家庭用蓄電池のおすすめメーカー

 

蓄電池とは

蓄電池とは、一回限りではなく充電を行うことにより電気を蓄えて電池として使用できる様になり、

必要なときに必要な分だけ使うことができ繰り返し使用することが出来る電池のことです。

 

今回は、蓄電池が普及していく理由や注意したいこと、蓄電池の種類についてまとめました。

かつては産業用として使用されることがほとんどだった蓄電池ですが最近では住宅用として普及し始めています。

蓄電池のおすすめメーカー

伊藤忠商事

 

伊藤忠商事は商社の強みであるリチウムなどの資源にはじまりAIを活かし、

2017年5月から国内企業と共同開発し自社製品、で販売をはじめました。

従来からEVを中心にリチウムイオン電池の原料・部材の生産を展開していました。

 

伊藤忠商事のポイントとしては、

  • 大容量の9.8kWhでいつものように電力が使えます。
  • 高出力で200Vで同時に3kVAまで使用できます。
  • AIによる放充電の最適化で効率よく利用できます。

オムロン

 

オムロンは1933年に創業されたオムロンは、主に制御機器や電子部品を開発しているメーカーで医療機器製造で培った技術を活かし、高性能の機器を開発しているメーカーです。

環境分野でもクリーンエネルギーの活用に貢献し、1994年から着手した住宅向け太陽光パワーコンディショナの国内シェアは35%です。

 

オムロンの蓄電池の一番の特徴は、世界最小・最軽量のコンパクト設計です。

日本の住宅に向いており屋内設置も可能です。

オムロンは、3種類のシリーズに分けて家庭用蓄電システムを展開しています。

京セラ

京セラでは、太陽光発電による蓄電を無駄なく活かす製品を開発しています。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組みにも積極的で、国内の多数のハウスメーカーにも京セラの製品が採用されています。

京セラが扱う家庭用蓄電池は、屋外に設置するタイプのリチウムイオン蓄電システムです。

蓄電容量が大きく、長時間におよぶ電化製品の使用に耐えてくれるのが頼りになります。

 

京セラは、メーカー保証期間が10年あります。

太陽光発電関連の機器は、ソーラーパネルから蓄電システム、HEMSまで揃っています。

家庭内での消費エネルギー節約につながるHEMSは、家電や電気システムと接続することで家電の自動制御や電気の使用量を見ることが出来る管理システムです。

テスラ

自動車企業テスラの蓄電池「Powerwall(パワーウォール)」が2020年春ごろから設置を開始する事が発表されています。

テスラの蓄電池Powerwallはコストが強みです。

蓄電池は大容量の13.5kWhで、他社の蓄電池よりも価格が安く抑えられています。

 

Powerwallは連続で出力5kWに対応しています。

また、専用の「Tesla app」というスマホアプリで、電気の使用状況を確認したり、運転モードの変更をしたり出来ます。

パナソニック

パナソニックは、リチウムイオン電池の世界シェアNO.1です

蓄電池市場においても知名度があり、太陽光発電と蓄電池の「創蓄連携システム」が有名です。

 

「創畜連携システム」はパナソニックは太陽光発電メーカーである強みを生かして蓄電システムとの連携を推奨し、

さらにパナソニック製のエネファームを連携することでさらに経済的で、節電効果を生み出すことができます。

 

商品ラインアップが豊富で、停電時により多くの機器により長い時間電気を供給したい方向け製品は、

スリムで小型なのに大容量、高出力で低価格となっています。

スペース確保が難しいご家庭向けに壁掛けタイプもあります。

 

一般仕様と耐塩害仕様も選べて、個別に最適な蓄電池を設置できるのがパナソニックのメリットです。

まとめ

家庭用蓄電池は様々なものがあるので生活スタイルに合ったものを、

比較して検討しながら最適な蓄電池を選ぶことが大事です。

 

おすすめの記事