玄米と食育の店『玄米屋たいぞう』(Ⅳ) オリジナルコンテンツ › > 月イチ更新記事

  TOP たいぞう通信 ブログ おすすめ本 アーカイブ その他

玄米屋たいぞうの想い80 ( 食養学と栄養学 其の三 )

| トラックバック(3)

 

食を以って元氣と成す 

 

 

注) この過去記事は未熟な思想であった頃のものです。 参考程度にお読み下さいませ。

 

 

 

 

前回にも書きましたように、女子栄養大学が主となって推進発展させてきた現代栄養学は日本社会の中で広く浸透し、国民の間で圧倒的な信頼を得ています。

 

そして現在、女子栄養大学では各地域でのテーラーメイド栄養学の推進などを図っておられるとのこと。

 

テーラーメイド栄養学というと一般の方々には聞きなれない言葉ではないかと思いますが、簡単に言ってしまえば現代病のキリのない増加や現代病そのものを克服するために「遺伝子機能に基づいた、個人向けのサプリメント食品等の開発を推進しよう」という考えに基づいた研究学問を指しています。

 

 

一向に止むことのない生活習慣病患者の増加

 

 国民医療費の延々たる増加

 

 

現代栄養学はその発展によってこれらの現象を食い止めようと努力してきましたが、実際は生活習慣病患者も国民医療費も、そしてさらには慢性疾患という名の病気の種類までもが、それら全てが増加の一途を辿っているのが現実の有り様です。

 

 

推計患者数の推移および医療費の推移のグラフ

 

 

 

栄養学の特徴である、近視眼的かつ局所的、そして人間(だけ)のために他の物質を補うという思想

 

 

そこから抜け出でることができない今の栄養学では人間社会そのものに生じている大きな変化を食い止めることなど、おそらくは出来ないでしょう。

 

そもそも栄養学の存在とその根底にある思想こそが、人間社会の大きな変化を生じさせていると言っても過言ではないのですから。

 

 

事実、戦後からずっと続いてきた現代栄養学の発展と、慢性疾患の患者数や国民医療費の増加は見事に比例しているのです。

 

 

それが現実なのです。

 

 

ただし一応補足させていただきますと、私は決して現代栄養学を”否定”しているのではなく、あくまでも一つの側面を捉えての”批判”をしているだけであって、多くの方々にとって有益となる意識や気づき、行動を見出し創造するためとしてクリティカルシンキング(批判的創造思考)を展開している・・・というところを御理解いただけましたら幸いです。

 

 

栄養学の発展が感染症を代表とした急性疾患の減少に大きく貢献し、そのおかげで今の豊かな社会が存在していることはまぎれもない事実です。

 

 

ですから栄養学関連に従事し、その発展に努力している方々は、つまりは人のために努力している素晴らしい人達だといえましょう。

 

 

ただ、個人ばかりにスポットを当てている栄養学を鵜呑みにし、それに依存して生きている様であるならば、それでは自分の肉体の秩序維持のためばかりに生きていることにしかならないのです。

 

 

その生き方を否定するというわけではないのですが、自分の肉体の秩序維持のためばかりに生きることが”より良い生き方”とも成り得るのかどうかについては一考の余地があるといえるのではないでしょうか。 

 

 

 

 

・・・ところで、日本だけでなく先進諸国すべてにおいて医療費支出は増加し続けているというデータがあります。(下表)

 

慢性疾患患者数の増加率となりますと、先進諸国だけでなく途上国でも大きな問題となってきているそうです。

 

OECD加盟国における1960~2009年のGDP中の健康関連支出

 

 

 

 

また次の表はOECD加盟国のGDPに対する医療費の割合を示しています。

 

OECD加盟国の医療費の状況

 

このデータを眺めてみますと、じつは日本の国民医療費は加盟国平均のそれよりも下回っているという事実を読み取ることができます。

 

また、日本と同じアジア地域に属する韓国も平均を大きく下回っているところがじつに興味深いところです。

 

世間では国民医療費の増加に対する不安が声高に叫ばれていますが、じつは西欧諸国やアメリカと比べれば、アジア地域に属する日本や韓国の保険医療費支出は比較的少ない方なのです。

 

 

であるにも関らず、日本人の平均寿命が世界トップレベルであるという点は特筆すべきことでありましょう。

 

 

