玄米と食育の店『玄米屋たいぞう』(Ⅳ) オリジナルコンテンツ › > こだわり

  TOP たいぞう通信 ブログ おすすめ本 アーカイブ その他

玄米屋たいぞうの想い73 ( 原発問題と食の問題 其の三 )

| トラックバック(3)

 

 前回、国においても個人においても、自らが必要とするエネルギーを「自給自足」していないために、人の「自律」が阻まれてしまうのではないか?という私の考えを述べました。

 

その考えの裏付けとなる、過去と現在に起きた出来事を挙げてみます。

 

 

 

・・・過去、明治維新以降より始まった日本の資本主義ならびにエネルギー消費拡大生活は、やがて日本が第二次世界大戦に踏み切らざるを得ない状況を生み出しました。

 

かつての日本はなぜ戦争に突入しなければならなかったのか?

 

過去を振り返れば、それがエネルギー問題であったことがわかります。

 

石炭や石油といった化石エネルギーを持たない日本が、資本主義による自国経済を維持しながら、欧米列国と対等に渡り合うためにはどうしても資源の供給先が必要でした。

 

中国での利権や、欧米各国の植民地とされていた東南アジアの利権。

 

日本だけでなく世界各国が自国の経済を死守しようと、植民地および化石エネルギーの利権をめぐって一大戦争を引き起こしたわけです。

 

もし当時の日本が国民の生活に必要なエネルギーを自給自足できる状況にあったならば、そのような争いに参加することはなかったかもしれません。 

 

つまり己を律することができたはずです。

 

しかし化石エネルギーを持たない日本は、他国にエネルギーを依存した生活を享受している内に、そのエネルギー無しでは経済つまり生活を成り立たせることが不可能となってしまったために、戦争に突入せざるをえなくなった・・・と捉えることができるでしょう。

 

 

 

・・・そして現在、日本は小さな島国であるにも関らず、なぜ原子力発電のような大きな危険性を孕んだエネルギー調達手段を推進してきたのか?

 

それはかつて起こった2度の石油ショックが発端だと言われています。

 

時の政府は石油エネルギーに依存し続けることを危惧し、国内で安定して得ることができる大規模エネルギーとして原子力発電に光明を見出しました。

 

化石燃料資源の無い日本でも、原子力発電所をつくり大規模なエネルギーを「自給」できるようになれば、安定したエネルギー社会の構築を目指すことが出来ると。 

 

日本が自立したエネルギーの確保さえできれば、再び石油ショックのような事態が起こっても、国民の生産活動に大きな支障をきたすことなく「経済の発展」および「国民生活の安定」を望めると。

 

そのように考えた政府は原発を国のエネルギー政策として推進してきたわけです。

 

しかしその結果、どのような悲劇が生じることとなったのかは言うまでもありません。

 

 

この原発問題においても、大規模なエネルギーに依存し続けなければ経済も生活も成り立たせることができない私達が、化石燃料に代わる大規模エネルギーとして原子力発電しか選択肢がなかったために、危険であるのは分かっていてもそれを推進せざるをえなかった・・・と捉えることができるわけです。

 

先の大戦にしろ、原発事故にしろ、キリなく増加し続けるエネルギー消費に依存しなければ経済を保てない社会システムこそが、人の律する行為を阻んでいると言えるのではないでしょうか。

 

 

 

・・・ところで、人類のエネルギー消費量の推移を見てみると、日本においても世界においてもその推移は未だに右肩上がりを続けており、15年後の予測においてもさらなる増加が見込まれています。

 http://www.meti.go.jp/intro/kids/ecology/10.html

 

また、世界のCO2排出量の推移を見ても未だ右肩上がりであるのが現実です。

http://www.fepc.or.jp/future/warming/co2_hyouka/sw_index_02/index.html

 

 

もし私達がこの底無しのエネルギー依存を必要とする社会システムから脱却できないのであれば、私達が必要とするエネルギーの選択肢はやはり原発の推進以外に無いのかもしれません。

 

 

そうやってあきらめることで、私達人類はこれまで底無しにエネルギーを求め続け、底無しにエネルギーに依存し続けることによって「私達の環境」に様々な変化を引き起こしてきました。

 

先の戦争や前回に述べた熱帯雨林の破壊による砂漠化などもそうした変化の一部であり、福島県で現在進行形の環境破壊も私達こそが引き起こした環境の変化です。

 

 

底無しに増加していくエネルギーに依存しなければならない生活を、なぜ私達は止めることが出来ないのでしょうか?

