~あなたの手でより良き健康を創造する~ 玄米と食育の店 ”玄米屋たいぞう”(Ⅳ) オリジナルコンテンツ › > 美味しいお米 › > 玄米の食事法

HP上部選択メニュー  TOP 玄米屋たいぞうの想い 会員マイページ お客様の声 お問い合わせ 店舗案内

玄米の食事法

 

※ この文章は音声(4分24秒)でも聴くことができます ⇒ こちらをクリック  

  パソコンやスマートンフォンの他、ipodやウォークマンを利用して手軽にお聴きください。

 

 

A.個人的には玄米(ごはん)は、

「朝食」や「昼食」の主食としてお召し上がりいただくのがベスト

だと考えています。

 

(ただし、現代社会では仕事などの都合上、人それぞれに様々な生活スタイルが
ありますので、それが正しいと主張しているわけではないことをご了承くださいませ)

 

 

朝食に玄米ごはんを食べる習慣を取り入れることのメリットには、

 

 ・ よく噛むことが脳の働きの活性化につながること

 

 ・ 自律神経系統の適正化を促すこと

 

 ・ 昼頃までにかけて行われるゆっくりとした糖質の消化吸収が、
脳内におけるセロトニン神経の正常な働きを促すこと


(・・・と、現代医学では考えられています)

 

 

・・・などが挙げられます。

 

(セロトニン神経については、玄米屋のメールセミナー「オージャの理」の中で
 くわしく説明しておりますが、人の心の働きに非常に重要な役割を
 果たしていることが特徴です)

 

(また、発芽玄米ごはんはセロトニンの正常な働きのために役立つだけでなく、
セロトニンを体内で生成するために必要な必須アミノ酸であるトリプトファンや
ビタミンB6を多く含有しているところが大きなメリットです)

 

 

ちなみに私は朝食として、
発芽玄米酵素ごはんに梅干しやらたくあんやらを混ぜ込んだオニギリ
を主に食べています。

 

腹持ちはもちろん最高で、昼過ぎまで集中力が途切れることはありません。

 

 

そして、昼食に玄米ごはんを食べる習慣を取り入れることのメリットには

 

 

 ・ 朝食と同様に、持続的かつ安定的な糖質の消化吸収による精神安定

 

 ・ その腹持ちの良さが夜の食事の量を減らしていくことに貢献する

 

 

・・・といったところが挙げられます。

 

 

玄米は消化吸収に時間がかかりますので、就寝前やあまり遅い時間に
お召し上がりいただくことは私はオススメしていません。

 

 

また、多くの方々にとって晩御飯は家族の団欒の時間である場合が多いでしょうから、
玄米が好きな家族ばかりであるならともかく、そうではないご家族がいる場合は
特別に玄米を食べなければならないこともないのではないかと、個人的には
そう考えています。

 

 

具体的な玄米のオススメの食べ方としては色々とありますが、

美味しいレシピのページなどでもご紹介しておりますのでご覧になってみてください)

 

 

何よりもしっかりとご認識していただきたいことは、


現代社会における玄米(ごはん)とは基本的に「律するための食品」である

ということです。

 

(律する食品とはどういうことか?については
玄米屋たいぞう便りなどに書いておりますのでぜひ一度ご覧になってみてください)

 

 

玄米という食品が、必ずしも誰とでも共感できるような「快楽のための食品」とはならない
ことだけは認識しておいた方が良いでしょう。

 

 

玄米ご飯は必要以上に多くを食べることなく、人の健康維持に必要な営養を
摂取できる食品であること

 

何も考えずに食べていると、どうしても食べ過ぎたり、早食いになってしまうといった
現代食の難点をカバーするために、玄米ご飯を食習慣に取り入れることが非常に
役立つこと

 

さらに現代食では得ることのできない、玄米が寄与する 食の消化吸収の際における
体内外での適度なストレスが、 肉体の健康維持に役立つこと

 

kanako-ozigi-resize.JPG

 

こうしたことをしっかりと認識された上で、心身ともに
健康的な玄米食生活をお楽しみいただけましたら、


玄米屋としてそれほど嬉しいことはありません。

 

 

 前のページに戻る

 

 

 

 

 

 

    HPでは公開していない特別メールセミナーのご案内です

 

 

 100歳まで元気な現役生活を楽しみたいという方へ 

 出来る限り医療に依存する必要の無い健康な自分で在りたい方へ 

 ほんとうの自分というものを知りたい方へ 

 『確固たる自分の軸』というものを見出せるようになりたい方へ 

 ネガティブをポジティブに転換する智恵と技術を知りたい方へ 

 あまりお金をかけずに長期的な健康を創造するコツとは? 

