TOP たいぞう通信 ブログ おすすめ本 アーカイブ その他

オージャの理 第13回目

 

※ このメールは音声(14分47秒)でも聴くことができます ⇒ オージャの理 第13回

 

音声ファイルが開かない場合はこちらから

 

パソコンやスマートフォンの他、ipodやウォークマンを利用して手軽にお聴きください

 

 

※ 前回のセミナー内容は「こちら」 をクリックしてください

 

 

 

どうも!玄米屋たいぞうの南部です

 

今回のオージャの理では、いよいよ(?)

 

待ちに待った(???)

 

「玄米に関する話」をしてみたいと思います

 

 

そもそも玄米屋なのに、玄米の話をしない様では

 

うちのお客様に失礼ですからね(苦笑)

 

 

・・・ただ、まァ、玄米について、あれもこれもと話をし出しますと

 

全50回のこのメールセミナーが

 

全500回くらいになってしまう恐れがありますので(笑)

 

 

今回は『腸内細菌と玄米との関わり』にフォーカスした上で

 

おそらくあなたも聞いたことがないような、面白いお話をしてみようと思います。

 

 

もちろん、健康創造に大きく関わる話ですからね

 

少々長い話になりますケド、どうぞご期待ください!

 

 

 

・・・え~、玄米という食品の特徴の一つには

 

一般的には、豊富な食物繊維の存在ってのが挙げられますが、

 

食物繊維については、おそらくあなたもよくご存知だと思います。

 

 

・・・ですが、 「食物繊維が人の健康にどう役立っているのか?」については

 

それをきちんと語ることが出来る人は

 

よほどの健康ヲタクか、医学や栄養学関係者でもない限り

 

そう多くはないですよね?

 

 

いちおう食物繊維の栄養学的な知識については、

 

このHPにくわしく書いてありますので、よければそちらで確認してみてください。

 

http://genmaiya-taizo.com/post-10.shtml

(リンク先の4番目が食物繊維の説明となってます)

 

 

 

・・・ただ、何度も言ってるコトですケド、

 

そういったちょっと検索すれば見つかるような

 

安っぽい情報をお伝えするのが

 

このメールセミナーの目的ではないんですよね

 

 

ですから、ここでは 栄養学ではほとんど語られることのない

 

玄米と食物繊維、そして腸内細菌に関わる

 

「健康創造の理」を語らせていただきますので

 

 

ぜひ、その両目をかっぽじって

 

耳をダンボにして

 

ディズニーの曲でも聴きながら(笑)

 

このオージャの理をお楽しみください

 

https://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&NR=1&v=3CNa7K4zZpg

 

 

 

・・・さて、食物繊維と腸内細菌と聞いて

 

僕がまっ先に思い浮かぶのは・・・

 

 

・・・それは「ゴリラ」です

 

 

ゴリラってのは、類人猿の中でも

 

飛び抜けて大きな筋力を持つ動物であることが、よく知られていますが

 

 

・・・ただ、ゴリラは基本的に 草食性の動物なんですよね。

 

 

でもね、ゴリラはみんな

 

人間よりも 遥かに強靭な筋力をもつ肉体に育ちます

 

 

あなたはそれが何故なのか?知ってますか?

 

 

・・・

 

 

・・・その理由としては


「食物繊維と腸内細菌との関係性」が挙げられるんですよ。

 

 

ゴリラとかキリンなどといった草食性の動物が

 

たんぱく質を食べなくても 肉体が形成される秘密

 

「腸内細菌の働き」にあるんですね。

 

 

草食動物ってのは、発達した長い腸を持っていて

 

そしてそこには様々な微生物(細菌)が住んでいます。

 

 

その微生物たちは、自身の生命活動の一環として

 

草食動物が食べた草とかに含まれている食物繊維を分解しながら

 

様々な物質を分泌してるんですが、

 

 

その様々な物質というモノの中にタンパク質(アミノ酸)があるんですよ。

 

 

つまり、草食動物は微生物が生産したタンパク質を吸収することで

 

