は次世代により良い未来を残すために「食」をテーマに様々な角度から、より良い手段を模索し提案していくことをライフワークにしています。

 

 

その中で、今の日本の飽食といえるような状況に違和感を持っています。

 

 

次回、「たいぞうの想い42」にて花粉症を例にとり、今の食のあり方をどう変えていくべきなのか述べたいと思います。

 

 

玄米屋たいぞうの想い42 ” 花粉症 ” につづく

 
 

 

前のページに戻る

  

 

玄米屋たいぞうのおすすめ記事


 │ たいぞうの営養講座  │  玄米が健康に良い理由  │  玄米の炊き方について   │   素材へのこだわり 

 

 │ 玄米食の本質 │  本当の感謝とは?  │  玄米とダイエット │  玄米屋たいぞう便り 危険な玄米!? │ 

 

玄米食が不安という方へ    │ 玄米と環境問題   │  現代病と免疫システムの話  │  玄米屋食語録   │ 

 

 寿命と健康   │ 

 

トップページアーカイブ 

商品一覧
ご注文方法
サムライの夢
発芽玄米酵素ごはん
サムライの魂
キン蔵の糠床
玄米屋の玄米小豆バー
オージャの理
玄米料理レシピ
Q$A



【ネットショップ送料の御案内】

常温便送料表


【クール便送料の御案内】

クール便送料表


【玄米屋宝くじの御案内】

玄米屋宝くじの当選番号案内


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

Shuichi Nanbu

バナーを作成


メニューコンテンツ

【トップページ】


【玄米屋のファンページ】


合気道道場 愛結会

合気道 愛結会のホームページ


manaヨーガ学院

manaヨーガ学院のホームページ


鯖江サッカーチームグラスミーゴ

グラスミーゴのホームページ


【GREEN DOG】

GREEN DOGトップページ



日本ナショナル・トラスト協会

社団法人日本ナショナル・トラスト協会のホームページ


 NPO法人 日本綜合医学会

日本綜合医学会


自然再生ふくい行動プロジェクト

福井県のホームページ


は定休日です


Yahoo!ブックマークに登録


count