(ちなみに旧ソ連圏の国々も医療保険支出が比較的少ないのですが、すぐ近くの北欧の国々などと比べると平均寿命は短くなっているというデータがあります)

 

 

そこで考察すべきは、なぜ日本や韓国の医療費支出は西欧諸国と比べて少ないのか(少なくて済んでいるのか)?という点です。

 

 

それについてはここで提示したもの以外にもじつに様々なデータがあるため、どのような考察をすることも可能ではあるのですが、私はその本質的な理由としましては、日本や韓国の国民性が東洋思想(仏教、儒教、道教)の影響を強く受けているところにあると睨んでいます。

 

 

東洋思想は万物自然との調和を良しとするところに特徴があり、日本人は古来より自然への畏敬の念や、”もったいない”という言葉に表されるような「自然(環境=肉体物質)を大切とする心」を大事としてきた民族でありました。

 

 

 

しかし、そうした心をないがしろにし、国家や企業などの共同体が個人や人という存在のみに視点を置いた自由な経済活動ばかりを推進し続けているようであれば、多くの人達がその自由な意思の下で医療への依存に走り、その費用は増加の一途を辿り続けるであろうことは明白です。

 

なにせ医療サービスを提供する共同体側も、個人、人間ばかりに視点を置いた経済活動の中でそのサービスの拡大努力をし続けるのですから。

  

 

実際に医療や医薬品業界は今、日本の国民医療費が先進諸国の平均より低いことを盾にして医療サービスの拡大を主張し続けています。

 

 

私は医療サービスを増やすよりも、それを必要としない人が増える努力をしたほうが、よほど世のため人のためとなり、安心できる社会へと向うと思うのですが・・・。

 

 

 

・・・人は自分の行動や、これまで歩んできたその営みを、自分自身で否定することはそう簡単には出来ないものです。

 

戦前戦後より発展させてきた栄養学という学問や医療行為を、それらにに従事してきた人達が否定することなど、それはまず無理な話でしょう。

 

また、栄養学の思想の下で育ってきた我々もまた、それまで信じてきた栄養学を否定することなど簡単にはできないものです。

 

 

そしてそうやって私達は”人間ばかりの繁栄””己ばかりの繁栄”のためにキリのない激しい変化を自ら創り出し、今もその道を歩み続けているのです。

 

 

・・・ただ、こういった話をすると私の話は単なるネガティブな話であって、希望も何も無い話だと憤るような方も居られるかもしれません。

ガマ蔵&がま吉

 

 

しかしもちろん希望はあります。

 

 

先に私はこう書きました。

 

 

【近視眼的かつ局所的、そして人間(だけ)のために他の物質を補うという幼稚な思想から抜けることができない栄養学が、人間社会に生じている変化を食い止めることなど出来るわけがないのです】

 

 

・・・栄養学が社会の変化を食い止めることなど出来はしないというのであれば、その逆の学問を創造すれば良いのです。

 

 

すなわち、個人や人間だけのために他の物質を補うという思想ではなく、【長期的かつ大局的な視野を内包し、他の物質(存在)の安定を創造するために人間が補助していくという思想を持って、個々人それぞれが自らの主体的な行動により自他共となる健康を創造していくための学問】 を創造すれば良いということです。

 

 

 

・・・じつは日本人は過去、すでにそのような学問を持っており、実践をもしていました。

 

勇気ある自己否定と自己犠牲

 

かつてのサムライの美学であり、サムライの道。

 

 

その思想が過去300年の安定と平和を維持創造し続けていたという事実を、今こそ謙虚に見つめ理解してみてはいかがでしょうか。

 

(ただし、その思想こそが日本や韓国での自殺者が多い理由または要因でもあると私は考えておりましてそれについての考察はまた別の機会にでも書いていきたいと思っています)

 

 

つづく

 

 

玄米屋たいぞうの想い79 (食養学と栄養学 其の二 ) に戻る

玄米屋たいぞうの想い81 (2013年始まりの想い) に進む

 

 

前のページに戻る

 

トラックバック(3)

トラックバックURL: http://genmaiya-taizo.com/blog/mt-tb.cgi/491

食の安心と確固たる信念に生きる店”玄米屋たいぞう” - 玄米屋たいぞうの店主の日記や、日頃の考えを公開しています (2012年11月20日 22:33)

          &... 続きを読む

食の安心と確固たる信念に生きる店”玄米屋たいぞう” - 玄米屋たいぞうの想い79 ( 食養学と栄養学 其の二 ) (2012年11月21日 07:00)