 

 

18世紀から始まり、数十年先の未来でもエネルギーの増加が予見されている、キリのないエネルギー消費拡大生活から、私達はなぜ脱却することができないのでしょうか?

 

 

 

・・・・答えは簡単です。

 

 

それは私達の多くが、自らの衣食住を確保し続けるために「お金」を必要としているからです。

 

お金が無ければ自らの生活を維持することが出来ない社会システムの中にいるために、多くの人達が果てしない他人との競争の中でお金を求め続けてしまっているからなのです。

 

 

お金もある意味ではエネルギーであり、それは人の思念のエネルギーだと言えるでしょう。

 

つまり私達は自分の生活の維持を「人のエネルギー」に依存しているとも考えられるわけです。

 

 

・・・話が少々脱線しましたが、もし私達が自分の生活の維持をお金ではなく、自ら生産することができるエネルギーによって成り立たせることが出来れば、もう必要以上にお金を求めることも、必要以上に化石エネルギーや原子力エネルギーなどに頼る理由もなくなります。

 

実際に明治維新以前の日本人はそういったエネルギー社会を築いていたわけですが、では現代社会における私達はどういったカタチでエネルギーを自ら生産していくことが理想であり可能なのか?

 

 

 

・・・食糧エネルギーにおいては、やはり昔のように地域単位における米作を中心とした食糧生産こそが、日本の風土に最も適したエネルギー確保のあり方です。

 

私達一人ひとりが米の生産に何らかのカタチで関わり、米という循環型食糧エネルギーの消費を主体的に選択していくことで、全体としても過大なエネルギーの必要がなくなるのです。

 

わざわざ多大なる輸送エネルギーを使用して他国から食糧を輸入する必要もなければ、世界各国の熱帯雨林を破壊させる必要もなくなるのです。

 

また、多くの人達が(何らかのカタチで)米の生産に関ることによって、自らの消費意欲につながり、新たな雇用、様々な雇用も生まれ、日本国土の緑資源、環境等の保全にもつながります。

 (この雇用や環境保全については国としてのエネルギー政策、つまり食糧政策に関連する事業として非常に重要だと私は考えています)

 

 

私達の生活に必要なエネルギー(食糧)を私達一人ひとりがどう選択していくのか?

 

その一人ひとりの選択と意志(習慣)こそが、私達の未来の姿、子供達の未来の姿を決定づけているのです。

 

 

 

・・・化石燃料によるエネルギーは当然、私達が生産に関わることはできませんし、原子力発電によるエネルギーも私達一人ひとりが生産に関わることはまず出来ません。

 

あくまでも一部の人達にその権力が集中します。

 

したがって原発エネルギーは国としては自立したエネルギーであっても、私達一人ひとりからすれば結局はお金に依存しなければ得ることが出来ないエネルギーであるわけです。

 

お金に依存しなければ得ることができないようなエネルギーでは、人と人との果てしない競争により生じる様々な不幸はどうしても避けられません。

 

 

その点、循環型自然エネルギーは個人個人が生産することのできるエネルギーとして非常に有望です。

 

太陽光発電各家庭において設置が可能であり、すでに世帯レベルで消費される程度の電力は確保できる技術が確立されています。

 

風力発電も形状などの工夫により各家庭での設置は可能ですし、自治体レベルでの設置には様々な可能性が考えられるでしょう。

 

水力発電を考えれば、河川や農業用水を利用した小水力発電の普及を推進することにより、自治体レベルの自立エネルギーの確保に大きな可能性を見出せます。

 

 

 

・・・私達が今に必要な選択、今に求められていることは、18世紀から延々と続いている底無しのエネルギー依存生活からの脱却であり、それぞれが自立したエネルギーの生産を可能とすることで、自律を保ちながらも互いに手を取り合って日々を楽しく生きることのできる社会を創造していくことなのです。

 

 

大事なことはさらなるエネルギー消費拡大による「私達の発展」ではなく、自立した自然エネルギーによる「私達の安定」なのです。

 

 

私達は食糧にしろ、燃料にしろ、エネルギーの供給を他に依存してしまっているために「自律」することが難しくなってきています。

 

