東京ガスの「あんしんWでんち」って何?蓄電池と太陽光のプランを紹介!

東京ガスとは

東京ガスは、日本国内の最大手で最大の都市ガス事業者です。

2016年の電力自由化に伴い、「電気」のサービス事業を始めました。

新電力では最大級の電源を保有しています。

電力自由化で「ずっともプラン」というプラン名で家庭向けに4つの電気料金プランがあります。

 

東京ガスの電気とガスをセットで利用すると割引されます。

ガス+電気のセット割「ガス・電気セット割」や、ガス+電気+インターネットのセット割「東京ガストリプル割」があります。

東京ガスは、解約金・違約金・解約手数料がありません。

供給エリアは東京電力管内。

東京ガスの料金プラン

電気料金プランには大きく分けて3種類のプランがあります。

「ずっとも電気1」

ファミリー世帯などの一般家庭向けのお得なプランとなっています。

電気の使用量の少ない方向けで10Aから60Aのプランです。

「ずっとも電気1S」

ファミリー世帯などの一般家庭向けのお得なプランとなっています。

電気の使用量の多い方向けで30Aから60Aのプランです。

「ずっとも電気2」

照明等の電気機器を数多く使用して電力使用量が多い商店、事務所、飲食店に適したプランです。

契約容量が6kVA以上のたくさん電力を使う利用者向けのプランです。

あんしんWでんち

東京ガスでは太陽光発電と蓄電池のサービスも行っています。

初期費用0円プランや毎月の負担が少ない先払い30万円プランなど、利用者に合わせてプランを選べます。

期間も10年間と15年間から選ぶことが出来ます。

 

自宅の屋根を東京ガスに貸す方法か先払いしてお得に使うかを選べます。

初期費用はかかりませんが、月々の利用料がかかります。

 

万が一の災害時なのでも安心です。

太陽光発電と蓄電池で停電時のバックアップできます。

また、ソーラーパネルや蓄電池はネクストエナジー・アンド・リソース製のため高品質で長期保証付いています。

蓄電池

蓄電池は、一回限りではなく充電を行うことにより電気を蓄えて電池として使用できる様になり、必要なときに必要な分だけ使うことができ繰り返し使用することが出来る電池のことです。

以前までは産業用として使用されることがほとんどだった蓄電池ですが最近では住宅用として普及し始めています。

家庭用蓄電池の主な利用方法は

  • 電力を貯めて供給する
  • 災害時に非常用電源として使う
  • 太陽光発電と併用して売電する

 

蓄電池には、小型・大容量型・屋内型な様々タイプがあり、自分のライフスタイルに合わせて商品を選ぶことができます。

電力と蓄電池で様々なメリット

万が一の停電時に

万が一の停電時に、蓄電池があれば電力供給できるので、もしもの時にも安心して使うことができます。

また、太陽光発電と蓄電池があれば好きな時にいつでも利用できるようになります。

太陽光発電の電力を自家消費できる

効率的な方法としては太陽光発電で貯めた電力を使用する方法です。

太陽光発電と連携することで電気料金を安く抑えることが出来ます。

また、再生可能エネルギーのため環境に気にかけている人にはおすすめです。

EVと一緒に利用する

EVと一緒に利用するとさらに利用しやすくなります。

昼間は太陽光発電で貯めた電気でEVを充電すれば電気代がほぼ無料で利用することができます。

電気代基本料金3ヶ月無料キャンペーン

東京ガスの「ずっとも電気(1,1s,2,3)」を新規で申し込みした場合、

基本料金が3ヶ月無料になります。

東京ガスの口コミ評判

東京ガスの電気プランならセット割引でかなりお得

元々ガス会社が東京ガスだった経緯もあり、電力自由化を機に電気会社も東京ガスで統一しようと考え「ずっとも電気」の電気プランに申し込みました。

まず通常の電気料金もかなり安くなっており、自分の家庭の場合にはキャンペーン中だったこともあり数カ月電気代が無料だったのもお得に感じました。

切り替え後に電気利用してみた後の全体的な電気料金としてはおおよそ2割か3割ほど安い料金で使用できており、家計的にもかなりお得に利用できているな感じることができました。

それだけではなく元々ガス会社も東京電力であったことからガスと電気のセット割を利用することが可能で、このセット割を利用することでさらに利用料金を抑えることができお得感満載だったので満足しています。

https://xn--h-336a05i8r0bt9noz4a4wl.com/review/default/show/19

感覚として三分の二になりました

今までは東京電力を使っていましたが、電力自由化をきっかけに東京ガスの電気に切り替えました。
我が家は四人家族、基本的に主婦で一人は日中も在宅、電気とガスの併用家庭です。

東京ガスの電気にした理由は、経営母体がしっかりしていること、ガスは東京ガスを使っていること、発電施設を持っている企業であることなどです。

今夏は新型コロナ感染拡大のために家族全員の在宅時間が増えましたが、東京電力を使っていた時とさほど変わらない金額になっています。

新型コロナ感染拡大の前の通常時の電気料金は、東京電力使用時と比べて感覚的に三分の二くらいになったのではないかと思います。

手続きも電話をしてから書類のやり取りのみで簡単に切り替えが出来ました。

https://xn--h-336a05i8r0bt9noz4a4wl.com/review/default/show/19

最後に

東京ガスの「あんしんWでんち」について紹介しました。

初期費用無料で始めることができるので利用しやすいです。

ですが、利用中は月々の支払いが発生するので注意が必要です。

 

個人で蓄電池を所有する方法もあります。

使い方によって価格は違いますので、どちらが安くなるのかは、蓄電池の一括見積などをして検討してみて下さい。

これから太陽光や蓄電器を始めたいと考えている人や、すでに購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

契約時はキャンペーンでお得になります。

また、電気料金やガス料金でポイントがもらえる、セットで契約でもっとお得になります。

 

 

\東京ガスについては詳しくはこちらから👇/

おすすめの記事