  「食養学」や「栄養学」という学問は、一体いつ頃に生じたのでしょうか... 続きを読む

~あなた自身の力でより良き健康を創造する~ 玄米と食育の店 ”玄米屋たいぞう” - 玄米屋たいぞうの想い81 ( 2013年始まりの想い ) (2013年2月18日 06:39)

      明けましておめでとうございます。 &... 続きを読む

玄米屋たいぞうのおすすめコンテンツ


 │ たいぞうの営養講座玄米の炊き方  │  玄米とダイエット │  玄米食が不安という方へ │ 玄米Q&A │ 

 

 │ 杉田玄白と養生七不可 │  寿命と健康 │  自律神経失調症・パニック障害改善プログラム  │ 

 

 │ 7種のプラセンタサプリ通販徹底レビュー  │  宅配買取特集【断捨利のススメ】 │  猫背改善情報  │ 

 

 

 

 -------------------------------------------広告-------------------------------------------


楽天広告 楽天広告



【必見】 月に一度の断捨利day!
不用品のお得な高価買取店ランキング情報をチェック♪

 



トップページアーカイブ 
TOP
サムライの魂
サムライの夢
ご案内
お問い合わせ


【フードコーディネーター講座】

たのまなの無料資料請求についてのご案内と講座レビュー






乾燥肌、敏感肌、トラブル肌に
【アクアゲルマジェル】




Pierrot 【ピエロ】

e1311-022106_1.jpg




【ダイエット遺伝子検査キット】

DNAダイエット分析のご案内


   






【開運グッズ・楽喜SHOP】

大人気!簡単開運グッズ集

【ラッキーアイテム体験日記】




【サジージュース】
購入した体験感想レビュー




 【ルイボスティーランキング】

ルイボスティーランキングサイト


ノバテック体験ブログ

ティーライフ体験ブログ

アールティー体験ブログ



【安心お試し野菜】

購入した感想と作った料理


  


【Oisixお試しセット】

購入した感想と作った料理


  


【無農薬野菜のミレー】

購入した感想と作った料理


   


【ビオ・マルシェ】

お試し野菜の購入体験ブログ


ビオマルシェのお試し野菜セット


【宅配野菜比較レビュー】

宅配野菜比較レビュー



【ピカイチ野菜くん】 

  


【お得な格安航空券比較サイト】




【漫画高価買取店ランキング】

漫画高価買取店ランキング



【携帯買取ショップ比較サイト】

携帯買取ショップ比較サイト



【オーディオ買取店ランキング】

【オーディオ高価買取おすすめ店ランキングサイト】~全国の中古オーディオ買取店の中から高額買取で評判の良いオーディオ買取人気店おすすめBEST8を紹介する情報サイトです~



【宅配買取おすすめランキング】

宅配買取おすすめランキングサイト



【着物買取店ランキング】

着物買取店ランキングサイト



【着物買取おすすめ店特集】

全国の着物買取店の中から高額買取で評判の良い人気買取おすすめ店BEST8を紹介する情報サイトです



【フィギュア買取おすすめ店特集】

全国のフィギュア買取店の中から評判の良い買取店おすすめBEST8を紹介する情報サイトです



【ブランド買取おすすめBEST8】

ブランド品の高価買取おすすめ店BEST8



【ブランド買取人気店33社比較】

全国のブランド品買取人気店33社の中から、高額買取が期待できるおすすめの買取店を、買取対象商品ジャンルごとにランキング形式でご紹介しています



【時計買取人気店ランキング】

全国の時計買取店の中から高額買取で評判の良いおすすめ宅配買取店BEST8を紹介する情報サイトです



【バイク買取人気店ランキング】

全国のバイク買取店の中から高額買取で評判の良いおすすめ買取店BEST8を紹介する情報サイトです



【バイク一括査定おすすめ特集】

様々なバイク一括査定サービスサイトの中から利用しやすく評判の良い一括査定サービス会社BEST8を紹介するおすすめ情報サイトです




 【楽天ショップおすすめ】

【いい快互服ドットコム】


興和堂さんの体臭、加齢臭、ワキガ臭、子どもの汗のニオイまでニオイの悩みを解決する方法



【アフィリエイトチャレンジ】

アフィリエイトチャレンジの案内





Yahoo!ブックマークに登録


count