超寿命で太陽光発電と連携しても便利に使える「シャープ」の家庭用蓄電池について

シャープについて

シャープは、日本の大手電機会社です。

シャープでは家庭用太陽光発電システムからメガソーラー発電所まで、太陽光発電関連事業を幅広く展開している信頼あるメーカーです。

 

シャープは住宅用太陽光発電のシェアは高く、蓄電池システムやエコキュートなどに評判があります。

またシャープは、12000回の充放電を繰り返しても70%の容量を維持できる超寿命で蓄電池も太陽光発電と連携しても便利に使えます。

使用状況が一目でわかる「電力見える化システム」との連携で、充電容量がいつでも確認できます。

シャープの特徴

シャープの蓄電池の特徴は、長寿命に設計されています。

シャープの住宅用太陽光発電システムのSUNVISTA(サンビスタ)があります。

蓄電池単体でも使用でき、太陽光発電システムと連携しても使えます。

 

専用のクラウドHEMSと組み合わせれば、さらに効率的な蓄電池の使い方も出来ます。

天気予報に合わせて蓄電池の充放電を自動的にコントロールしたりしてくれます。

また、スマートフォンから操作できるため、どこにいても気軽に確認することが出来ます。

シャープの家庭用蓄電池の特徴

シャープの特徴や性能を紹介していきます。

コンパクトタイプ「JH-WB1621」

電気使用量が標準的な家庭向けには設置しやすいコンパクトサイズです。

電気使用量が標準的な家庭におすすめです。

シャープなら太陽光発電も蓄電池もハイブリッドパワーコンディショナ1台で制御が可能なのですっきり設置できます。

 

サイズは幅500×奥行360×高さ605mmで蓄電容量は4.2kWhとなっています。

停電時などでも役立ちます。希望小売価格は2,057,000円です。

屋内ミドルタイプ「JH-WB1921」

室内設置に適したコンパクトな蓄電池のためクローゼットや階段下など家の中のちょっとした空きスペースに設置できます。

寒冷地や塩害地域での設置に適しています。

 

サイズは幅560×奥行320×高さ575mmで蓄電容量は6.5kWhとなっています。

希望小売価格は2,620,000円です。

⼤容量タイプ「JH-WB2021」

大容量なので、 電気使用量の多い家庭や大家族向けにおすすめです。

太陽光発電でつくった電気をたっぷりためられ、停電の際にも、より長く電気を使えます。

 

サイズは幅560×奥行470×高さ685mmで蓄電容量は9.5kWhとなっています。

希望小売価格は3,575,000円です。

シャープの蓄電池のメリット・デメリット

シャープを選ぶ際のメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

クラウド蓄電システムにより、蓄電池の運転を効率的にしてくれ電気を使うことが出来ます。

太陽光発電からの余った電力を蓄電しておき、電力が少ないときには蓄電池から電力を供給するという判断を最適化し全自動で運転してくれます。

シャープの蓄電池は、コンパクト設計のため、置き場所に困らず屋内や屋外のスペースを有効活用できます。

設置時に、10年保証(無償)を選ぶことができます。

デメリット

シャープの蓄電池の気になるのは価格が高いというデメリットです。

また、設置に必要な工事費用高く、さらに費用がかかる場合もあります。

万が一の災害時の電力使用や昼、夜などの部分的な使い方には向いているでしょう。

最後に

今、蓄電池が注目されています。

災害や停電などが起きた時に対応でき役立つからです。

しかし、実際に利用してみないと分からない部分もあります。

相場よりも高額な契約を結んでしまう方が多いので、慎重に判断するようにしてください。

 

家庭用蓄電池を選ぶ際は、蓄電容量やサイズや太陽光発電と併用できるかなど、ライフスタイルに合ったものを選んでいきましょう。

また、蓄電池を選ぶ際は複数の見積もりを比較することをおすすめします。

\シャープの蓄電池については詳しくはこちらから👇

おすすめの記事