その例として、経済を優先し、人の安全性をないがしろにしたエネルギー供給の推進(原発の推進や戦争への参加)があり、

 

国の医療費の上昇分の約8割を占める生活習慣病の増加(先日新たに五大疾病として加わった精神疾患も、人の自律が困難となった例の一つです)などが挙げられるでしょう。

 

 

 

ですが、食糧にしろ燃料にしろ、自らで生産することによって必然的に自足することとなります。

 

そうやって自足することに依って初めて、人に「足るを知る」という自律の知恵が生まれるのです。

 

私達一人ひとりがエネルギーの自給自足を確立し、自律する知恵を持つことでようやく、個人においても私達(国)においても真に安定した生活を創造することができるのではないでしょうか。

 

 

くりかえしますが私達が本気で未来のことを考え、本気で子供たちのより良い未来、より良い環境を求めるのであれば、自らの生活エネルギーの選択に私達こそが責任を持たなければなりません。

 

未来により良い環境をつなぎ、次世代の人達のより良い未来を想うのであれば、キリなく他に依存することのない身の丈にあった生活と、その生活を維持していくために必要なエネルギーの選択こそに、私達が責任と覚悟を持たなければなりません。

 

 

 

・・・ツイッターでこんなことを書いている人がいました。

 

どうせ人間皆死ぬんだから、生きているうちに好きなことやって楽しんだ方がいいよ、と。

 

ちなみに私も、17歳の頃にC型肝炎に感染していることを知らされ当時の情報を鵜呑みにしていた時は、同じように考えていたものです。

 

どうせ早死にするんだから自分のやりたいことをやって太く短く生きたほうがイイに決まっていると。

 

 

・・・ですが、今の私の考えは違います。

 

どうせ人間、皆いつかは死ぬことは間違いありません。

 

しかし、どうせ死んでしまうからこそ、人は次の世代により良い社会と環境をつなげていくための力となることに自らの喜びを見出せるのです。

 

もし自分が死なない存在であれば(そう思い込んでいるのであれば)、そういったところに自分の喜びを見出すことはできないでしょう。

 

 

どうでしょう?皆さんは人間どうせ死ぬんだから、自分の好き放題にエネルギーを使い散らかして生きたほうが楽しいとお思いですか?

 

それとも、人間必ず死ぬからこそ次世代のためにより安定した社会、より良い環境を創造していくための力になったほうが楽しいとお思いになりますか?

 

あなたはどちらの生き方にワクワクしますか?

 

どちらの生き方に夢を見出せますか?

 

 

 

場当たり的でキリのない消費から生まれるお金に依って自らの生活を維持しようとするのではなく、お金がなくとも私達の生活を維持できるような社会の創造を見据えて生きる。

 

そのために「私達一人ひとりが自給自足できる自然エネルギーのインフラ拡充を求めていく」という、市場原理の枠から一歩外れた、国民全体の合意につながる「強い意志」「強い信念」が必要だと私は考えています。

 

 

18世紀から続くキリのない経済成長、エネルギー消費拡大をこれからも継続していくために原子力発電を利用するのではなく、

 

キリのないエネルギー消費拡大生活から脱却するために、

個人個人や自治体レベルで自給自足できるエネルギー社会基盤を創造していくために、

 

そのために今ある石油資源を利用していくという発想が大事なのです。

 

 

そのために今ある原子力施設の稼動がどうしても必要だというのであれば致し方ありませんが、あくまでもエネルギー消費拡大生活からの脱却が目的である以上、原発の推進が必要とならないのは自明の理ではないでしょうか。

 

 

 

 

玄米屋たいぞうの想い72(原発問題と食の問題 其の二 ) に戻る

玄米屋たいぞうの想い74(食と玄米と人の健康 前編) に進む

 

 

前のページに戻る

 

トラックバック(3)

トラックバックURL: http://genmaiya-taizo.com/blog/mt-tb.cgi/384

食の安心と確固たる信念に生きる店”玄米屋たいぞう” - 玄米屋たいぞうの想い72( 原発問題と食の問題 其の二 ) (2011年7月14日 07:49)

 「食糧」は人の活動と存在のために必要なものであり、個人や私達の安定の... 続きを読む

食の安心と確固たる信念に生きる店”玄米屋たいぞう” - 玄米屋たいぞうの店主の日記や、日頃の考えを公開しています (2011年7月14日 09:53)