その肉体を形成しているというわけです。

 

 

・・・で、それってのは人も同じでして、

 

 

人のお腹の中でも、腸内細菌による食物繊維の分解活動は

 

行われているんです。

 

 

とくに植物性の食事を主体にしている人は

 

その活動は比較的活発に行われています。

 

 

ところが、その事実について、従来の医学や栄養学では

 

「人間の腸内細菌が分泌するエネルギーはごくわずかであり

そのシステムは草食動物とは異なっている」

 

・・・などといった理由で 「無視」しちゃってるんですよ。

 

 

・・・ハッキリ言って、そういう姿勢は

 

人の可能性を貶めるダメダメ行為です(苦笑)

 

 

医学とか、栄養学ってのは 西洋発祥の学問なんですが、

 

 

西洋発祥の「科学的研究」においては、

 

人はどうしても、様々な「違い」を排除しながら

 

「均一化されたデータ」を求めようとしてしまいがちなんです。

 

 

それってのは、何でかって言うと、

 

『人は自己保存の欲求の影響で、 自分でも無意識のうちに

「情報が同じであること」を求めている』

 

・・・というところに、 その理由の一端が隠されているんですが・・・

 

 

まァ、話が横にズレちゃいますので

 

科学を哲学する話は止めときましょう(苦笑)

 

 

・・・だいたいですね、 人の腸内細菌の構成やその働きってのは

 

わざわざ草食動物と比べるまでもなく、人それぞれに千差万別なんです。

 

 

腸の長さなんかにしても、 人それぞれに「違い」があるんです。

 

 

そして、そこで繰り広げられている生命活動は

 

人それぞれに全く違った様相を示しているんですよ。

 

 

人の腸内細菌の構成や特性については

 

情報があまりにも膨大過ぎることもあって

 

 

医学や栄養学でも「まだよく分かっていない」という認識なんですが、

 

 

分かっていないことの方が ほとんどであるにも関らず、

 

判明したことばかりをクローズアップしているのが 現実の有り様です。

 

 

そしてその際に「分かっていない様々な違い」を ないがしろにして、

 

無視するようであれば、

 

 

それってのはある意味

 

強引かつ乱暴で、 個人の可能性を貶める行為にしかならないんです。

 

 

腸内の出来事に限らず、僕たちは

 

様々な「違い」が「他にある」ということを「意識的に認めること」

 

によって

 

自己保存の欲求に縛られている 自分自身の可能性を

 

拡げていくことが出来るようになるんですよ。

 

 

その「理解」がね、とても大切なことなんです。

 

 

 

・・・抽象的で哲学チックな話ではありますが

 

「違いを認める」ってのは 「同じではないことを認可する」ということであり

 

イコール「違いを許す」ということであり、

 

それはつまり「変化を許可する」ということです。

 

 

ですから、変化に対して意識的に適応できる

 

より高度な可能性を持つ人に成長するためには

 

 

それが自分であるにしろ、他人であるにしろ

 

「違い」を「無視」するのではなく、

 

「認めることができるようになる」ことが大切だということを

 

ぜひぜひ(×100回)しっかりとご理解ください

 

 

 

ちなみに、人の「腸内細菌の構成の違い」について

 

具体的な例え話としては、よく挙げられていることに

 

パプアニューギニアに住む少数民族の人達の話があります。

 

 

彼らの食事はイモ類を主体にした植物性のものばかりで

 

動物性の食品はめったに食べないそうですが、

 

その多くがボディビルダーもビックリの身体つきです。

 

 

これには民族独特の腸内細菌の構成が

 

大きく影響しているということが知られています。

 

(大気中の窒素を固定化する菌が多いと言われています)

 

 

昔の日本人なんかも同様でして

 

当時のご先祖さま方は、植物性の食品を主にして食べていましたので、

 

やはり、腸内細菌が生産するアミノ酸などが

 

日々の生活のエネルギーとして、大きな役割を担っていたのではないか?