 ついつい無理や我慢をしてしまう自分を変えたい方へ 

 ついつい情けないなどと思ってしまう自分を、堂々とした自分へと変えたい方へ 

 何かとすぐに疲れてしまう様な人の、その本当の理由と原因とは? 

 すぐに誘惑に負けてしまう弱い自分を変えたい方へ 

 愛する人や家族の健康を守るために、あなたが身につけるべき真の知識とは? 

 

このメール講座では玄米食に関するお話だけでなく、

真の健康のためとなる様々な情報をお伝えしています。

 

この機会にぜひ登録をお願いします (無料メール講座です)

 


お名前(苗字だけ)(必須)
  メールアドレス  (必須)

 

 

 

 

 

 現在、国が推奨する食事における栄養摂取指針は4群点数法が基本として構築されていますが、料理の組み合わせを中心に表現したバランスガイドというのも推奨されています。

 

 昔よく言われていた「一日30品目の摂取を目標に!」なんてのも、まだバランスガイドにあったような気がします。

 

 

 しかし、それらはいずれにしても、白米を主食として考えた指針であり、玄米を主食に考えると内容はまったく変わってくるのです。

  

 玄米を主食にすると、様々なミネラルが摂取できるため、副菜の摂取によるミネラルの補充をそれほど必要とはしません。

 

 わざわざ30品目もの他の食材を取り入れるまでもなく、玄米だけでも人が生きるために必要な栄養素のほとんどの種類や量が摂取できるのです。

( もちろん、玄米だけでは足りない微量栄養素や、玄米を摂取する”量”によっても、足りない栄養素などもありますので、けっして玄米だけでこと足りるわけでは無いことはご理解下さい )

 

 

 そもそも昔は玄米をほとんど精米せずに食べることによって、現代のように食料が豊富ではなくとも、多くの人々が生きていくことが出来たのですが、玄米の薄皮をむいて白米にすると「甘くて美味しい」ため、皆が白米を選ぶようになったという経緯があるのです。

 

 

 

 「美味しい」という喜びを得るためにわざわざ栄養を捨てたわけですが、それでは当然栄養不足になってしまうので、何かで補充しなければいけません。

 

 

 その「何か」にも、さらなる「美味しさ」「より豊富な栄養」を求め続けてきた日本人は、「今」がどれほど「恵まれている」かをしっかりと認識する必要があるのではないでしょうか。

 

 

「驕る平家は久しからず」「盛者必衰の理をあらわす」

 

 

 今の自分だけが楽しめれば良いと考えるのなら、別にそれも数ある生き方の一つだとは思いますが、未来の子孫達の幸せをも考える知性を持つのであればいかに自己を制御することが出来るか、そういったことも考え、実行するべきだと私は思うのです。

 

 

 それこそが「良き生き方」につながるのではないかと私は考えています。

 

 

 

前のページに戻る

  

 

 

 

玄米屋たいぞうのおすすめ記事


 │ たいぞうの営養講座  │  玄米が健康に良い理由  │  玄米の炊き方について   │   素材へのこだわり 

 

 │ 玄米食の本質 │  本当の感謝とは?  │  玄米とダイエット │  玄米屋たいぞう便り 危険な玄米!? │ 

 

玄米食が不安という方へ    │ 玄米と環境問題   │  現代病と免疫システムの話  │  玄米屋食語録   │ 

 

 寿命と健康   │ 

 

トップページアーカイブ 

商品一覧
ご注文方法
サムライの夢
発芽玄米酵素ごはん
サムライの魂
キン蔵の糠床
玄米屋の玄米小豆バー
オージャの理
玄米料理レシピ
Q$A



【ネットショップ送料の御案内】

常温便送料表


【クール便送料の御案内】

クール便送料表


【玄米屋宝くじの御案内】

玄米屋宝くじの当選番号案内


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

Shuichi Nanbu

バナーを作成


メニューコンテンツ

【トップページ】


【玄米屋のファンページ】


合気道道場 愛結会

合気道 愛結会のホームページ


manaヨーガ学院

manaヨーガ学院のホームページ


鯖江サッカーチームグラスミーゴ

グラスミーゴのホームページ


【GREEN DOG】

GREEN DOGトップページ



日本ナショナル・トラスト協会

社団法人日本ナショナル・トラスト協会のホームページ


 NPO法人 日本綜合医学会

日本綜合医学会


自然再生ふくい行動プロジェクト

福井県のホームページ


は定休日です


Yahoo!ブックマークに登録


count