購入前に知っておきたいソーラーパネルの仕組み

 

ソーラーパネルに太陽光が当たれば発電するのは知っている人は多いと思います。

ですが、その仕組みまではわかる人は少ないと思います。

 

ソーラーパネルから電気が作られる仕組みを理解できれば、

パネルを設置する時にどのようなことに気を付けたら良いかもわかりやすくなります。

自分の生活スタイルにあったものを見つけやすくなるので仕組みを確かめてください。

ソーラーパネルの仕組みは?

太陽光発電では、ソーラーパネルが太陽の光を受けることで電気が発生します。

これは「光電効果」と呼ばれる仕組みです。 世界にある物質の最小単位は原子で、原子核の周りを電子が回っているという構造をしています。

そこに光(光子)が当たると、光のエネルギーで原子核と電子のつながりが切れて、電子が外に飛び出してくるのです。

光電効果はソーラーパネルでなくても起こりますが、そのような場合、発生する電子の量はわずかで、

しかも電子は外に飛び出すと、すぐにどこかへ行ってしまいます。

 

また波長の長い、弱い光エネルギーだと光電効果は起こりません。

そこで、できるだけさまざまな波長の光を利用して光電効果を起こさせ、

そこからできた電子を飛ばさずに電気として利用するために、太陽光発電の太陽電池はシリコンなどの半導体を使用して作られています。

半導体は、強い短い波長の光より、少し弱い光でも光電効果を起こさせることができ、発生した電子を特定の方向に流します。

そのため電子を電気として使うことができるようになるのです。

その太陽電池を、風雪などの自然環境で傷まないように保護する素材で包み、板状にしたものがソーラーパネルです。

引用: https://looop.co.jp/epc/column/column.html?seq=9

 

上記のように少し複雑ですが、簡単に言うと太陽光発電は、太陽の光エネルギーで発電することです。

また、太陽の光はたくさん使っても枯渇しないため、再生可能エネルギーの1つとされます。

 

ソーラーパネルの特徴

環境にいい再生可能エネルギー

たくさん使っても枯渇することなく繰り返し使うことが出来ることを再生可能エネルギーと言います。

太陽光発電システムは、太陽の光をエネルギー源としているためソーラーパネルが壊れるまで電気を作り続けることが出来ます。

石油や石炭のように限られた資源を使い尽くしてしまう心配がありません。

 

また、こうした化石燃料をたくさん使っているため環境に悪い影響を与えています。

そのため、太陽光発電のような枯渇しないエネルギーの重要性が高まっています。

ソーラーパネルの発電効率

発電効率とは、良い状態で太陽光を電気に変換できる割合です。

十分な太陽光を受けなければその性能を発揮しないです。

 

設置の際には、陰になることが少なく、長時間日光が当たり続けるポイントを選択します。

季節や、建物のある場所によっても変わります。

 

太陽光をしっかりパネルに受ける設置の仕方ができるのであれば、光を受けるのに有利である南向きのスペースがなかったとしても、

損はしない発電量を得るようになります。

まとめ

以前よりも、太陽光発電の利用は増えています。

今後、蓄電池とAIを取り入れより効率ようく発電できようになっていくみたいです。

まだまだ、太陽光発電は問題が多いですが、どんどん利用しやすくなっていくと思います。

 

 

おすすめの記事