 

ということが推測されています。

 

 

その推測を裏付けるものとしては

 

1549年にフランシスコ・ザビエルがローマに送った書簡の中に


「日本人は野菜を豊富に食べ 魚や米、麦は少量しか食べないにも関らず

不思議なほど健康で、稀な高齢に達する者も少なくない」

 

といったことが書かれていたことや、

 

 

明治時代初期に日本にやってきた

 

ベルツというドイツのお医者さんの実験結果が有名です。

 

 

ベルツ博士の実験は、人力車の担い手に対して

 

穀物や野菜などを中心とした従来の食事と

 

牛肉を与えた食事との、

 

「仕事の耐久力の違い」を調べるものであったそうですが、

 

 

その結果は、従来の植物性の食事の方が優秀で

 

慣れない肉食の方は3日で疲労が蓄積し、 仕事に支障が生じてしまったとされています。

 

 

当時のご先祖さま方の日々の運動量は

 

現代人のそれとは比べものにならないほど 過酷であったとされているにも関らず

 

植物性の食事でも、多大なエネルギー活動を可能としたその背景には

 

やはり腸内細菌が大きく関わっているであろうことが、推測されるというわけです。

 

 

・・・まァ、でも、それは過去の話ですので

 

証明のできない憶測にしかならないんですけどね

 

 

ただ、現代の日本でも、極端な小食なのに健康で元気な人や、

 

「不食」といって、食事をまったく取らなくとも生存することができる人が

 

少数とはいえ実際に居られます。

 

 

そうした方々を、 科学的に研究する試みについては

 

一般に語られるようなことは、 今のところはありえないでしょうが、

 

 

やはり、そうした方々の腸内でも

 

窒素を固定化する働きをもつ、腸内細菌の活躍が推測できるわけです。

 

 

・・・もちろん、 他の様々な可能性も考えられますケドね

 

 

 

多大なエネルギー消費活動を減らすことができれば、

 

「気枯れ」を減らすことにもつながりますので、

 

 

人体に例えるならば

 

肉体の酸化劣化を促すとされる

 

「活性酸素」の発生を減らすことなんかにもつながるでしょう。

 

 

イコール、「健康の可能性を高めることができる」ということです

 

  

・・・ただね、勘違いはしないでもらいたいんですが

 

僕は別に「小食になりなさい」とか

 

そういったことを推奨しているわけではありませんからね。

 

 

植物性の食事を、特別に勧めているわけでもありません。

 

 

僕がここでお伝えしたいことは

 

何を食べると良いとか、食べない方が良いとか

 

そういったことではなくて

  

『人それぞれ環境に応じた「違い」があって、

その「違いと環境に見合った食品」を 意識的に、

つまり主体的に 「選択」した上で、食生活を営むことが

自身の健康に良い影響を及ぼすことにつながる』

 

ということなんです。

 

 

栄養学ってのは、 もともと内省的な学問ではなくて、

  

外向きで西洋志向の学問ですから、

 

どうしても西洋の人と文化に、その意識を合わせがちになるんですが、

 

 それに心身が順応しない人、合わない人もね、たくさんいるんですよ。

 

 

・・・にも関らず、そういった学問が絶対であるかのように信じ込んだ人が

 

 無自覚に合わせるようなことをしたり、

 

 他人に対して無理に合わせることを、求めるようなマネをするから

 

 その「違い」が、がんやら、ウツやら、何やらと

 

 カタチを変えて、表面化することにもなるんです。

 

 

 健康を自らで創造していく上で大事なことは

 

「環境」や「食品」と「自分自身」を 「合わせる」という行為について

 

他人や何かの意思に委ねてしまうのではなく

 

「それを自らの意思で行う」 というところにあるんですよ。

 

 

「自分の調和は自分自身で創造する」という意識を持つことが大切なんです。

 

 

 

・・・にも関らず、

 

 

食べることばかり考えている人、

 

入れることばかり考える人、

 

求めてばかりにいる人ってのは

 

どこかで自分のバランスを崩してしまいます。

 

 

「食」という人の営みと、その「調和」を

 

”無自覚に” 他の何かに委ねてしまっているので

 

自分の思惑とは異なるズレが、次第に生じてしまうことになるわけです。

 


「食」ってのはですね、

 

『生命同士のコミュニケーション』なんですよ。

 

 

コミュニケーションってのは、 他に委ねてしまうようであれば、

 

まず長くは続かないもんです。

 

一方的なコミュニケーションも決してうまくいきません。

 

 

・・・そんなことはもちろん あなたもよくご存知ですよね?

