シン・エナジーと蓄電池の相性のいいプランはあるの?料金プランを紹介します

シン・エナジーとは

シン・エナジー株式会社は、1993年に洸陽電機エンジニアリングとして関西で設立されました。

新電力としては、高圧や特別高圧を利用する民間企業などの、3,400件以上の施設に電力を供給してきました。

また、地熱・太陽光・バイオマスなどの電源開発やエネルギーマネジメントシステム「EnergyEyes」の開発など、幅広いエネルギー事業をしています。

省エネルギーや再生可能エネルギーといった関連での実績を持つ会社です。

料金プラン

料金プランには、家庭向けとして「きほんプラン」「生活フィットプラン」「プランC/B」があり、法人向けとして「法人プランB/C」「法人プランA/B」「低圧動力」があります。

大手電力会社の電灯B相当のプランよりも安くなる「きほんプラン」や、夜間よく使う人向けには「生活フィットプラン」がおすすめです。

きほんプラン

東京電力などの大手電力会社の基本プラン、従量電灯プランに相当します。

基本料金と従量料金がどちらも従量電灯プランより安くなります。

電気の使用量が少ない利用者におすすめのプランです。

曜日や時間帯を気にせず利用できます。

生活フィットプラン

夜間(夜22時から翌朝8時)の従量料金がお得になるプランです。

休日や夜間によく使われるならさらにお得になります。

電気の使用量が多めの利用者におすすめのプランです。

プランB/C

東京電力などの大手電力会社の従量電灯プランB/Cに相当して、契約アンペア数が6kVA以上からとなります。

主に店舗、事務所、飲食店、事業所の他、大型住宅でも利用されます。

基本料金と従量料金がどちらも従量電灯プランより安くなります。

低圧動力ワイド

東京電力などの大手電力会社の動力プラン(低圧電力)に相当します。

主に商店、事務所、飲食店などで大型エアコン、業務用冷蔵庫の機器を利用する場合に使われます。

蓄電池と相性が良いプランは?

結論から言えば、蓄電池と相性がいいのは生活フィットプランです。

 

生活フィットプランは、昼と夜の2つのプランがあります。

昼と夜のナイトタイムで一番料金が安いプラン毎日22時~翌日8時です。

両プランとも蓄電池と相性がよく、昼間に多く電力を使う家庭では昼のタイプがおすすめで、夜間に多く電力を使う家庭では夜のタイプがおすすめとなっています。

ナイトタイムは昼と夜共に安いですが、夜間の方が一番料金が安いです。

他にもオール電化などとも相性がいいです。

 

一番効率的な使い方として蓄電池を夜間の安い時間に充電して、昼間の電力が高い時間帯に使用すればお得で効率的な使い方ができます。

そして、昼間は太陽光発電などを利用すればさらにお得に活用することができるようになります。

 

蓄電池を取り入れたら何ができるようになるのか紹介していきます。

万が一の停電時に

災害などで電線が切れたりして復旧で何日も使えなくなることがあります。

万が一の停電時に、蓄電池があれば電力供給できるので、もしもの時にも安心して使うことができます。

また、太陽光発電と蓄電池があれば好きな時にいつでも利用できるようになります。

太陽光発電の電力を自家消費できる

効率的な方法としては太陽光発電で貯めた電力を使用する方法です。

太陽光発電と連携することで電気料金を安く抑えることが出来ます。

また、再生可能エネルギーのため環境に気にかけている人にはおすすめです。

蓄電池のよくある質問

蓄電池の適した設置場所は?

蓄電池は基本的に、メンテナンスがしやすく、災害や火災などが受けない場所に設置することが理想です。

屋外設置型だと条件に合う場所は多いですが、設置場所の環境によって多くの費用が掛かるので注意が必要です。

しかし、最近では、小型化されてきていて屋内設置型が増えてきました。

その他にも日射条件、温度、雨や雪、換気、塩害などもあらかじめ注意して置く必要があります。

蓄電池の大きさはどのくらいですか?

製品によって違います。

屋内ようのコンパクト、軽量モデルや屋外のモデルあります。

利用するライフスタイルや設置場所によって、

蓄電池の寿命はどれくらいですか?

今最も使われているリチウムイオン電池の蓄電池で10年から30年使用できます。

NAS電池で15年前後、ニッケル水素電池で5年前後となっています。

また、その使用状況や環境によっても長く使えるかわ大きく異なってきます。

蓄電池にメンテナンスは必要ですか?

蓄電池は基本的にメンテナンスはいりません。

各メーカーのサポートとして24時間体制で監視システム機能があるため点検はいりません。

蓄電池の掃除程度で大丈夫です。

最後に

シン・エナジーの料金プランの特徴は、基本料金と従量料金がどちらも東京電力などの大手電力会社の従量電灯プランよりも安くなります。

違約金・解約金などはなくいつでも切り替えられます。

 

蓄電池や太陽光発電、オール電化などを活用している家庭では特に生活フィットプランがおすすめです。

自分のライフスタイルによって昼か夜の時間帯を選択できるので効率的な使い方で電気代を抑える事ができます。

 

シン・エナジーに向いている方は

  • 解約金のない電力会社を選びたい人
  • JALのマイルをためている人
  • キャンペーンを利用したい人

 

\シン・エナジーについては詳しくはこちらから👇/

 

おすすめの記事