~あなたの手でより良き健康を創造する~ 玄米と食育の店 ”玄米屋たいぞう”(Ⅳ) オリジナルコンテンツ › > 美味しいお米 › > 日本人の「氣」

HP上部選択メニュー  TOP 玄米屋たいぞうの想い 会員マイページ お客様の声 お問い合わせ 店舗案内

日本人の「氣」

 

食を以って元氣と成す 

 

  

なんとなく気が向いたこともあり、今年から合気道を習い始めた店主です。

 

 

ちなみに学生の頃は剣道をしておりましたが、

 

どうやら私は武道系の運動が性に合うようです

 

 

 

越前市に拠点を置く「愛結会」という合氣道道場に入門したのですが、

 

これがまた最高に素晴らしく、何より面白い!

 

 

今まさにエキサイティングな心持ちの店主でございます。

 

 

 

一体何がエキサイティングなのか?と申しますと、

 

 

合気道の真髄の中に、玄米食によって得られる真の健康

 

 

その真髄と共通しているであろう「理」を見出すことが出来たからなのですが・・・

 

 

 

・・・そんなことを言うと、

 

「入門したての小童に何が分かるものか」

 

とお笑いになる方も居られるかもしれません

 

 

 

もちろん私も、稽古に少し触れた程度で、合気道の真髄を見極めたなどと、

 

決して思い上がってはおりませんが、

 

 

合気道という武術の大きな特徴の一つとしては、

 

「力ばかりに頼るものではない」

 

ということが挙げられるのではないかと思います。

 

 

つまり合気道は、より大きなエネルギーに依存することで

 

功を成そうとするのではなく、

 

最小限のエネルギーや動きで、最大限の功を成すところに

 

大きな特徴があるわけです。

 

 

・・・これはまさに玄米食による健康法と同様なのです。

 

 

 

そしてさらに、合気道の至上の目的というものが、

 

敵に勝って己の快を得ることではなく

 

「愛和」を創造することにあるところも、

 

玄米食の真髄である「環境調和」とつながるところだと言えるでしょう。

 

 

 

愛結会では稽古の前に「合気道の精神」を朗読するのですが、

 

これがまた当店の看板商品であるサムライの魂の想いとつながる

 

素晴らしい理念です。

 

 

 

あなたもぜひ合気道の精神に触れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

合気道の精神

 

【合気道の精神】

 

合気とは愛なり。

天地の心を以って我が心とし、

万有愛護の大精神を以って自己の使命を完遂することこそ

武の道であらねばならぬ。

合気とは自己に打ち克ち、敵をして戦う心なからしむ、

否、敵そのものを無くする絶対的自己完成の道なり。

而して武技は天の理法を体に移し霊肉一体の

至上境に至るの業であり、道程である。

 

 

 

 

・・・それともう一つ、 稽古前に皆で唱和する言葉をご紹介します。

 

 

この誦句は呼吸法の実践の前に唱和しているのですが、

 

私は最近自分の食事の前にも詠唱するようにしています。

 

 

今後、たいぞうの想いシリーズにて

 

「心の健康」と題して色々と書いていきたいと思っておりますが、

 

潜在意識(無意識)に向けて、

 

自分にとって益となるようなことを言葉ですり込むことは、

 

健康を確立するために非常に有効となります。

 

 

慣れない内は気恥ずかしいやもしれませんが、

 

一度食事の前に次の言葉を唱えてみてはいかがでしょうか?

 

 

もしかしたら何か良いことがあるかもしれませんよ

 

 

 

【活力吸収法の誦句】

 

 

神韻縹渺(しんいんひょうびょう)たるこの大宇宙の精気の中には、

我ら人間の生命精力を力づける活力なるものが、隈なく遍満存在(へんまんそんざい)している。

 

我々は今、この活力を五臓六腑はもとより、

四肢の末端に至るまで深甚なる感謝をもって思う存分吸収しよう。

 

 

 

前のページに戻る  

 

 

 

米は日本人の「氣」の原動力のサムネール画像

 

 

 

 「気」という漢字があります。

無農薬の田んぼ

 

昔はこれは「氣」と書きました。

  

