参考にしたい蓄電池メーカー【NEC】

NEC

NECとは、日本電気株式会社で東京都港区に

本社を置く電気機器を主力業務とした企業です。

パソコン・携帯電話などの家庭用電子機器はもちろんのこと、

プロバイダー、半導体、宇宙システム、軍事、

そしてコンサルティングなどさまざまな分野に参入しています。

 

電子機器に強いイメージのNECですが、

蓄電池やHEMSにも力を入れています。

特にリチウムイオン電池には高い実績があり、

容量が大きめの蓄電池の製造に意欲的です。

 

NECは長年にわたる実績と車載品質の信頼性、

安全性の高さや量産技術を活かすことで、

電力系統向けや、工場、ビル、家庭など、

 

あらゆる需要に対応できる蓄電システムがあります。

 

NECは世界の電力事業者とともに、

電力安定供給のための系統用蓄電システム事業を進めてきました。

日本における再生可能エネルギーの普及促進、

そしてエネルギー自給率改善と温室効果ガス削減に貢献してます。

蓄電池の特徴

NECの蓄電池は小型蓄電システムが特徴で

電気をムダなくためて、必要な時に使う賢いシステムです。

 

たとえば、深夜の割安な電気をためて使えば、電気料金の節約に。

さらに、地域の電力需要のピーク抑制に貢献することもできます。

また、停電時には非常用のバックアップ電源として活用できます。

NECの蓄電池

7.8kWhモデル

小型蓄電システム7.8kWhモデル

7.8kWhモデルは保証期間15年と長く保証サービスが受けられます。

 

フル充電の状態なら合計350Wの電化製品を約18時間使用可能です。

また、冷却ファンがないので静音性も高くなっています。

モード設定は4つ
  • 通常運転モード蓄電池を単体で使用する時に使います。
  • ピークカット運転モード蓄電池を単体で使用する時、環境に配慮した使い方をしたい人におすすめのモードです。
  • グリーンモード太陽光発電とセットで使用し、電気の自給自足を目指す人におすすめのモードです。
  • 経済モード売電優先モードなので、作った電気をできるだけ売電したい人におすすめです。

サイズは幅980mm × 奥行300mm × 高さ1,150mmです。

省スペース設計なので、従来設置が難しかった

敷地内にも取り付けることができます。

5.53kWhモデル

図版:商品構成

一戸建て専用・屋外設置タイプの蓄電システムです。

容量や保証内容以外はほぼ7.8kWhタイプと同等。

モード設定も同じ4つのモードから選べます。

 

フル充電の状態なら合計430kWhの電化製品を最長12時間使用できます。

サイズは980(W)×310(D)×1,065(H)mmです。

蓄電池を選ぶメリット・デメリット

メリット安い深夜電力を使うことができる

貯めた電気を使ったり売ったり電力会社の電気も

貯めたり売ったりすることで安く抑えることが出来ます。

 

たとえば、料金の安い深夜電力を買って充電して、

日中に利用することで電気料金を抑える利用方法などがあります。

メリット停電時に電力が使える

災害などで電線が切れたりして復旧で何日も使えなくなることがあります。

自分たちではどうすることも出来ない災害などで

電力が使えなくなっていまい生活しづらくなります。

 

蓄電池があれば、災害や停電が起きたときにもあらかじめ貯めたた電力や

ソーラー発電で作った電力を蓄電池に貯めて、必要な時に使うことができます。

災害時などでもソーラー発電と蓄電池があれば好きな時に利用できるようになります。

デメリット初期費用が高く設置スペースが必要になる

蓄電池の利用が増えにくい一番の理由は初期費用が高くなることです。

メーカーによりますが、一般的に6から8kWh程度の

蓄電池の場合、100万円ぐらいの初期費用が必要になります。

 

メリットで紹介した電力を安く抑えることも実際は

難しく使い方やライフスタイルによっては

高くなる場合もあるので注意してみてください。

 

また、蓄電池には屋内に設置するタイプと屋外に設置するタイプがあります。

設置スペースが必要で場合によっては場所を作ったり

雨よけを作る場合もあるので、さらに費用が掛かります。

デメリット蓄電池は徐々に劣化する

蓄電池は充放電を繰り返していくと

使える容量が減っていき利用しづらくなります。

長寿命などのたくさん繰り返しても

容量が減りづらいものがいいですが、当然価格が高くなります。

最後に

その他にもメーカー保証期間が長いのも特長で10年もの保証期間は、

業界に先駆けて打ち出されました。

 

これから蓄電池の利用を始めたいと考えている人や、

すでに購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

おすすめの記事