      &nbs... 続きを読む

食の安心と確固たる信念に生きる店”玄米屋たいぞう” - 玄米屋たいぞうの想い74 ( 食と玄米と人の健康 前編 ) (2011年11月 8日 15:31)

 今回は「人の健康」というものについて、私が考えていることを書いてみた... 続きを読む

玄米屋たいぞうのおすすめコンテンツ


 │ たいぞうの営養講座玄米の炊き方  │  玄米とダイエット │  玄米食が不安という方へ │ 玄米Q&A │ 

 

 │ 杉田玄白と養生七不可 │  寿命と健康 │  自律神経失調症・パニック障害改善プログラム  │ 

 

 │ 7種のプラセンタサプリ通販徹底レビュー  │  宅配買取特集【断捨利のススメ】 │  猫背改善情報  │ 

 

 

 

 -------------------------------------------広告-------------------------------------------


楽天広告 楽天広告



【必見】 月に一度の断捨利day!
不用品のお得な高価買取店ランキング情報をチェック♪

 



トップページアーカイブ 
TOP
サムライの魂
サムライの夢
ご案内
お問い合わせ


【フードコーディネーター講座】

たのまなの無料資料請求についてのご案内と講座レビュー






乾燥肌、敏感肌、トラブル肌に
【アクアゲルマジェル】




Pierrot 【ピエロ】

e1311-022106_1.jpg




【ダイエット遺伝子検査キット】

DNAダイエット分析のご案内


   






【開運グッズ・楽喜SHOP】

大人気!簡単開運グッズ集

【ラッキーアイテム体験日記】




【サジージュース】
購入した体験感想レビュー




 【ルイボスティーランキング】

ルイボスティーランキングサイト


ノバテック体験ブログ

ティーライフ体験ブログ

アールティー体験ブログ



【安心お試し野菜】

購入した感想と作った料理


  


【Oisixお試しセット】

購入した感想と作った料理


  


【無農薬野菜のミレー】

購入した感想と作った料理


   


【ビオ・マルシェ】

お試し野菜の購入体験ブログ


ビオマルシェのお試し野菜セット


【宅配野菜比較レビュー】

宅配野菜比較レビュー



【ピカイチ野菜くん】 

  


【お得な格安航空券比較サイト】




【漫画高価買取店ランキング】

漫画高価買取店ランキング



【携帯買取ショップ比較サイト】

携帯買取ショップ比較サイト



【オーディオ買取店ランキング】

【オーディオ高価買取おすすめ店ランキングサイト】~全国の中古オーディオ買取店の中から高額買取で評判の良いオーディオ買取人気店おすすめBEST8を紹介する情報サイトです~



【宅配買取おすすめランキング】

宅配買取おすすめランキングサイト



【着物買取店ランキング】

着物買取店ランキングサイト



【着物買取おすすめ店特集】

全国の着物買取店の中から高額買取で評判の良い人気買取おすすめ店BEST8を紹介する情報サイトです



【フィギュア買取おすすめ店特集】

全国のフィギュア買取店の中から評判の良い買取店おすすめBEST8を紹介する情報サイトです



【ブランド買取おすすめBEST8】

ブランド品の高価買取おすすめ店BEST8



【ブランド買取人気店33社比較】

全国のブランド品買取人気店33社の中から、高額買取が期待できるおすすめの買取店を、買取対象商品ジャンルごとにランキング形式でご紹介しています



【時計買取人気店ランキング】

全国の時計買取店の中から高額買取で評判の良いおすすめ宅配買取店BEST8を紹介する情報サイトです



【バイク買取人気店ランキング】

全国のバイク買取店の中から高額買取で評判の良いおすすめ買取店BEST8を紹介する情報サイトです



【バイク一括査定おすすめ特集】

様々なバイク一括査定サービスサイトの中から利用しやすく評判の良い一括査定サービス会社BEST8を紹介するおすすめ情報サイトです




 【楽天ショップおすすめ】

【いい快互服ドットコム】


興和堂さんの体臭、加齢臭、ワキガ臭、子どもの汗のニオイまでニオイの悩みを解決する方法



【アフィリエイトチャレンジ】

アフィリエイトチャレンジの案内





Yahoo!ブックマークに登録


count