 

という字の中には

「米」という字が含まれますが、

 

昔の人にとっては、

米が日々の生活の原動力であったことに由来する

という仮説があるそうです

  

昔の文献からも、明治時代よりも以前の、

江戸時代、平安時代などの古代の武士達の日々の食事は

「米」が中心であったことが明らかになっています。

 

究極の粗食

武士達の一日の食事の内容は

五合の米、汁物と、漬物や少々の芋などのおかず

などといったように、

まさに米が主食でした。

 

かの宮本武蔵も、諸国修行の際には

玄米を干して作った糒(ほしいい)なるものを常備し、

それを主に食べていたことが知られています。

 

一日に五合の米と聞くと、その量に驚きを感じますが

 

他におかずをそれほど食べていないことや、

玄米ごはんの消化吸収率は、

白米ごはんと比べれば、多少低いことを考えれば、

 

大人の所要エネルギーとしても大体適正な量だと考えることができます。

(玄米ごはん五合分で約2,500kcalの計算となります

 

 

ただ、これが白米ごはんだとすると、

先ほどの食事の内容では、

おそらく営養不足に陥ってしまうでしょう

 

その内容では、ビタミンB群やたんぱく質、各種ミネラルなどの、

人が生きるために必要な営養成分の摂取が難しくなるからです。

 

しかし、玄米ごはんならば、

人の生命維持のために必要な営養成分を

バランスよく摂取できるため、

 

昔の人達にとっては、

玄米が主食であったことが推測できるわけです

 

  (ただし、昔は圧力鍋などはありませんでしたので、

       炊飯のために五分搗き程度にはしたと思います)

 

 

米(玄米)には

人が生きるためとなる営養成分が

豊富に含まれているわけですが、

 

稲の持つ強靭な生命力は、その豊富な営養の有様を

示唆しています。

 

下の写真は収穫を終えた後の田んぼの様子です。

 

 刈り取り後の田んぼ刈り取り後の田んぼのサムネール画像

 

根元から刈り取った後にも関わらず、

すぐに再びこの写真のように生き生きとした青葉を繁らせ、

さらには稲穂まで実らすほどの生命力を持つ植物

 

その種である「米」は、

まさしく人が生きるための元氣の源になります

 

この米のもつ生命力を、

有りがたく頂かないことにはじつにもったいない。

 

もし、この生命の重要部分をいただくことを放棄するようであれば、

 

・・・それは本当に「勿体ないことをしている」

と言えるのではないでしょうか。
 

  

前のページに戻る

 

 

玄米屋たいぞうのおすすめ記事


 │ たいぞうの営養講座  │  玄米が健康に良い理由  │  玄米の炊き方について   │   素材へのこだわり 

 

 │ 玄米食の本質 │  本当の感謝とは?  │  玄米とダイエット │  玄米屋たいぞう便り 危険な玄米!? │ 

 

玄米食が不安という方へ    │ 玄米と環境問題   │  現代病と免疫システムの話  │  玄米屋食語録   │ 

 

 寿命と健康   │ 

 

トップページアーカイブ 

商品一覧
ご注文方法
サムライの夢
発芽玄米酵素ごはん
サムライの魂
キン蔵の糠床
玄米屋の玄米小豆バー
オージャの理
玄米料理レシピ
Q$A



【ネットショップ送料の御案内】

常温便送料表


【クール便送料の御案内】

クール便送料表


【玄米屋宝くじの御案内】

玄米屋宝くじの当選番号案内


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

Shuichi Nanbu

バナーを作成


メニューコンテンツ

【トップページ】


【玄米屋のファンページ】


合気道道場 愛結会

合気道 愛結会のホームページ


manaヨーガ学院

manaヨーガ学院のホームページ


鯖江サッカーチームグラスミーゴ

グラスミーゴのホームページ


【GREEN DOG】

GREEN DOGトップページ



日本ナショナル・トラスト協会

社団法人日本ナショナル・トラスト協会のホームページ


 NPO法人 日本綜合医学会

日本綜合医学会


自然再生ふくい行動プロジェクト

福井県のホームページ


は定休日です


Yahoo!ブックマークに登録


count