 

 

・・まァ、とはいえ

 

 

「食が生命同士のコミュニケーションである」 な~んて話は

 

あなたもあまり聞いたことがないと思います

 

 

今のその話が事実であるということについては

 

次回のメールセミナーで説明したいと思いますので

 

どうぞご期待ください!

 

 

 

・・・ただ、このままでは 、玄米の話をするつもりが、

 

食物繊維の話と哲学チックな話で終わってしまうような感じもしますので(苦笑)

 

 

「食物繊維」にも、様々な「違い」があるということを

 

あと少しだけお話しますね。

 

 

 

・・・一般的にはですね、

 

何でもかんでも 「食物繊維」で、ひとまとめにされちゃってますが

 

 

・・・でもね、そういう判断をすると

 

大事なことを見落としてしまいます。

 

 

大事なこととは

 

「食品の違い」は、微生物にとって「生活環境の違い」になる

 

ということを知ることです。

 

 

例えば、サツマイモに含まれる食物繊維を好む微生物と

 

玄米に含まれる食物繊維を好む微生物は 同じではありません。

 

 

「食品=生活環境」が異なれば、

腸内細菌の構成や、それらが分泌する物質が変わっていくというのは

 

当然の出来事です。

 

 

玄米を食べることは、僕達のご先祖さまの時と同じ様な環境

 

(=腸内環境)を構成するためとして

 

役立つ可能性が高いというわけですが・・・

 

 

それがあなたにとっての調和につながるかどうか?

 

 

・・・その判断はあなた自身で選択してくださいネ

 

 

 

それでは、ずいぶんと長くなってしまいましたが、

 

今回はこれで終了とさせていただきます。

 

 

宿題については、また明日にでも ご案内させていただきます

 

 

長文にも関らず、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

どうぞゆっくりと目を休めてあげてください

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

発行: 玄米屋たいぞう   住所: 福井県福井市江尻が丘町121

 

お問い合わせ: http://genmaiya-taizo.com/post-16.shtml

 

ご感想ならびにご質問はこちらから: http://ws.formzu.net/fgen/S59986462/

 

 ━━━━━━━━━━━━━━━ PR ━━━━━━━━━━━━━━

 

 

玄米屋たいぞうの無農薬玄米はコチラから

 

玄米屋たいぞうの減農薬玄米はコチラから

 

 

 

玄米屋たいぞうのおすすめコンテンツ


 │ たいぞうの営養講座玄米の炊き方  │  玄米とダイエット │  玄米食が不安という方へ │ 玄米Q&A │ 

 

 │ 杉田玄白と養生七不可 │  寿命と健康 │  自律神経失調症・パニック障害改善プログラム  │ 

 

 │ 7種のプラセンタサプリ通販徹底レビュー  │  宅配買取特集【断捨利のススメ】 │  猫背改善情報  │ 

 

 

 

 -------------------------------------------広告-------------------------------------------


楽天広告 楽天広告



【必見】 月に一度の断捨利day!
不用品のお得な高価買取店ランキング情報をチェック♪

 



トップページアーカイブ 
TOP
商品注文
サムライの魂
サムライの夢
ご案内
お問い合わせ


【ネットショップ送料の御案内】

常温便送料表


【ダイエット遺伝子検査キット】

DNAダイエット分析のご案内


   


