今回は、Looopでんきの

電気料金プランの

「再エネどんどん割」を

紹介していきます。

Looopでんきの再エネどんどん割とは

北海道から始まる再エネどんどん割 再生可能エネルギーを活用することでどんどん安くなる

Looopでんきが2020年4月22日より開始した

「再エネどんどん割」は

再生可能エネルギーを使うことで

毎年電気料金が安くなるプランです。

現在は北海道のみプランとなっています。

 

「再エネどんどん割」なら従量料金が

20年間毎年値下が続けます。

つまり長く使い続ければ続けるほど、

電気料金が安くなる仕組です。

再エネどんどん割の特徴

電気代が安くなる

続ければ続けるほど、

電気代が安くなるプランです。

従量料金定額制で初年度は

32円/kWhから利用できます。

基本料金0円で解約金無し

Looopでんきは再エネどんどん割でも

基本料気0円で解約金はありません。

契約の引継ぎができる

家族の中で世代を引き継いで

安くし続けることができます。

毎年電気料金の割引がある

従量料金単価が毎年どんどん

下がっていくプランです。

再エネどんどん割Sの場合

2年目以降に0.5円ずつ安くなります

 

従量料金には

「再生可能エネルギー発電促進賦課金」

「燃料費調整額」が含まれています。

再生可能エネルギー発電促進賦課金 燃料費調整額
風力発電・地熱発電・水力発電などの

再生可能エネルギー発電を

普及・拡大させることを目的に、

電力会社が再生可能エネルギーを買い取る際の費用を

消費者が負担するためのものなのです。

料金は全国一律にkWhあたりの単価が毎年国に定められ、

単価をご家庭の電気使用量に掛けた額が

毎月の電気代に含まれます。

火力発電のための燃料(原油、液化天然ガス、石炭)の

価格変動に応じて毎月の電気料金を調整し、

価格変動を電気代に反映させるための制度です。

電力会社から送られてくる「請求書」にも、記載されています。

再エネどんどん割の料金プラン

現在は北海道エリアでしかサービスを

開始していません。

今後エリアを拡大していくみたいです。

 

料金表

エリア 基本料金 再エネどんどん割S 再エネどんどん割L
北海道エリア 0円 32.0円 / kWh 34.0円 / kWh

再エネどんどん割S

一般ご家庭向けの料金プランで

おうちプランと比較した場合

はじめた年は32.0円 / kWhから

始まります。

おうちプランは29.5円です。

2年目以降に0.5円安くなっていきます。

そのため、5年間は高くなります。

6年目で同じ料金になり

それ以降は安くなっていきます。

最終的に20年間で最大10円安くなり

22.0円 / kWhになります。

再エネどんどん割L

事務所・商店向けの料金プランで

ビジネスプランと比較した場合

はじめた年は34.0円 / kWhから

始まります。

ビジネスプランは31.5円です。

2年目以降に0.5円安くなっていきます。

そのため、5年間は高くなります。

6年目で同じ料金になり

それ以降は安くなっていきます。

最終的に20年間で最大10円安くなり

24.0円 / kWhになります。

そもそもLooopでんきとは

「Looop でんき」の画像検索結果

Looopでんきは、東日本大震災の被災地に

太陽光発電を設置するボランティア活動から誕生しました。

株式会社Looopは太陽光発電パネルの販売や、

発電所の設置・運営を手掛ける会社です。

Looopが利用できる太陽光発電所は1,500箇所です。

 

Looopでんきの特徴は

基本料金が0円で

業界でも電気代が安くなります。

使用した電力量に応じて

料金を支払うシンプルなプランです。

ファミリー世帯、店舗や事務所など、

契約アンペア数が高く、

電力使用量の多い利用者ほど

お得になりやすくなっています。

最後に

あまり長く利用しないのであれば

はじめの数年は割高になってしまいます。

10年、15年と契約すれば大幅に

安くなる可能性もあります。

長期間利用を出来る見込みがあれば、

「再エネどんどん割」は

お得になるかもしれません。

 

新電力の切り替えを検討している人は、

ぜひ参考にしてみてください。

公式サイトはこちらから🔽

Looopでんき

おすすめの記事