~あなたの手でより良き健康を創造する~ 玄米と食育の店 ”玄米屋たいぞう”(Ⅳ) オリジナルコンテンツ › > 現代病いろいろ › > アルツハイマーや認知症と「食」の関係

HP上部選択メニュー  TOP 玄米屋たいぞうの想い 会員マイページ お客様の声 お問い合わせ 店舗案内

アルツハイマーや認知症と「食」の関係

 

玄米屋たいぞうではひと月に2回、

このホームページにオリジナルレシピをアップしていますが、

 

の内容はなるべく簡単な料理レシピであるように心がけてはいます。

 

ただ、簡単とは言ってもそれなりの手間を必要とするレシピであることにも、

じつは同時にこだわっておりまして、その理由は

 

「料理をすること」「生きる力を育むこと」につながっているからです。

 

「何を大げさな」とお笑いになる方も居られるかもしれませんが、

決して大げさなことではなく、それは科学、脳機能科学研究からも

ハッキリとしたデータによる証明がなされている事実なのです。たいぞうトマト

 

 

・献立を考えるとき

・食材の段取りをしているとき

・切る、炒める、焼くなどの調理をしているとき

・料理を食器に盛り付けているとき

 

 

それらの行為すべてにおいて、

人の脳の前頭前野における強い活性化が確認されています。

 

前頭全野とは思考、認知、行動や情動の制御、コミュニケーション、学習、記憶などの

高度な精神活動をつかさどる脳の中枢にあたります。

 

この前頭全野の活性化こそが、人が社会的生活を営むための大事となるわけです。

 

 

 

玄米屋語録 其の参 「人の生を育むは食の営みなり」 の中で、

 

生命を育み(農耕し)、

生命を天地の理をもって天秤にかけ(料理し)、

生命をいただく(食べる)

 

その一連の食の営みの中にこそ「人としての生の喜びと発展」があり、

その営みの中でこそ「人としての生」が育まれていく。

 

・・・ということを書きましたが、

料理をするという行動、その「創造的行為」は、

人として「生きる力」を育むために非常に重要なことなのです。

 

 

実際に、医学の関係者の中で数十年も前から認識されてきたこととして

「料理することをやめた女性は認知症になる(ことが多い)」

という有名なパターンがあるそうです。

 

 

人は料理をやめたときから脳機能の低下が始まってしまうわけです。

 龍ヶ崎かな子

 

 

個人だけでなく家族単位で考えても、

親子で料理をすればコミュニケーションが生じ、

それによってさらなる前頭全野の活性化が

親子共に見られることが、

実験により確認されているそうです。

 

 

簡単にいえば、料理することで親子共に頭が良くなるということですネ

 

 

 

・・・ただ、自由市場原理における高度資本主義社会においては、

私達にとってありとあらゆる「ラクや便利などといった価値」が提供され続けています。

 

その中で、そうした価値にこそ意味を見出し、料理を一切することなく、

外食や中食などの経済商品に依存しながら、自らの食を営んでいる方々も

決して少なくはないでしょう。

 

たしかに自分で料理をしないですむならば、それはラクなことですし、

時間もその分だけは自由になります。

 

そしてそれは潤滑なる経済活動のために必要なことにもなるのでしょうが・・・、

 

しかし、もし、自覚なきままラクや便利への依存を続け、

それによって自分の生、人生を自らで貶めてしまうのであれば、

それはあまりに残念なことになるのではないかと私は思うのです。

 

自分の生の活性化すら「医療」という名の経済商品に依存しなければならない様では、

それはあまりに勿体ないと思ってしまうのです。

 

 

様々なラクや便利といった価値が溢れる社会環境の中で、

料理をすることはストレスにもなるのかもしれませんが、

その苦を楽しむための知恵を手に入れることによって、

自らの人生を自らで活性化させることが出来るようになります。

 

料理することによって脳を鍛え、活性化させることが、

自らの「生きる力」をトレーニングすることにもなるのです。

 

 首なが以蔵.jpg

つまりそれが「自立」のためとなるのです。

 

 

そうした姿を子供に見せてやり、共に営むことも親として、

先人として大事な責務となるのではないでしょうか。

 

 

「自立」の術を得ることで「自律」の知恵が育まれるのですから。

 

 

 

 

・・・蛇足ではありますが、経済という動きの中で、人は

アルツハイマーなどの増加を防ぐために、

「何らかの物質に依存すること」で、

それを成就することを推進し続けています。

 

 

ですが、実際には一連の食の営み、つまり「自分の食べ方」によっても

それを防ぐことが出来、改善を図ることが可能なのです。

 

経済によるラクや便利といった価値自体は否定する必要はありませんが、

現代社会に生きる私達は「自らの食べ方」

ひいては「自らの生き方」を見直すことこそが大事となるのではないでしょうか。

 

 

私にはそう思えてなりません。

 

 

 

 

  HPでは公開していない特別メールセミナーのご案内です

 

 

 100歳まで元気な現役生活を楽しみたいという方へ 

 出来る限り医療に依存する必要の無い健康な自分で在りたい方へ 

 ほんとうの自分というものを知りたい方へ 

 『確固たる自分の軸』というものを見出せるようになりたい方へ 

 ネガティブをポジティブに転換する智恵と技術を知りたい方へ 

 あまりお金をかけずに長期的な健康を創造するコツとは? 

 ついつい無理や我慢をしてしまう自分を変えたい方へ 

 ついつい情けないなどと思ってしまう自分を、堂々とした自分へと変えたい方へ 

 何かとすぐに疲れてしまう様な人の、その本当の理由と原因とは? 

 すぐに誘惑に負けてしまう弱い自分を変えたい方へ 

 愛する人や家族の健康を守るために、あなたが身につけるべき真の知識とは? 

 

このメール講座では玄米食に関するお話だけでなく、

真の健康のためとなる様々な情報をお伝えしています。

 

この機会にぜひ登録をお願いします (無料メール講座です)

 


お名前(苗字だけ)(必須)
  メールアドレス  (必須)

 

 

前のページに戻る

 

 

玄米屋たいぞうのおすすめ記事


 │ たいぞうの営養講座  │  玄米が健康に良い理由  │  玄米の炊き方について   │   素材へのこだわり 

 

 │ 玄米食の本質 │  本当の感謝とは?  │  玄米とダイエット │  玄米屋たいぞう便り 危険な玄米!? │ 

 

玄米食が不安という方へ    │ 玄米と環境問題   │  現代病と免疫システムの話  │  玄米屋食語録   │ 

 

 寿命と健康   │ 

 

トップページアーカイブ 

商品一覧
ご注文方法
サムライの夢
発芽玄米酵素ごはん
サムライの魂
キン蔵の糠床
玄米屋の玄米小豆バー
オージャの理
玄米料理レシピ
Q$A



【ネットショップ送料の御案内】

常温便送料表


【クール便送料の御案内】

クール便送料表


【玄米屋宝くじの御案内】

玄米屋宝くじの当選番号案内


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

Shuichi Nanbu

バナーを作成


メニューコンテンツ

【トップページ】


【玄米屋のファンページ】


合気道道場 愛結会

合気道 愛結会のホームページ


manaヨーガ学院

manaヨーガ学院のホームページ


鯖江サッカーチームグラスミーゴ

グラスミーゴのホームページ


【GREEN DOG】

GREEN DOGトップページ



日本ナショナル・トラスト協会

社団法人日本ナショナル・トラスト協会のホームページ


 NPO法人 日本綜合医学会

日本綜合医学会


自然再生ふくい行動プロジェクト

福井県のホームページ


は定休日です


Yahoo!ブックマークに登録


count