【フードコーディネーター講座】

たのまなの無料資料請求についてのご案内と講座レビュー






乾燥肌、敏感肌、トラブル肌に
【アクアゲルマジェル】




Pierrot 【ピエロ】

e1311-022106_1.jpg








【開運グッズ・楽喜SHOP】

大人気!簡単開運グッズ集

【ラッキーアイテム体験日記】




【サジージュース】
購入した体験感想レビュー




 【ルイボスティーランキング】

ルイボスティーランキングサイト


ノバテック体験ブログ

ティーライフ体験ブログ

アールティー体験ブログ



【安心お試し野菜】

購入した感想と作った料理


  


【Oisixお試しセット】

購入した感想と作った料理


  


【無農薬野菜のミレー】

購入した感想と作った料理


   


【ビオ・マルシェ】

お試し野菜の購入体験ブログ


ビオマルシェのお試し野菜セット


【宅配野菜比較レビュー】

宅配野菜比較レビュー



【ピカイチ野菜くん】 

  


【お得な格安航空券比較サイト】




【玄米酵素ごはん大辞典】

玄米酵素ごはん大辞典



【ニキビ跡消し治療特集】

ニキビ跡消し治療特集



【消臭スプレーランキング】

消臭スプレーランキング



【口臭改善情報サイト】

口臭改善情報サイト



【漫画高価買取店ランキング】

漫画高価買取店ランキング



【漫画宅配買取14店舗比較】

漫画宅配買取14店舗比較



【携帯買取ショップ比較サイト】

携帯買取ショップ比較サイト



【オーディオ買取店ランキング】

【オーディオ高価買取おすすめ店ランキングサイト】~全国の中古オーディオ買取店の中から高額買取で評判の良いオーディオ買取人気店おすすめBEST8を紹介する情報サイトです~



【宅配買取おすすめランキング】

宅配買取おすすめランキングサイト



【着物買取店ランキング】

着物買取店ランキングサイト



【着物買取おすすめ店特集】

全国の着物買取店の中から高額買取で評判の良い人気買取おすすめ店BEST8を紹介する情報サイトです



【フィギュア買取おすすめ店特集】

全国のフィギュア買取店の中から評判の良い買取店おすすめBEST8を紹介する情報サイトです



【ブランド買取おすすめBEST8】

ブランド品の高価買取おすすめ店BEST8



【ブランド買取人気店33社比較】

全国のブランド品買取人気店33社の中から、高額買取が期待できるおすすめの買取店を、買取対象商品ジャンルごとにランキング形式でご紹介しています



【時計買取人気店ランキング】

全国の時計買取店の中から高額買取で評判の良いおすすめ宅配買取店BEST8を紹介する情報サイトです



【バイク買取人気店ランキング】

全国のバイク買取店の中から高額買取で評判の良いおすすめ買取店BEST8を紹介する情報サイトです



【バイク一括査定おすすめ特集】

様々なバイク一括査定サービスサイトの中から利用しやすく評判の良い一括査定サービス会社BEST8を紹介するおすすめ情報サイトです



【名前入れ詩ギフト比較サイト】

名前入れポエムギフト比較情報サイト



【還暦祝いおすすめプレゼント】

還暦祝いおすすめプレゼントランキング情報サイト



【金婚式おすすめプレゼント】

金婚式おすすめプレゼントランキング特集サイト



【プエラリア女子力UP総合S】

プエラリア女子力UP人気通販総合サイト



【精力剤おすすめランキング】

いま人気の精力剤ランキング&おすすめ特集サイト



【福井のおすすめ焼肉店 大蔵】

福井のおすすめ焼肉店 大蔵(たいぞう)のブログ




【サプリメントアドバイザー資格】

   


【米肌(MAIHADA)】
使ってみた感想ブログ

 


【オルビス・ユー】
使ってみた感想ブログ

 


【沖縄オーガニックコスメ琉白】
使ってみた感想ブログ

 


 【楽天ショップおすすめ】




【人気プラセンタサプリ】
7種のプラセンタ体験レビュー




【いい快互服ドットコム】


興和堂さんの体臭、加齢臭、ワキガ臭、子どもの汗のニオイまでニオイの悩みを解決する方法



【アフィリエイトチャレンジ】

アフィリエイトチャレンジの案内





Yahoo!ブックマークに登録


count