蓄電池のある生活で何が変わるの?

 

蓄電池とは

電気は基本的には貯めておくことができません。

今生活している電気は作られてからすぐに使われています。

 

蓄電池は今まで貯めることが出来なかった電気を貯めたり使ったりできます。

充電・放電を繰り返し行うことができ、二次電池・バッテリーともいわれています。

蓄電池のある生活

停電や災害時

自然災害や停電は避けることはできませんが、備えることはできます。

 

災害時の停電に備えることができ、家中が真っ暗になることもなく

スマホやテレビも普段通り使えます。

 

いざという時に使える蓄電池があれば、安心できます。

病院や工場、公共施設などで非常用電源として広く利用されていますが、

最近では家庭でも手軽に備えられるようになってきています。

 

普段はお得な夜間電力を使って電力を貯めて、電気料金が高くなる日中は蓄電池の電力を使うことで、

安く抑えることが出来ます。

さらに停電の時には、貯めておいた蓄電池の電力を使うことができます。

 

共働きの家庭や大家族の方にはおすすめできます。

オール電化で便利に

オール電化の家庭では、一般的な家庭より電力を多く使います。

蓄電池やソーラー発電があれば安い時に電力を買って貯めておけるので使う時には安く抑えることが来ます。

また、ソーラー発電の電力も使えるのでさらにお得に利用できるようになります。

 

上記では便利に使う方法を紹介しましたが、オール電化場合、災害時などでは多くの電力を使うので、

蓄電池があっても消費が大きくなるので注意が必要です。

電力を売電できる

ソーラー発電で、貯めた電力を使わない時には売電することが出来ます。

以前ほど高く売ることはできませんが、現在でも売電することはできます。

しかし、電力の使い方としては、貯めた電力を自分で使った方お得にできるので状況に応じて考える必要があります。

まとめ

今後、効率てきに電気を貯めておける蓄電池はさらに電気代が安くなったり暮らしがより便利になっていきま。

現在はまだまだ問題点もありますが、これからはもっと利用しやすいものになると思います。


おすすめの記事