家計にやさしい家庭用蓄電池の「Looopでんち」について紹介していきます。

Looopでんちの特徴や家庭用蓄電池を紹介していきます。

悩んでる方は蓄電池を選ぶ際の参考にしてください。

Looopについて

Looopでんきは、東日本大震災の被災地に太陽光発電を設置するボランティア活動から企業されました。

株式会社Looopは太陽光発電パネルの販売や、発電所の設置・運営を手掛ける会社です。

Looopが利用できる太陽光発電所は1,500箇所です。

 

供給する電力は、再生可能エネルギーや太陽光発電の自然エネルギーからの調達比率が大きいのが特徴です。

Looopでんきの特徴は基本料金が0円で業界でも電気代が安くなります。

太陽光と蓄電池の複数の料金プランもあり安く抑えることが出来ます。

Looopでんちの特徴

Looopでんちの料金プラン

Looopでんちの特徴は電気との契約プランが豊富で自分にあったプランを見つけやすくなっています。

  • Looopでんきの料金:26.4円/kWh(東京電力)
  • でんち割料金:23.4円(でんき+でんちのセット割)
  • でんち割+ソーラー割:22.4円(でんき+でんちのセット割+他社の太陽光パネルを設置の場合)
  • でんち割+ソーラー割:21.4円(でんき+でんちのセット割+Looopの太陽光パネルを設置の場合)

Looopの蓄電池を利用の「でんち割」で、1kWhあたり3円引です。

そこに太陽光発電での余剰売電をLooopして「ソーラー割」で1kWhあたり1円引き。

さらに、太陽光パネルがLooop製の場合は「ソーラー割L」にでき、1kWhあたり1円引きできます。

最大で5円引きも電気代が安くなります。

利用できる環境によってプランがあり、様々な家庭に対応できます。

AIを搭載し節電

AIが電気の売買電を最適化して効率よく電気を使うことが出来ます。

Looopでは電気に関わる多くのデータが蓄積されています。

そのLooopでのデータや家庭で蓄積される個人のデータ含めて最適化し全自動で運転してくれます。

Looopの家庭用蓄電池の特徴

Looopでんちの特徴や性能を紹介していきます。

Looopでんち

蓄電容量は、4kWhとなっています。

容量は少ない方ですがAIとLooopが家庭ごとの電気使用状況、電気代の契約情報など日々の状況を蓄積したデータの予測により、効率的なシステムが搭載されています。

本来よりも蓄電容量が大く利用できるようになっています。

対応保証は15年と長く利用できるようになっています。

Looop AI搭載フレキシブル蓄電池システム

蓄電容量は、9.8kWhで大容量で省スペースです。

太陽光パネル設置済や今あるパワコンをそのまま使いたい方に向いています。

上記と同様にAIを搭載し節電を、自動でコントロールします。

Looopの蓄電池のメリット・デメリット

Looopを選ぶ際のメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

本体価格が安いことが大きなメリットです。

他社製の価格の場合100万以上かかるの一般的でどうしても導入しずらくなります。

Looopの蓄電池の場合100万以下で始められるので初めて導入する方でも導入しやすくなっています。

また、AIが家庭の電気に関わるデータを収集し、自動で電力を最適化してくれるため、蓄電システムを毎日操作する必要はありません。

デメリット

価格は安い方ですが、設置に必要な工事費用高く、さらに費用がかかる場合もあります。

蓄電池の容量は4kWhなので、使い方や世帯人数によっては容量が足りなくなることもあります。

 

万が一の災害時の電力使用や、電力の自給自足を目的としている方には向いているでしょう。

最後に

Looopの蓄電池を購入する時は安くなるプランに変更できるのでシンプルに安くなり大きなメリットです。

蓄電池の価格も安いだけではなく安全性や長寿命なども考えた上でおすすめできるいい製品となっています。

家庭用蓄電池を選ぶ際は、蓄電容量やサイズや太陽光発電と併用できるかなど、ライフスタイルに合ったものを選んでいきましょう。

 

また、蓄電池を選ぶ際は複数の見積もりを比較することをおすすめします。

 

\Looopの蓄電池については詳しくはこちらから👇

\Looopでんきについてはこちらから👇
おすすめの記事