蓄電池の「全負荷タイプ」と「特定負荷タイプ」は何が違うの?

 

 

今回は、蓄電池の機能の「特定負荷と全負荷」について紹介していきます。

蓄電池を購入前に知っておくといい機能です。

 

簡単に言うと停電時に使える電気の場所のことです。

全負荷タイプとは

電気の契約や生活環境にもよりますが、60Aや10kVA相当までのすべての部屋で電気の使用が出来るというタイプになります。

ほとんどのご家庭が多くても60Aまでという契約ですので、家中の家電製品がいつも通り使用が出来るイメージです。

 

全負荷のメリットは

200V対応商品が多い為、停電時にもエアコン・IH・エコキュートを使用できます。

そのため、停電時は、いつもと変わらない生活ができます。

 

全負荷タイプが向いている家庭

オール電化を利用している家庭や2世帯家族、ペットや小さいお子さんがいる家庭に特に向いています。

特定負荷タイプとは

事前に指定した特定エリアの電気を使用する事ができます。

蓄電池によりますが、15~20Aまでの回路を選択頂けます。

 

停電時に蓄電池から電気を賄う回路を事前に分電盤から選択しておくことが出来ます。

そして、停電時は選択した回路のみに蓄電池から電気を賄うタイプのことです

 

特定負荷のメリットは

事前に指定するため停電時に使いすぎる心配が要りません。

コンパクトな商品が多く種類も豊富に選びやすくなっています。

また、価格の方も同容量で比較すると20万円前後と少し安くなっています。

 

特定負荷タイプが向いている家庭

停電時は最低限の電気が使用出来れば良いい家庭やコストを抑えたい家庭に向いています。

人数の少ない1世帯家族やペットや小さいお子さんがいない場合にも向いています。

まとめ

今回は、蓄電池の機能の「特定負荷と全負荷」について紹介しまいた。

自分の生活スタイルに合った蓄電池を利用するうえでは知っておくと便利です。

 

蓄電池は10年20年と使えるものがあり長期間使うものですので慎重に選んでください。

また、費用も高いので損したいように選びましょう。

 

 

蓄電池を実際に利用した口コミをまとめていきます

おすすめの記事