コンパクトで大容量「オムロン」の家庭用蓄電池の特徴

今回は、蓄電システムの特徴や家庭用蓄電池を紹介していきます。

どれにするか悩んでる方は蓄電池を選ぶ際の参考にしてください。

オムロンについて

1933年に起業されたオムロンは、制御機器や電子部品を開発しています。

医療機器製造で培った技術を活かし、高性能の機器を開発しているメーカーです。

身近なところでは家庭用医療機器を扱い、環境に配慮した経営を行うためのトータルサポートなどの環境関連事業も行ってきました。

 

太陽光発電用パワーコンディショナーの主力メーカーのひとつです。

蓄電システムの開発、販売も行っていて環境に配慮した事業に意欲的で、太陽光発電と蓄電システムの連携で省エネを目指しています。

 

オムロンは、3種類のシリーズに分けて家庭用蓄電システムを展開しています。

「KP55Sシリーズ」「KP48S2シリーズ」「KPACシリーズ(A・B)」それぞれの蓄電システムの機能があるのか紹介していきます。

オムロンの蓄電池の特徴

蓄電池とは

蓄電池(二次電池)とは、一回限りではなく充電を行うことにより電気を蓄えて電池として使用できる様になり、必要なときに必要な分だけ使うことができ繰り返し使用することが出来る電池のことです。

かつては産業用として使用されることがほとんどだった蓄電池ですが最近では住宅用として普及し始めています。

KP55Sシリーズ

「KP55Sシリーズ」は、太陽光発電用ハイブリッド蓄電システムで、太陽光発電システムと蓄電システムのパワーコンディショナーが組み合わせたタイプです。

 

容量アップでより多くの発電ができムダなく活用することが可能になります。

また、大容量にも関わらずコンパクトな設計でスペースを取らないところも、家庭用蓄電池としておすすめです。

 

売電の買取価格や電気料金の変化に対応した3つの運転モードがあります。

  • 売電優先の運転モード

    余剰電力は売電して、夜間電力で蓄電池に充電し、朝夕は蓄電池から電気を使って電気代を節約します。

  • 万一の停電に備える運転モード

蓄電池の残量を確保して万一の停電時に使用できるようになります。

  • 自家消費優先の運転モード

余剰電力は蓄電池に充電して、朝夕夜間までできるだけ自家消費を優先する運転モード。

KP48S2シリーズ

「KP48S2シリーズ」は太陽光発電用ハイブリッド蓄電システムです。

KP48S2シリーズも上記と同じ売電の買取価格や電気料金の変化に対応した3つの運転モードがあります。

KPACシリーズ(A・B)

「KPACシリーズ」は、産業用と家庭用の共用ハイブリッド蓄電システムで太陽光発電にも後から設置でき、余剰電力を貯めて活用できます。

小型サイズで省スペースなので、置く場所にも困らないです。

 

また、太陽光発電に蓄電池を後付けする場合は、パワーコンディショナーをハイブリッドタイプにする必要があります。

しかし、本機はすでに設置された太陽光発電システムに後からでも連携できるため、機材の買い替えコストが少なくてすむのもメリットです。

蓄電池のよくある質問

蓄電池の適した設置場所は?

蓄電池は基本的に、メンテナンスがしやすく、災害や火災などが受けない場所に設置することが理想です。

屋外設置型だと条件に合う場所は多いですが、設置場所の環境によって多くの費用が掛かるので注意が必要です。

 

その他にも日射条件、温度、雨や雪、換気、塩害などもあらかじめ注意して置く必要があります。

蓄電池の大きさはどのくらいですか?

メーカーによって違います。

屋内用のコンパクト、軽量モデルや屋外のモデルあります。

ライフスタイルや設置場所によって違い自分にあったものを選ぶことができます。

蓄電池にメンテナンスは必要ですか?

蓄電池は基本的にメンテナンスはいりません。

各メーカーのサポートとして24時間体制で監視システム機能があるため点検はいりません。

蓄電池の掃除程度で大丈夫です。

最後に

今後家庭用蓄電器を利用する人は使用目的に合う製品を選ぶことが大切です。

メーカーごとのに種類や特徴が違く、蓄電池のスペックなどを総合的に判断し、目的に合ったものを見極めて選ぶことをおすすめします。

 

本体価格と設置費用は販売会社により差がでることがあるので、必ず複数業者の見積もりを出してもらい比較して見極めるほうがいいと思います。

これから蓄電池や太陽光を始めたいと考えている人や、すでに購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

\オムロンの蓄電池については詳しくはこちらから👇

おすすめの記事