LooopでんきのEV向けプランなら電気代がもっとお得に!

最近では、海外ではEVの普及が急速に進んでいます。

国内でも各メーカーがEVを発売すると発表が増えて来ています。

EV向けの新電力プランも徐々に増えてきていて、今後ももっと多くなると思います。

 

今回は、EV向け料金プランのLooopでんき+EV割を紹介していきます。

現在、EVを使っていて電力会社を見直して無い方やこれからEVの購入を考えている方におすすめできるプランとなっています。

EVはガソリン車と比べて維持費やすくなりますが料金プランを見直すともっと安くなるので参考にしてください。

Looopでんきとは

Looopでんきは、東日本大震災の被災地に太陽光発電を設置するボランティア活動から企業されました。

株式会社Looopは太陽光発電パネルの販売や、発電所の設置・運営を手掛ける会社で利用できる太陽光発電所は1,500箇所と多くの発電所を所有しています。

供給する電力は、再生可能エネルギーや太陽光発電の自然エネルギーからの調達比率が大きいのが特徴です。

Looopでんきの特徴は基本料金が0円で業界でも電気代が安くなります。

Looopでんきのメリットはこちら
  • 基本料金無料
  • 料金プランはシンプルでわかりやすい
  • セットプランが豊富
  • 解約金・違約金がない
  • 契約がしやすい

Looopでんき+のセットプラン

Looopでんき+は、Looopでんきのサービスと新たなサービスを+(プラス)して、お得な割引に繋がるセットプランのことです。

「Looopでんき+EV割」のほかにも複数あり「Looopでんき+ガス」、「Looopでんき+ソーラー割」、「Looopでんき+ソーラー割 L」、「Looopでんき+でんち割」があります。

Looopでんき+EV割

今回紹介する「Looopでんき+EV割」は、EVを所有し自宅にEV用充電設備を設置していれば、電力量料金が割引でさらにお得になります。

「Looopでんき+EV割」で料金が安くなります。

EVやPHVを充電する場合、充電時に15A程度の容量が必要です。

 

料金は東京電力エリアの場合、基本料金は契約容量が増加した場合でも、変わらず0円のままです。

従量料金は26.4円/kWhですがEV割が適用で-1.0円/ kWh安くなり、25.4円/kWhになります。

容量が多い場合は、契約容量に応じて「ビジネスプラン」へ変更となり従量料金も変わります。

Looopでんきは基本料金が0円なので、契約アンペアが大きくなってもお得になります。

 

Looopでんき+EV割は、自宅での充電の利便性を高め、より快適なカーライフの行えるようにできました。

EVをより便利に使っていく上でプランの見直しは必要になります。

その他のセットプラン

Looopでんき+ソーラー割

太陽光発電を利用されている方には、Looopでんきの「おうちプラン」「ビジネスプラン」への契約で、通常従量料金よりも1円下げた価格で電気を供給されるお得なセットプランです。

また、ソーラー割Lの場合そこからさらに1円下げた価格で、電気を利用できます。

Looopでんき+でんち割

Looopでんきの住宅用蓄電池のLooopでんちを購入した方には、Looopでんきの従量料金より3円下げた価格で、電気を利用できるセットプランになります。

また、Looopでんき+ソーラー割(L)との併用ができます。

そのため、従量料金が最大5円も安くできます。

Looopでんきの料金プラン

Looopでんき+を利用したい方は「おうちプラン」「ビジネスプラン」のどちらかの料金プランを契約してからLooopでんき+のセットプランが利用できます。

おうちプラン

使った電力量の分だけを支払うシンプルなプランです。
ファミリー世帯などの一般家庭向けのお得なプランとなっています。

ビジネスプラン

ファミリー世帯をはじめ、店舗や事務所など、契約アンペア数が高く、電力使用量の多い利用向けのプランです。

動力プラン

業務向けのお得なプランです。
基本料金710円/kWからで季節に合わせ2つの従量料金単価になっています。
主に、飲食店、事務所でエレベーター、業務用冷蔵庫、業務用エアコンの機器を利用する方向けのプランです。

最後に

Looopでんきは、サービス面ではメリットが多く利用しやすくなっています。

駆けつけサービスなどの便利なサービスがいつでも利用できます。

解約時の違約金が掛からないなどの切り替えの際のメリットもあります。

一人暮らしの場合には大手電力よりも高くなることもあるので注意が必要です。

 

最近はEV用の割引プランが増えてきています。

EV・PHEVの購入価格は安くはありません。

お得に活用するうえで考えるのに購入補助金などもあります。

2021年から、環境省の認定を受けたプランを契約することで、EVやPHEVの購入費用を最大80万円補助する制度があります。

来年からは補助金が増額されより多くの人に補助金が利用できるようになります。

EVをすでに使っていて電力会社を見直したい方やこれからEVの購入を考えている方は参考にしてください。

おすすめの記事